今の日本の若い人に一番足りないのは勇気だ。 「そういう事を言ったら損する」って事ばかり考えている (白洲次郎)

今の日本の若い人に一番足りないのは勇気だ。
「そういう事を言ったら損する」って事ばかり考えている
(白洲次郎)

昭和の痛快男児。
同じ兵庫県の芦屋市に、

白洲次郎が住んでいたすごい家がかつて
あったのですが、この人は、是非、みんなに知っておいてもらいたい人です。

 
一回だけ、紹介したがありますが、にかく、スケールがデカイ。
本当に昭和初期の日本人?思えるエピソードが沢山あります。

 
・ 日本での学業が悪くてオックスフォード大学に留学させられた
・ イギリスでは不良児で、クラシックカーに、舎弟のロビン(まだ在命)一緒に
ヨーロッパ中を車で駆け巡って現地でナンパしまくる
・ 奥さんの白洲正子(作家)には英語でプロポーズ
・ 戦争後は、語学力を買われて吉田茂首相の懐刀に
・ マッカーサーが天皇陛下の贈り物を粗野に扱ったため、ブチギレテ英語で怒鳴り謝らせた
・ 東北電力の会長を退任して60台になって、イッセイミヤケのモデルに

 
、かなり無茶な方。
しかも、当時の日本人にしては珍しく身長も185cmちかくあり、英語も
べらべらだったこもあり、戦後、進駐してきたマッカーサーかはこいつ、
何者だろう?常に警戒したそうです。

 
奥さんにも英語でプロポーズするくらいだから、英語かぶれか?思えば、
サンフランシスコ講和会議で吉田茂が英語でスピーチしようしたきには、
また、ブチ切れて、「この大事なスピーチを自国語である日本語でしないは何事!」
怒って(相手は首相なのですが、長い付き合いだったので)、紙がないので
トイレットペーパーに日本語で書き直したそうです(その横には宮沢喜一さんもいたのです)。

 
そんな白洲さんの今日のこば。

 
彼が言う若い世代いうのはきっ、私達の両親の世代でしょう。
私達の両親からみたら、私達は更に腑抜けに見えるのですから、白洲さんの
世代って本当にたくましい。

 
当時のマッカーサーって、「神様、仏様、マッカーサー様」いわれるくらいの
立場。誰も怖がって何もいえない。

 
でも、そうやってマッカーサーを恫喝したしたで、マッカーサーも
一目置いて、次からは彼の意見に耳を傾ける。

 
言ってみるってそういうもの。
言う分にはなにも損するこないです。

 
なくなる直前まで、80歳を過ぎても都内をポルシェで飛ばしまくっていた
いうこで、自分の人生には悔いがなく亡くなった方ですね。




 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


コラム&耳寄り情報 の一覧