should have done, shouldn’t have done

●o。.○o。 should have done, shouldn’t have done. o○.。o●。
(なつかしの仮定法。やっときゃよかった!!)
皆さん、こんにちは!
すっかり冷え込んできましたね!寒さに弱いsakityです。
去年の冬は氷点下のカナダにいました。マイナス4℃くらいの日に
は、「今日は暖かいね!」なんて言ってました。人間どこに行っても、なんとか
生きていけるものなんですね。
さてさて、「今日は寒いね」というのにも、様々な表現があります。
It’s chilly.(肌寒いね)
It’s freezing. (凍えるほど寒いね)
It’s cold.以外の表現も寒さの度合いによって、使いわけてみてくださいね!
さぁ、今回の恋と仕事に効く英語に入っていきましょう!
助動詞の中には、”have+過去分詞”とくっついて、過去形の意味を
持つものがあります。
今回はそのうちのひとつ【should + have 過去分詞】を紹介したいと思います!
- You should call her.(彼女に電話をするべきだ。)
- You should have called her.(彼女に電話するべきだった(のにしなかった))
2つめの文のように【should + have 過去分詞】になると、
「彼女に電話をするべきだった(のにしなかった)」のように、
「過去にするべきだった(けどしなかった)」という『後悔』を表すことができます。
否定形の【shouldn’t have+過去分詞】だと、
「するべきではなかった(のに実際はしてしまった)」という意味になります。
I thought I should call her but I didn’t.
ついこんな風に言っていませんか?
=I should have called her.
このように【should + have 過去分詞】を使うだけで、回りくどくなくスマートに
伝えらます。
会話のなかで、結構登場することの多い表現なので自然と出てくるようになると、
とても便利なんですよ!
—-【例えば】
Judith: It’s raining outside!!
(外、雨が降ってるよ!)
Kanoppe : It is?
(ほんとに?)
Judith: Although I heard that there was a chance it might rain,
I didn’t think it would be such heavy rain.
I should have brought my umbrella!!!
(雨が降るかもしれないとは聞いていたけど、こんな激しく降ると思
わなかった!傘持ってくればよかったぁ!)
—-【他にも】
Mike: What do you regret in your life, Sakity?
(サキティ、今までの人生で後悔してることってある?)
Sakity: I should have studied harder when I was at university.
I was always hanging out with my friends
and thinking about skipping the classes.
(大学生の時、もっと勉強しておけばよかったと思うよ。
いつも友達ぶらぶらして、授業をサボることしか考えてなかったの!)
Mike: That’s too bad!!
(あちゃー、それはだめだ!)
—-【これってありそう♪】
Sakity: I shouldn’t have drunk too much at the party.
(パーティであんなに飲まなきゃよかった。)
Andrea: How come? You seemed OK after drinking though.
(どうして?飲んだ後もそんなに酔ってないように見えたけど。)
Sakity: No!! I actually called my ex-boyfriend.
Then He told me he is going to get married soon…..
(違うの!思わず元彼に電話しちゃったんだよね。その時、もうすぐ結婚するっ
て聞かされたの!!)
Andrea: You shouldn’t have done that!!
(電話しなきゃよかったのに!)
—-【こんな表現もありますよ!】
All: Happy Birthday, Christian!!! It’s birthday cake for you!!!
(クリスチャン、誕生日おめでとう!バースデーケーキだよ!!)
Christian: You shouldn’t have!!
(わざわざどうもありがとう!!)
「そんなことしてくれなくていいのに」というのが本来の意味ですが、
「わざわざ私のためにしてくれて、ありがとう。」という意味で、感謝の意味を
込めて使ったりもします。映画などでよく聞くフレーズですよ。
ちなみに、ネイティブは、”should have “を
“shold’ve(シュダァブ)”と短縮した形で発音することも多いので、要注意です。
「後悔」はしたくないものですが、こう見ると実際使えるシーンが
たくさんありますね♪より伝えたいニュアンスで、コミュニケーションができるように
使ってみましょう!!


英会話スクール・英会話教室ならbトップページ
英会話 in 東京ロケーションマップ
b わたしの英会話 銀座
b わたしの英会話 新宿
b わたしの英会話 渋谷
bのマンツーマン英会話の特徴





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


恋と仕事に効く英語:News Letter の一覧