ラブ・アクチュアリー(”Love Actually”)

ラブ・アクチュアリー・英語

◆ Story of “Love Actually” – 映画『ラブ・アクチュアリー』のストーリー”◆

Love Actually is a 2003 British comedy film. The story delves into
different aspects of love, shown through several stories involving a wide
variety of individuals, many of which are linked as their tales progress.
「ラブ・アクチュアリー」は2003年のイギリスのコメディ映画だよ。
物語は恋愛を様々な面から掘り下げ、様々な人々が関係しているいくつかのストーリーなんだ。
そして、それぞれのストーリーが進む中で、その殆どが繋がっていくんだ。

The story takes place during the four weeks leading up to Christmas and is
set mostly in London.
物語はクリスマスまでの4週間の間に起こって、ロンドンが舞台になっているよ。

The story begins with a scene in Heathrow Airport where people are meeting
various friends and family members as they come through the arrival gate.
物語は、到着ゲートを通り抜け、人々が友人や家族と再会している場面のヒースロー空港から始まる。

As we see scenes of people reuniting, a voice over of Hugh Grant can be
heard explaining that whenever he feels gloomy, he always think of the
arrival gate at Heathrow Airport.
人々が帰国している場面で、ヒュー・グラントのナレーターが、彼が暗い気持ちになった時はいつでも
ヒースロー空港の到着ゲートを考えると話しているよ。

At the arrival gate, he never sees anyone angry, sad or hurt. He sees that everyone, young and old, husband and wife,
friend or family are happy. And that ‘love’ is the only emotion around everyone.
彼は、到着ゲートでは、怒っている人や悲しんでる人、傷ついている人を見ることがないんだ。
彼には若者や老人、夫婦、友人、家族、すべての人が幸せに見える。
そしてその愛が皆の周りの唯一の感情なんだ。

The story concentrates on several characters and several sub plots that
become linked with one another as the story progresses. My favourite
storyline in ‘Love Actually’ is the relationship between Jamie and Aurelia.
物語は、やがて繋がるようになる、登場人物たちのいくつかのストーリーにスポットを当てているよ。

Jamie recently discovered his girlfriend was cheating on him with his
brother. To mend his broken heart he goes to his holiday home in Portugal
to spend some time alone.
「ラブ・アクチュアリー」の中で僕のお気に入りのストーリーはジェイミーとオーレリアの間の
関係なんだ。弟に恋人を奪われてしまったジェイミーは傷心を癒す為にポルトガルにある別荘に休養に行くんだ。

There, and gradually over time he develops a relationship with his housekeeper, Aurelia. What’s sweet about this story
though is that he doesn’t speak any Portuguese and she doesn’t speak any English.
そこで、彼はメイドのオーレリアと少しずつ関係を深めていく。
この話のロマンチックなところはジェイミーがポルトガル語を全く話せないことと、
オーレリアが英語を全く話せないことなんだ。

They try to communicate with each other and often misunderstand
what each other is saying. This is usually quite cute and humorous as they
are both trying to say very sweet things to each other. When Jamie goes
back to England he joins a language school to learn Portuguese and finally,
goes back to Portugal to ask Aurelia in Portuguese to marry him!
彼らはなんとか意思疎通をしようとするんだけど、誤解も生じてしまうんだ。
彼らはお互いに、とってもロマンチックなことを言おうとしてるから、これがかなり可愛くてユーモラスなんだ。
ジェイミーはイギリスに戻った後、ポルトガル語を勉強するために語学学校に入るんだ。
そして、最後はポルトガルに戻って、オーレリアにポルトガル語でプロポーズするんだよ!

There are several reasons why I love this film.One is that it is very funny
and a feel good movie. The other is that I always go home to England at
Christmas so I like to watch this film at that time as it makes me feel
excited to see my friends and family.
僕がこの映画を好きな理由がいくつかあるよ。
まずは、とても面白いのと、気分が良くなる映画だからさ。
もうひとつは、僕がいつもクリスマスにイギリスに帰るということと、
この時期にこの映画を観ると、友達や家族に会うのが楽しみになるからなんだ!

◆ One Point English from “Love Actually” – 映画『ラブ・アクチュアリー』のワンポイント英会話”◆

A cute and useful quote from this film could be this between Karl and
Sarah:

カールとサラのセリフも可愛くて便利だよ。

Karl:Well, I-I’d better go.(ええと‥もうそろそろ行かないと。)

Sarah:Okay.(そうね。)

Karl:Goodnight.(おやすみ。)

Sarah:Goodnight.(おやすみなさい。)

[he gives her a quick peck on the cheek, then they begin to kiss passionately]

カールはサラのほっぺに軽くキスをして、次第に情熱的にキスをしはじめ‥

Karl:Actually, I don’t *have* to go.(本当は、行かなきゃいけないってわけじゃないんだ)

Sarah: Right. Good. (そう。良かったわ。)

When Karl says he doesn’t *have* to go, he says *have* in quite a stressed
way.This emphasises to Sarah that he doesn’t really want to go and he is
perhaps, politely asking if he can stay with her. It also shows how useful
stress and pitch is in the English language to convey meaning!

カールの「行かなきゃいけないわけじゃない」というセリフで、彼は”have”をかなり
強調して言うんだ。これを強調してサラに言っているのは、彼が本当に行きたくないことと、
彼は、彼女と一緒に居られるかどうかを礼儀正しく尋ねているんだ。
英語という言語では意味を伝達するために、どこを強調するかや話すスピードを
調節するかが言いたいことを表現する上でどれだけ実用的か言うことも
表しているんだ。

Another good example, this time being blunt:

もうひとつの良い例は、”blunt”から始まるよ。

Sarah:Do you love him?(彼を愛してる?)

Mark:Uh, b- What?(ええと、何?)

Sarah:No, I… I just thought I’d ask the blunt question.

(ううん、私はただ‥率直な質問をしようと思っただけよ。)

To be blunt or ask a blunt question means to be direct or state the obvious
to someone. often if we want to ask someone an abrupt or direct question,
we will often say ‘can i be blunt?’ before the actual question.

“To be blunt”または”ask a blunt question”は「率直に、当然のことを言う」
という意味なんだ。もし誰かに突然の、率直な質問をしたいときは
質問の前に”Can I be blunt?”というといいよね。

This is a very sweet quote from jamie and Aurelia. In this scene jamie is
driving Aurelia home from work. he talks to her in English and she in
Portuguese.

こちらはジェイミーとオーレリアのロマンチックなセリフだよ。
このシーンでジェイミーは仕事の帰りにオーレリアの家まで車で彼女を
送っていくんだ。彼は彼女に英語で話しかけるけど、彼女はポルトガル語なんだ。

Jamie:It’s my favorite time of day, driving you.

(君を送っていく時が一日の中で一番好きなんだ。)

Aurelia: [in Portuguese]It is the saddest part of my day, leaving you.

(あなたと別れる時が一日の中で一番悲しいわ。)

What i like about this is how the sentence structure is the same, yet the
meaning is completely opposite. It’s quite a good example of how to use
English romantically!

僕がこのセリフを好きな理由は、構文は同じでも意味は完全に反対ってことなんだ。
これは英語表現をロマンティックに使うためにとっても良い例だよ!

↓↓今回のエントリが参考になったなと思ったら是非、コメントか「いいね!」をお願いしますね!↓↓

★関連エントリ ★

ラブ・アクチュアリーに出演していた俳優たちの出演している映画から英語を学びましょう!

・ 愛おしい時間について”About time”
リチャード・カーティス監督、ビル・ナイ出演です。

・ ノッティングヒルの恋人(”Notting Hill”)
ヒュー・グラント主演。言わずと知れた名作です!

・ トゥー・ウィークス・ノーティス“Two Weeks Notice”

・ ラブソングができるまで“Music and Lyrics”

こちらもヒュー・グラント主演です。

b わたしの英会話インスタグラム公式

コース内容及び料金イメージはこちらからダウンロードが可能です
英会話超初心者脱出資料請求

夏を制するものは英会話を制す!今日のエントリでやる気が出た方ははじめの第一歩!
夏を制する





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


映画で学ぶ英会話 の一覧