初心者でも今スグ使える! 星の王子さま(英語版)から学ぶ英語フレーズ

こんにちはAllyです!
「秋になるともの悲しくなる」・・・そんな季節ですね。
日照時間の減少がひとつの要因みたいですよ。

日光を浴びる機会が少なくなると、気持ちを安定させる
脳内物質「セロトニン」の分泌が低下します。すると、憂鬱を引き起こすそうです。

お天気の日はお散歩したりして、ホルモンを味方につけなきゃですね!

さてさて、本日の「恋と仕事に効く英語」は、こちらも少しメランコリーな
「The Little Prince (星の王子さま)」からのフレーズです。

フランスの作家サン=テグジュペリの名作、アメリカでは1943年に出版され、
世界250カ国以上の国で今なお愛され続けています。

ダウンロード

星の王子さま(英語版)のフレーズ

こちらは本文中の有名な一節

What is essential is invisible to the eye.
「心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。かんじんなことは目に見えないんだよ。」

bの銀座スクールのレッスンブースにもディスプレイされているこの絵本、
かわいらしい挿絵で子供向けの本のように見えますが、実は哲学的な表現が多く、
大人が読んでも考えさせられる奥深い物語です!

英語訳は本によって異なりますので、そちらもあわせて注目してみてください。
(ちなみに今日こちらでご紹介しているのはKatherine Woods訳によるものです。)

では「星の王子さま」の英語版から、使える英語表現を学んじゃいましょう☆

本日ご紹介する表現はこちら。
物語は主人公が6歳のときに描いた絵の話から始まります。

自分の絵を大人たちが間違った解釈をすることにうんざりした
少年のことが次のよう書かれています。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
That is why, at the age of six, I gave up what might have been a magnificent career as a painter.
だから私は6歳の時に、画家として得るはずだった華々しいキャリアを諦めたのです。

gave(give) up = 諦める
magnificent = 壮大な、気高い
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

まず文章の初めにくる “that is why” これは日本語の「だから」という
接続語に近い表現です。

つまり、この文章の前に理由となる文章があり、「だから~だった」という
結果となる文章が後から続きます。

例)I left home late. That is why I needed to run to the station.
家を出たのが遅かった。だから私は駅まで走らなければならなかったのです。

口語ではよく that’s why と短縮形で言います。
ちなみに理由を述べるときによく使われるbecause(=なぜなら)を使う場合にはbecause以下が理由となります。

例)I needed to run to the station because I left home late.
私は駅まで走らなければならなかった。なぜなら家を出たのが遅かったからです。

次に、give(=与える) は不規則動詞ですね。現在形 give、過去形 gave、
過去分詞形 givenと変化するのでgave は過去形です。

I gave up what ~、 このwhat は関係代名詞です。what以下の文章を指して
「~のこと」と訳すことができます。

例) He forgot what I said.
彼は私が言ったことを忘れた。

例) I was impressed by what I saw in the movie.
私はその映画で見たことに感動した。

forgot(forget) = 忘れる
be impressed = 感動する

続いて 主語+might + have +been の表現。
これは実現しなかった過去について振り返り、「~だったかもしれなかった」と
表したい時に使えます。

beenは be の過去分詞形ですから、状態を表し、動作を表したいときは一般動詞の
過去分詞形をbeenに置き換えればOKです。

例)I might have been busier if I took that job.
もしあの仕事をしていたら、私はもっと忙しかったかもしれなかった。

例)I might have done better if I studied hard for the test.
もしそのテストのために頑張って勉強していたら、もっとよくできたかもしれなかった。

主語が自分の場合は、実現しなかった過去について表す表現となりますが、
主語が第3者の場合は、結果が不確かなことについても表すことができます。
例) He might have been discouraged by my comments.
彼は私のコメントに落胆したかもしれなかった。

discourage = 落胆させる、がっかりさせる

例) She might have done her homework, but I couldn’t find out for sure.
彼女は宿題を終えたかもしれないけれど、私は確かめることができなかった。

find out = 探り出す
for sure = 確かに(な)
いかがでしたか?
日常で使える英語表現って、本の中からもたくさん学べちゃいますよね☆

ダウンロード (1)

 

気になる表現や質問・疑問は、どんどんレッスンパートナーに聞いてみてください!
そして、ぜひ皆さんも読書の秋を英語で楽しんでみてくださいね♪

Ally

↓↓今回のエントリが参考になったなと思ったら是非、コメントか「いいね!」をお願いしますね!↓↓

★関連エントリ ★

・ 助動詞+have+過去分詞

・ 助動詞mightについて

パターンA:カフェで外国人に聞かれた!!
case-1_small

あっ、これ自分かも・・・と思った方は上のマンガかリンクをクリック!

パターンB:母に英語で負けた!!
case-2_small
あっ、これ自分かも・・・と思った方は上のマンガかリンクをクリック!

コース内容及び料金イメージはこちらからダウンロードが可能です
英会話超初心者脱出資料請求





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


恋と仕事に効く英語:News Letter の一覧