Ready. Fire. Aim (Tom Peters)

Ready. Fire. Aim
(Tom Peters)
昨日、渋谷オフィスまで歩きながら向かっているときに
マーケティングのオーディオ教材を聞いていたときに知った言葉です。
みんなは、結構、bがどんなマーケティイングでお客様に認知していただき、そして、
興味を持っていただき、最期にアクションをとっていただいているかのフローが
朝礼などでも共有しているので理解していると思います。
この教材で出てきたのは、一般的に何かするときって「構え、狙え、撃て」
なんだけど、マーケティングのみでなくビジネスの世界では「構え、撃て、狙え」
じゃないと間に合わないという内容でした。
どういうことかというと、この言葉は射撃とかの世界なら、構えて、狙いをすまして、
撃つ、という動作になるけど、ビジネスの世界は撃っておしまいではなくて撃たないと
分からないこともあるから、まず構えてから撃ってみて、そして、少しずれていたり失敗したら
すぐ修正して狙い直してまた撃つことが大事。
そういうことです。
特に私達のようなサービス業はお客様に見える分のオペレーションは
規模の大小を問わず、心はリッツカールトンに負けないレベルのサービスを提供する
気構えが必要です。
その一方で、マーケティングだったり、サービス以外のオペレーションの部分では
試して失敗しないことには気づかないことが多いものです。だったら、
構えながらああじゃない、こうじゃないとする前に、まず撃ってみる。そして、
ズレているならばすぐに修正してまた撃ってみる。そうすれば、小さなズレや失敗をたくさんする
チャンスがあります。大きく構えて狙って外すよりは、まず撃ってみて失敗したら直していくほうが
ビジネスの世界ではレベルの高いことが出来るようになるチャンスも高まります。
だから、私が皆さんに何かお願いしたりするとき、やっぱり、
甘いなと思うのは、「・・・が終わったら(出来たら)・・・やります」という
考え方。逆に、いいなと思うのは「まずやってみて、ダメだったらまた相談します」くらいのノリ。
(誤解してほしくないのはお客様に対しては別ですよ。仕事に対する取り組み方という意味で)。
この言葉の原点は調べてみると、アメリカの経営学者のトムピータズの
“Ready. Fire. Aim”から着ているみたいです。私も好きな経営学者ですが今日はじめて
知りました。
似たことを言っている人は多くて、日本だったら、サントリーの創業者の
鳥井信治郎が、2代目の佐治敬三がビール事業にあえて進出するか悩んだ時に言った
「やってみなはれ」が近いですね。
サントリーは失敗に失敗を重ねながら、プレミアムモルツの成功で
ビール事業が45年間赤字だったのについに黒字化したわけです。あそこまで
大きな会社だから45年も赤字で耐えられたけど、あの時のやってみなはれの言葉が
なければ、プレミアムモルツも飲めなかったわけです。





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


コラム&耳寄り情報 の一覧