月別アーカイブ: 2012年2月

The sweaty players in the game of life always have more fun than the supercilious spectators.~いつだって、汗水たらして人生のゲームに参加している 人のほうが、ふんぞり返って座っている傍観者よりも楽しんでいるものである (William Feather)

The sweaty players in the game of life always have more fun than
the supercilious spectators.~いつだって、汗水たらして人生のゲームに参加している
人のほうが、ふんぞり返って座っている傍観者よりも楽しんでいるものである (William Feather)
今日は月末なので、来月も頑張ろう!と思えるように
言葉を探していてこのWilliam Featherの言葉から。
日本語に直すと、
“いつだって、汗水たらして人生のゲームに参加している人のほうが、
ふんぞり返って座っている傍観者よりも楽しんでいるものである”
という感じでしょうか。
以前働いていた会社でまだ私がサラリーマンだった時に、その会社の
業務改善や事業展開について、提言した時にその会社の社長に、
「大山さん、評論家としてじゃなくてどうするかを言って」
と言われたことがあります。
当時は自分なりにその会社のためと思って色々と考えて提言したつもりでしたが、
その社長からすると、アイデアを出すのは誰でもできることで、それを実際に形に落としこむために
自分が何をするか、まで考えてから言って欲しかったのでしょうね。
いずれにしても、会社というだけではなく自分自身に当事者意識と責任をもって
人生を過ごしてきた人の顔と、他人や組織、そして外部に対して文句ばかり言って何もして来なかった人は
社会人としても顔に出てしまいますよね。
私が会社を始めたのはもちろん、事業家として成功したいという野心も
ありますが、それと同時に、こうした「いい顔」をしている人と出来るだけ関わり合いを持ち、そして、
逆に社内傍観者・評論家とは距離を置いて仕事をしたいと思ったこともあります。
今日で2月も終わりこれから3月・4月とbの決算期までもあっという間です。
良いスタッフ、良いお客様、良い取引先と三方良しでこれからも進めるように2月最後の一日も
悔いのないように有意義に仕事をしましょう。