PJ2 – Day 3: 未来進行形(will+進行形を伴った未来の表現)

Future Progressive: WILL + BE + verb + ING

Day3では、未来進行形を紹介します。
未来進行形は、

①未来のある時点での一時的動作「~しているところだろう」
②自然な成り行き(無意志未来)

を表します。

① 未来のある時点での一時的動作「~しているだろう」
「私は、明日の午後3時に勉強をしているでしょう。」というような未来のある時点での進行中の動作を表します。

例えば、I will study at 9 a.m. tomorrow. 「明日朝9時に勉強するよ」は、その場で決めた意志が感じられますが、実際に明日勉強しているのかどうか、その見通しが立っているわけではありません。しかし、進行形を伴ってI will be studying at 9 a.m. tomorrow.とすると、実際に明日の朝の9時に勉強しているニュアンスが加わります。「明日の朝9時には勉強しているだろう」といった感じです。

しかし、未来進行形を使うと、「私は明日の午後3時に勉強をしている最中(だから携帯に電話してもでないだろう)」ということが分かります。

未来進行形の形は、進行形「be動詞+動詞のing形」に未来形を表すwillを付けて「will + be + 動詞のing形」となります。willの後ろは動詞の原形ですので、未来進行形で用いるbe動詞は必ず原形のbeになります(am、are、is等なりません)。

では、上の未来形の文を「私は、明日の午後3時に勉強をしているでしょう。」という未来進行形の文に書き換えると以下のようになります。
例1:I will be studying at 3p.m. tomorrow.

② 自然な成り行き(無意志未来)
特に計画していなくても、自然な成り行きで起こる未来の事柄を表すときに使われます。例えば新幹線の英語のアナウンス。英語も聞き取りやすいですよね。

例2:We will be stopping at Shin Osaka in a few minutes.
(あと数分で新大阪に着くこととなります。(今のスピードで進めば自然とあと数分で新大阪に着くというニュアンス)
人の意思があまり介在せず“自然と~ということになる”という感覚に近いです。

iStock_000001629280Medium%20-%20%A5%B3%A5%D4%A1%BC.jpg

Photo Journal – 英会話初心者向け教材の解説一覧に戻る





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


photo-journal の一覧