私はしあわせの絶頂です、という顔をして by 石山四郎

私はしあわせの絶頂です、という顔をして
石山四郎
ひょんなことから一昨日、「私が絶望しない理由(河合薫)」という
本を買い、今日の朝、読み流していました。
その中には、
・ 渡邉美樹さん(ワタミの社長)
・ たかの有梨さん
・ 鈴木亜久里さん(元F1レーサー)
・ 森永卓郎さん(経済アナリスト)
・ 西室泰三さん(元東芝会長で東京証券取引所会長)
といったそうそうたるメンバーに混じって、最近良く書いている
前職のポピンズ・コーポレーションの中村代表の話が出ていました。
ちょうど、中村さんがテレ朝のアナウンサーを辞職して、
夫の事業を助けるために専業主婦に戻っているとき、第二次石油ショックの
時代で夫の事業が破綻し、家が差し押さえられて住む場所がなくなって
知り合いの家に引っ越してました。
そんなある日、新聞集金のおじさんが来たとき、お金がなくて
家で娘さんと布団に包まってなきながらおじさんが帰るのを待っていた、
なんて大変だったころの話の後、このままじゃだめだ、ということで、
仕事を再開したとき、昔お世話になっていた前ダイヤモンド社長の
石山四郎さんに言われた言葉が今日のひとことです。
人間、一旦、外に出ると“公”の立場になります。
どんなに仕事に悩んでも、プライベートでつらいことがあっても、
外に出れば、「自分は世界一の幸せもの」という顔をして
明るくしましょう。
道で誰に会うか分かりません。
お客様が気づいても、暗かったら声をかけずにひっそり心配されるかも
しれません。
私もこの半年だけでも、3回はお客様に道端で声をかけられています。
ましてや、職場でその暗さがお客様や同僚に出てしまったらアウトです。
自分は世界一の幸せもの。
どんなことがあっても、一回、真剣に信じてみてください。
幸せそうな顔をしていない人に、本当の幸せはやってこないでしょう。
追筆:読んでいたら私のことを含んで書いているんだろうな・・・
というコーナーに「社員の裏切り」というセクションがありました(笑)。
当時は立場が違って、私はポピンズが大好きだったので自分なりに会社を存続させて
行くためにベストな対応をしたと今でも信じてますし、会社も救ったと思ってますが、
独立して事業を始めたということがそう感じさせてしまったのかもしれません。
ただ、そんな人たちにも、自分がしっかりとその人たちと向き合ってなかったんじゃ
ないか、と反省しているコーナーもありました。立場が違うときは、
見方も変わるということでしょうね。





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


コラム&耳寄り情報 の一覧