七楽の教え:富山の薬売り

楽すれば
 楽が邪魔して
  楽ならず
楽せぬ楽がはるか楽楽
(七楽の教え:富山の薬売り)
昔(と言っても10年くらい前ですが)Bear Stearnsで働いていたとき富山の薬箱がありました。富山の薬箱と気づいたのは、入っている薬が殆ど製造元が北陸の会社だから。
こんなところまで営業してるのかと関心したものです。
七楽の教えは、江戸時代から続く、この富山の薬売りが代々受け継いできた教訓です。
皆さんの世代になると知らない人も入るかもしれないけど、昔は、富山の薬売りの人が個別の家庭を訪問して無料で薬箱を置いていって、使ったものをチャージするというビジネスモデルで日本中、北海道から沖縄までどこにでもあったものです。
仕事は楽すると、楽するクセがついてしまう。
ちょっと、面倒なこと、もしくは、自分が担当だけど今日はそのスクールは自分がシフトじゃないから逃げてしまうこと。
意外とないでしょうか?
その人の成長が加速するときって、大体においてこの仕事に対しての気持ちの持ち方の変化がきっかけになることが多いです。
私も証券会社にいたとき、お客様から難しい問い合わせがあったとき。
もしくは、話がこじれたとき。調べ物をしていて知らないことがあったとき。
そういう時は、上司が最後は落ち葉拾いをしてくれると思ったり、ほかの担当者が対応してくれるもの、と、楽な道を選んでました。
逆に、自分が鍛えられるきっかけになったのは、保育園を運営するポピンズに入ったとき。
今でこそ大きな会社ですが、入社したとき、自分のパソコンがなかった。
でも、それが当たり前。始めは、あまっている故障したパソコンを修理して騙し騙し使っている。でも、それが遅いから自分のノートブックを持ってきて使う。
最後にソーテックのPCを購入できたのは、社長が、私の業務にPC一台を会社として買う価値があると思った3ヵ月後のことでした。それすら、見積もりを稟議書にあげて3回はじかれてやっと買ってもらったときは本当にうれしかった。
自分もそういう経験がなければ、パソコンは、ITの部署の人が直すもの。
お客様対応は上司がやってくれるもの。掃除は掃除の人がやってくれるもの。
こういうことのあったお陰で、始めはMSのOfficeしか使えなかった自分が気づけばネットワーク回りも強くなる。そして、気づけばホームページくらいなら作れるようになる。今までは、金融関係の仕事だったので、得意分野は偏りがちだったけど、気づけば全然違うこともできるようになる。
もし、あのときの経験がなければ、頼る習慣が強い人間になってしまっていたと思います。
今週の朝礼は「self starter」ということを中心にしていますが、
みんなの中からいずれ、本当のself starterが出ることを信じています。





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


コラム&耳寄り情報 の一覧