月別アーカイブ: 2014年12月

My dog died by Michael

…and I’m sad. And I don’t know what to do.
…悲しくて、どうしたらいいかわからない。

I don’t think there is anything I can do,
except to bear it and keep going,
keep doing what I always do.
何もできることはないと思う。
我慢して、進みつづけて
いつも通りに過ごす以外に

But it hurts. And I don’t know why.
And I’m trying hard not to cry.
でもつらい。なんでか分からないけど。
頑張って泣かないようにしている。

I’ve got work to do, and a life to live.
And that’s what’s sad.
やるべき仕事があって、生きるための生活がある。
それが悲しいってことなんだ。

I don’t have a moment to grieve,
I don’t know how sad I should be.
悲しみに暮れる時間もない。
自分がどれだけ悲しむべきか分からない。

I haven’t seen my dog in more than three years.
I don’t even remember if I had said good bye the last time I saw her,
and I hate myself for taking her for granted.
3年も会っていない。
最後に見たとき、さよならを言ったかさえもよく覚えていない。
彼女がいるのが当たり前だと思ってた自分がものすごく嫌だ。

She was a really wonderful, kind, gentle and meek dog,
so meek that my sister’s little dog could scare her and boss her around.
彼女は本当にすてきで優しくておとなしい仔だった。
おとなしいから、僕の妹の子犬が彼女を驚かせたり、威張り散らしたりした。

I remember when we first got her, I was hoping she would be a strong and imposing dog
but in the end she ended up being friendly, weak and happy doing her own thing.
僕たちが初めてあの仔を引き取った時、僕は彼女が強くて堂々とした犬だったらなあ、と思っていたのを今も覚えている。でも最後は、人なつこくて弱々しく、自分のやりたいことやって幸せな犬として永遠の眠りについた。

空

Why am I crying?
どうしてぼくが泣いているかって?

Because she was the best dog for me,
there will never be another dog like her.
I will never have another dog or pet as long as I live.
なぜなら彼女は僕にとって最高の犬だったから。
彼女のような犬はもう二度と現れない。
僕はもう二度と犬も、他のどんなペットも飼わない。

She deserved better than me.
That’s what’s scary.
彼女は僕なんかより生きる価値があった。
それが怖いことなのだ。

ワンちゃん

How easy it is to take something or someone so special for granted.
人はたやすく特別な何か、誰かを、あって当たり前、居て当たり前のものにしてしまう。

In all honesty, I passed off my responsibility in caring for that dog to my siblings and parents.
正直言って、その仔の面倒をみる責任を僕は兄弟や両親に押し付けていた。

I rarely took her for walks, I would only occasionally play with her.
It would be easy to blame the fickleness of youth for my irresponsibility
僕はほとんど彼女を散歩に連れて行かず、気が向いた時だけ遊んであげた。
無責任さという若いゆえの不誠実さを責めるのは簡単だろう。

but in truth I’ve grown to treasure convenience over fidelity, weakness over strength,
freedom over responsibility.
This is who I’ve become.
でも実際は忠実さの上の便利さ、強さの上にある弱さ、責任の上にある自由を大事にするように育ってきた。
それが今の僕なのだ。

My dog has died and I cry and I don’t know why.
But I do know that this pain will subside (with time).
And that’s what’s sad.
彼女は死んでしまった。ぼくは泣く。なぜだかわからない。
でもこの痛みは確かに静まっていくだろう。(時がたつとともに)
そしてそれが悲しいということなのだ。

Michael