この記事を書いた人
英会話ハンターNAO

英語が好きになったのは小4。B'zの英語の歌詞に、姉にカタカナで読み方を書いてもらい、お正月に親戚の前で熱唱、大絶賛されて有頂天になり、英語に目覚めました。

小6から洋楽ファンに。中学では英語弁論大会にも出場しました。
マンツーマンレッスン、プライベートレッスン、グループレッスンから格安系の英会話、スカイプ英会話まで一通り試してきた生き字引的キャラです。

英会話ハンターNAOをフォローする

英会話初心者にはマンツーマンがオススメな理由

英会話初心者にはマンツーマンがオススメ 初心者の英会話の学び方

はじめに

こんにちは。
英会話ハンターNAOです。

 

NAOは今までいろいろな英会話スクールに通ってきました。今でこそ、そこそこ自分の思ったことを英語で伝えることができるようになりましたが、英会話を習い始めた頃は本当に苦労の連続でした。

 

私は思い立ったらすぐに行動に移してしまうタイプですがなかなかそうは行かない、という方も多くいらっしゃると思います。特に英会話をはじめて学ぼうという英会話初心者にとっては、一番最初の壁はやはりスクール選びではないでしょうか?

 

誰でも、やったことのない分野には勘が働かないため、ネットでいろいろと比較検討していても、全部良さそうに思えてきて結論が出ない、なんてことにもなります。

 

現在、日本には、あらゆるタイプの英会話スクールがありますが、NAOの経験としては英会話初心者には、マンツーマン英会話スクールがオススメです。

 

この記事では、その理由について解説したいと思います!

 

理由1: 英会話初心者はマンツーマンで基礎をしっかり教わった方がいい

初心者がマンツーマンで英会話を上達させる

 

一般的に、英会話初心者は会話で使えるレベルの語彙や文法などの基礎的な部分が不足している(忘れている)ことが多いです。

 

英語の文法を間違えると、「もうやったのか」or「これからやるのか」など、話したことの事実関係自体が変わってしまいます。これらはビジネスで英語を使う人にとっては重要であることはもちろん、旅行などプライベートといった日常レベルの英会話でも意思疎通のミスから思わぬアクシデントに発展することがあります。

 

マンツーマンレッスンでは、講師が1人の生徒の一言一句を100%聴き取り、文法や語彙の誤りを指摘してくれるほか、プラスアルファとして同じことを別の表現に置き換えた言葉(パラフレーズ)を教えてくれたりします。

 

これに対してグループレッスンでは、一人の講師が複数の生徒を教えなければならないため、一人一人に対して割ける時間や労力は、どうしてもマンツーマンレッスンよりは少なくなってしまいます。

 

したがって、生徒の発言に文法や語彙などの初歩的な間違いがあっても、100%すべてを指摘することは難しいのが実情です。あくまでも模範例を最初にみせて、あとはそれを各生徒に反復して慣れさせる、といったスタイルです。

 

英語力がまだまだ初級という人にとっては、このやり方では不十分かもしれませんね。

 

理由2: 英会話初心者ほど上達が早い方が挫折しにくい

英会話におけるモチベーション維持の方法

次にメンタル面から考察してみます。

 

マンツーマンレッスンは1時間あたりのスピーキング量が多いですね。英会話初心者であってもマンツーマンの講師は生徒の会話時間に対して配慮します。結果、1時間のクラスであれば、マンツーマンなら30分近くが生徒の会話時間に使われる一方で、グループですと良くても15分、もし、あなたが控えめな性格で発言しない人ですと5分も話していないかもしれません。

 

こうした経緯から、一般的にはマンツーマンのレッスンの方が、グループレッスンより効果的にすばやく上達に繋がります。

 

毎回のレッスンの中で小さな成長を感じることができるということは、モチベーションにも繋がります。人の脳には報酬系という部分があります。報酬系はこうした変化に対して作用し、「もっと頑張ればもっと話せるようになるに違いない」と、ポジティブなループをつくることに貢献してくれます。

 

このことは初心者にとっては非常に重要です。

 

グループレッスンでは、レッスン1回あたりのスピーキング量がどうしても少なくなるためこうしたループをつくるのが難しいです。もちろん、レッスン中、他の生徒たちと和気あいあいと楽しんだり、他人から学ぶメリットもあります。

 

一方で、数ヶ月経過した時にマンツーマンとグループですと学習効果に対して大きな差を感じていることでしょう。

 

理由3: 実は英会話初心者にとってマンツーマンの方がコスパは良い

英会話を選ぶ要素としては数多くのものがありますが、料金も一つの要素であることは間違いありません。

 

マンツーマンを避けてしまう人の多くが単価がグループより高いことを理由としてあげています。確かに大手の英会話スクールなどが提供するマンツーマンレッスンですと単価も7500~8500円程度しますので少しお財布には厳しいなと思う方も多いでしょう。

 

こういう時に大事なのは費用対効果を考えるということです。

 

仮に上記の理由でマンツーマンレッスンの方が話す量がグループの4倍、上達の速度も倍以上あるとしましょう。また、モチベーションも維持しやすいため、継続する点においても三日坊主になりにくいです。

 

点数を付けるのは難しいですがあなたの現在の会話力が30点。

目指すレベルが60点だとします。

 

グループレッスンは単価は3000円で60点に到達するには2年間の通学が必要だとします。そうなると、かかるコストは単純計算で週1回×4回×2年となりますので、288,000円かかります。

 

一方でマンツーマンで単価が6000円かかるスクールで60点までには10ヶ月で大丈夫だとしましょう。そうなれば、240,000円です。

 

実際トータルで目標とするまでにかかるコストと時間を考えてみると、マンツーマンの方がはるかに安い可能性だってあるわけです。単価で見るとマンツーマンは高く感じますが、最終的にかかるコストで考えればマンツーマンの方がコスパが良い可能性もありますね。

理由4: 上達が早いほうが続けやすい

次に上達スピードについて考察します。

 

上達のスピードと講師との相性の関係は非常にあります。マンツーマン英会話スクールの良いところは、自分に合う先生を探せること。同じ日本語で話すときだって、自分と趣味やキャラクターの波長の合いそうな人と話すのは楽しいものの、全然趣味が合わない人との会話は気を使うものです。

 

英会話のレッスンでも同じことが言えます。マンツーマンでしたら、自分とトピックの合う講師を見つけて仲良くなると、俄然、レッスンが楽しくなってきます。

 

会話で使うトピックも、自分の好きなジャンルに合わせて自由に選ぶことができます。スポーツ、音楽、ファッションやコスメから、政治、経済、なんでもありです。

 

これに対してグループレッスンでは、もちろん素晴らしい講師がたくさんいることには変わりありませんが、レッスン自体が複数の生徒と共有のものであるため、どうしても、好きな話題に特化するといったことは、まずできません。

 

誰にでも共通な話題でも十分に楽しめるという人はそれでも良いかと思いますが、実際には、自分の熱くなれる話題だと普段の何倍も饒舌になって、語彙や表現もみるみる覚えていく、という方が圧倒的に多いです。

自分の「気持ちいいツボ」を効果的に刺激して、モチベーション維持につなげるという点で、マンツーマンレッスンには優位性があるといえます。

 

理由5: 苦手分野の克服にはオーダーメイドのカリキュラムがオススメ

一口に英語力といっても、実際には、様々な種類の能力が必要になります。語彙や文法もそうですが、たとえばリスニングは音を聴き取る「耳」だけでなく、前後の文脈を理解・推測する「読解力」も必要です。

 

独学で英語を勉強したのに、なぜか英語が驚くほど上手な人がいます。この手の人たちは全員といっていいほど、英語学習方法を自分でマネジメントしています。日々試行錯誤をし、やり方を変えながら弱点を把握して、対策を講じているのです。マネジメント能力に自信がある人は独学でもいいと思います。ただし、膨大な時間がかかることは覚悟すべきです。

 

マンツーマンレッスンなら、コンサルタントやコンシェルジュなどのプロフェッショナル集団が学習方法をマネジメントしてくれます。自分では気づかなかった弱点を洗い出し、最も効率の良いトレーニングメニューを考えてくれるのです。また、英会話の用途も重要です。ビジネス英会話であれば業界や職種も考慮に入れた方が良いでしょう。

 

これに対してグループレッスンでは、スクールにより若干の融通がきく場合もありますが、基本的には、カテゴリーとして「日常英会話」「ビジネス英会話」の2つ、レベルとしては「上級」「中級」「初級」の3つくらいしかありません。

 

つまり、例えば文法が全然苦手な人であっても、それに対してより重点的なトレーニングなどができるわけではなく、他の生徒と同じペースで、定番フレーズのリピートやロールプレイングなどを行うことになるのです。

 

時間に制限があり、なるべく効率的に英語学習をしたい人にとって、こうしたやり方はムダが多く、成果がなかなか上がらずに、ストレスになってしまいます。

 

英語力は、人それぞれ、得意不得意の分野がバラバラであるため、その人にあった最適な学習をする上では、カリキュラムのカスタマイズの自由度の高い、マンツーマンレッスンがオススメです。

まとめ

以上、英会話初心者にマンツーマン英会話レッスンをオススメする理由について、解説いたしました。

 

ただしこれはあくまでも一般論です。私は英会話ハンターを名乗っていますが、その分この業界を沢山見てきすぎました。ですので、多少なりともマニア視点になっているところがあるともいえます。

あなたにとって自分に合うスクールを見つけるもっとも確実な方法はやっぱり体験レッスンに行ってみることです。ホームページを見て、「ここなら、自分の願いが叶いそう」と思うところを見つけたらとりあえず体験レッスンを受けてみましょう。1回目のレッスンはほとんどのスクールが無料で提供しています。

 

また、英会話は「人・対・人」です。体験レッスンですごく気に入った講師を見つけたときや、日本人スタッフで自分と同じ波長の人と出会えたならば、それだけを理由に決めてしまうのも良いと思います。

どうか、あなたにぴったりのやり方で素晴らしい英会話ライフを見つけてください!

 

お読みいただきありがとうございました!

 

 

NAO