この記事を書いた人
英会話ハンターNAO

英語が好きになったのは小4。B'zの英語の歌詞に、姉にカタカナで読み方を書いてもらい、お正月に親戚の前で熱唱、大絶賛されて有頂天になり、英語に目覚めました。

小6から洋楽ファンに。中学では英語弁論大会にも出場しました。
マンツーマンレッスン、プライベートレッスン、グループレッスンから格安系の英会話、スカイプ英会話まで一通り試してきた生き字引的キャラです。

英会話ハンターNAOをフォローする

大人女子必見!自分磨きくらいの英会話にマンツーマンは必要か? – 英会話ハンターNAOのコラム

大人女子の自分磨きとマンツーマン英会話 マンツーマン英会話

こんにちは。
英会話ハンターNAOです。

 

自分磨きの方法として英会話をする人がいます。
常に自分の価値を高め続けることは、とても重要なことです。

 

この記事では主に、「大人の女性の自分磨きの方法」として英会話レッスンについて、考えてみたいと思います。

 

そこで、自分磨きのスタイルを、「エンジョイ型」「ブランディング型」「キャリアアップ型」の3つに分けて、それぞれの特徴やポイントを解説します。

 

 

自分磨き=エンジョイ型

「とにかく楽しみたい!」というタイプの自分磨きです。

・海外旅行でもっと話せるようになりたい

・インターナショナルパーティに行きたい

・バーやクラブで外国人と英語で話したい

・外国の映画やドラマを字幕なしで観たい

・洋楽の歌詞の意味がわかるようになりたい

・instagramやfacebookなどのSNSを英語で書いてみたい

・英会話レッスンが趣味であり、それ自体が目的

 

これらの「エンジョイ型自分磨き」として英会話スクールを選ぶ場合には、ぜひとも、そのままズバリ「楽しいかどうか」を最優先の基準にして、スクール選びをすることをオススメします。

 

方法は簡単です。早速、体験レッスンに行ってみる。これだけです。

 

いくつかのスクールに行ってみて、一番楽しかったスクールに入ればいいのです。

楽しかった理由にはいろいろなものがあると思います。

・コンシェルジュの対応が親切で嬉しかった

・トレーニング内容がおもしろかった

・講師がすごいイケメンだったのに謙虚でめっちゃ紳士だった

 

さらには、

 

・教室のインテリアがオシャレだった

・アロマのいい香りがした

・無料サービスで飲めるコーヒーが美味しかった

 

…などもあるでしょう。

 

何に楽しさを感じるかは人それぞれ、千差万別です。

 

お稽古事とはいえ、仕事ではない余暇の時間。
頑張った自分へのご褒美タイムです。
誰でも、自分磨きの有意義な時間を、心ゆくまで満喫したいはず。

どうか、アンケート結果とか、宣伝文句といったものには惑わされずに、自分の直感で心から「楽しい!」と感じたスクールを選んでください。

 

自分磨き=セルフブランディング

自分磨きとセルフブランディングと英会話

 

「カッコいい自分になりたい」というタイプの自分磨きです。

 

・そろそろ外見だけでなく、内面も磨きたい

・失恋した相手を見返してやりたい

・異性だけでなく、同性から尊敬されたい

・アラサーやアラフォー、育児が一段落したタイミングなどで、第2の人生を考えたり、自分探しをしたい。

・自分がカッコいいと思える自分になりたい。

 

これらは「アイデンティティの手段」としての自分磨きであるともいえます。

こういったブランディング型の自分磨きとして英会話スクールを選ぶ場合には、まず、こんなふうに考えてみるといかがでしょうか。

Step1:自分がカッコいいと思う姿を「映像化」する
Step2:なるべく早い段階でそれを「具現化」する

 

例えばこんな感じです。

Step1:自分がカッコいいと思う姿を「映像化」する

【自分がカッコいいと思う姿に】
→居酒屋に居合わせた海外からの観光客と話が盛り上がっていっしょにいる友だちに「知的で粋な大人女子」と思われたい!

【具現化する方法】
→こっそり英会話を学び始める。仕事やプライベートで自分にとっても刺激をうける友人などには内緒で、ある程度自信がついた時に上記のようなシーンがあったとき(ワールドカップなどの時にスポーツバーとか行くとありますよね)にさり気なく英語が話せる姿を想像する。

 

例えをわかりやすくするために、ちょっと意地悪なシチュエーションにはなってしまいましたが、イメージ的にはこんな感じですよね。

 

「カッコいい自分になる」という願望は、やや曖昧で漠然としているので、その「カッコよさ」をもっとリアルに映像化し、実際の行動につなげようということです。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、このタイプの場合の英会話スクール選びのポイントをご説明しましょう。

 

Point1:自分の得意分野でレッスンをしよう

先ほどのサッカーの例のように、自分の得意分野のトピックで英会話レッスンをすることをオススメします。

 

得意分野を語っているときは、誰でも自信に溢れ、イキイキとした表情になるものです。講師と話題が合えば、会話がどんどん弾んで、楽しさループに拍車がかかります。

 

こういったことが作用していき、「かっこいい姿」に近づきやすくなるのです。スクールを選ぶ際は、自分と得意ジャンルが合いそうな講師がいるスクールを探すとよいでしょう。

 

Point2:語彙や文法だけでなくマナーも身につけよう

いくら英語が上手いからといって、自分だけがいい気になって、相手の気持ちも考えずにベラベラと喋る姿は、礼節ある「カッコいい大人」の姿とはちょっと言えませんよね。

 

これは語学というより、「コミュ力」の部分になってしまいますが、日本と欧米では会話でのちょっとした間の取り方にも違いがあります。

 

英会話レッスンのときには、欧米式の会話マナーも身につけることができると、とても理想的です。

 

お友達の前で、年齢相応の美しいマナーのある、「カッコいい大人」の姿を見せられるように、こういったポイントも大切にした方がよいと思います。

 

スクールを選ぶ際は、マナーや気遣いのできる紳士的な講師を選ぶことをオススメします。

 

自分磨き=キャリアアップ型

自分磨きのタイプとしては、最もビジネスライクなパターンです。

・TOEIC700点以上を取って外資系企業へ転職したい

・外国人の上司がいる、社内公用語がいずれ英語になる

・海外でMBAを取りたい

・インバウンド増加により、自分のお店のお客様も外国人が増えた

・ファッションブランドを立ち上げてLAにお店を出すのが夢

などなどです。

これらの「キャリアップ型自分磨き」として英会話レッスンを行う人には、以下のようなやり方がオススメです。

 

・明確な目標を定める

・スクールやトレーニング内容をその目標にあわせてカスタマイズする

・レッスン以外の自習の仕方についてもアドバイスをもらって最適化する

・目標達成を最優先とし、トレーニングが辛くても頑張ってやり抜く

・自分へのご褒美は、夢や目標が叶ったとき、はじめて手に入る

かなり手厳しい感じにはなってしまいましたが、せっかくならトコトン頑張って結果を出した方が、後悔がないと思います。

そして、このようなタイプの人が英会話スクールを選ぶ際には、以下のようなポイントが重要になります。

・体験レッスンや申込の相談の際に、自分の目標をなるべく詳しく説明する

・コンシェルジュやコンサルタントに適切な学習方法のアドバイスをもらう

・自分の業界、ジャンルに精通した講師を探す

キャリアップ型自分磨きの場合は、英会話トレーニングも仕事の一部と考えて、ムダがないか、成果は出ているかなどを、客観的にマネジメントすることが重要です。

 

まとめ

以上、「自分磨き型」の英会話レッスンについて解説いたしました。

簡単にポイントをおさらいしましょう。

 

・「とにかく楽しいのが一番!」というエンジョイ型の人は、たくさんのスクールを見学して、純粋に居心地の良かったスクールを選ぶと良い!

・「カッコいい自分になりたい」ブランディング型の人は、自分がキラキラと輝いている姿をイメージして、得意ジャンルで英会話をしよう!

・「どうしても叶えたい目標がある」キャリアアップ型の人は、講師やコンシェルジュのアドバイスにより学習方法を最適化して、必ず目標を達成しよう!

さあ! あなたも、自分に合った英会話メソッドで、「キラキラ女子」になってみませんか?

 

英会話ハンターNAO