月別アーカイブ: 2014年3月

if I were in that wonderfully strange world of courageous pirates…by Jon

So I recently started reading One Piece (for study purposes, of course!) and I got to thinking; if I were in that wonderfully strange world of courageous pirates and magical fruits, what would I do? What would I want? Where would I go?

最近、漫画のOne Piece を読み始めました。(もちろん勉強のために!)そして、「もしも自分が、こんな勇敢な海賊たちがいて魔法のフルーツがある、素晴らしく奇妙な世界の中にいたら、どうするだろう?何が欲しいかな?どこへ行くだろう?」と考えるようになりました。

 
For starters, let’s look at the infamous devil’s fruits.
What a terrific yet terrifying phenomenon.
f we ate it, we would gain a unique and extraordinary power in exchange for losing our ability to swim.
At first thought, it seems like a great deal.
BUT! Upon further examination, one must comprehend that if we existed in this pirate world,
we would inevitably be living at sea!
手始めに、悪名高い「悪魔の実」を見てみよう。
なんて、恐ろしくゾっとするような不思議な物体でしょう。もし食べてしまったら、泳げなくなってしまう代わりに、並外れたユニークなパワーを得ることになります。
最初は、とてもいい条件のように思えます。
しかし!もっとよく考察してみると、もし私たちが海賊の世界に存在するとしたら、必然的に海のうえで生活することになるのですよ!

Devil Fruit

If I could attain any ability from a devil’s fruit, I would want to have control of electricity.
I don’t really know what I could do with such a power yet, because I haven’t put any thought into that.
But, if I practiced enough, I’m sure I would be able to do some pretty shocking things
もし私が、「悪魔の実」で何か能力を獲得できるとしたら、電気を操る能力が欲しいです。
その能力でいったい何ができるかはまだ考えたことないからわからないけど、ちゃんと練習したらきっととてもショッキングなことが出来ると思う!

control of electricity

After ingesting my wonder fruit and putting in many rigorous hours of practice, I would need to find some crew members.
Now, if I wanted reliable crew members who weren’t afraid of a little danger and maybe a little crazy around the edges,
I would probably have to go to Shimokitazawa, Harajuku and Akihabara.

不思議な果実を摂取してたくさんの厳しい特訓をしたあとは、クルーメンバーを探さなけらばならない。さて、ちょっとくらいの危険は恐れずちょっと変わり者で、頼りがいのあるメンバーを見つけたければ、おそらく下北沢か原宿か秋葉原に行くことになるでしょう。

Special powers: Check!
Crew: Check!

Next up: Food!
If we didn’t want to starve to death at sea, we would have to pack lots of food such as pork, beef, chicken and chocolate.
And of course, if we didn’t want this food to rot, we would need a to buy a high quality refrigerator. No need to worry about outlets or what not, after all,
I’m the king of electricity.

つづいて:食糧!
もし海の上で餓死したくなければ、豚肉、牛肉、鶏肉、チョコレートなどたくさんの食糧が必要になってきます。
そしてもちろん、食糧が腐らないように、高機能の冷蔵庫を買わなくてはならない。電力のことは心配しないで大丈夫、なんてったって私が電力の王だからね。

Other than these three things,
I can’t think of anything else that I would need if I were to travel the high seas in hopes of becoming the Pirate King and acquiring the illustrious One Piece!
Let’s weigh anchor and set sail!
もし公海を旅することになって、あわよくば海賊王になって輝かしいOne Piece(秘宝)を手に入れることになっても、 この上記3つ以外に必要なものは思い浮かばないかな。
錨を上げて、帆を上げよう、出航!

One Piece

◆If + 主語 + were ~ ,主語 + would + 動詞の原形 ~
⇒この表現は、現在の事実に反することを仮定・想像・願望し、ありそうもないことについての仮定を表します。
ex.) If he were here right now, he would help us.
もし彼が今ここにいたら、私たちを助けてくれるのに。(実際、今、彼はここにいないので、助けてもらえない。)

◆courageous【形】:勇敢な、勇気のある
◆infamous【形】: 不名誉な、恥ずべき、忌まわしい、悪名の高い
◆extraordinary【形】:異常な、風変わりな、並はずれた、驚くほど
◆electricity【名】:電気、電流、(供給)電力

Jon