Featured post

photojournaltitle

苦手意識をクリア!初歩的な文法を徹底解説

いよいよ、今日からレッスンがスタートします!
私たちも今まで多くのお客様のサポートをしてまいりました。
驚くくらいのペースで進む方、そして、ゆっくり目の方。もちろん、まずは最低限会話が出来るようになれればいいし、あまり自分を追い込まず楽しみながら勉強したい!始めるきっかけは多種多様ですので、スピードが人によって異なるのももちろんです。

とはいいながらも、やはり、同じお金を私たちも頂戴していますので、私たちは、皆様に出来るだけ負担のない形で、でも、楽しくそして効率的に学ぶ方法を今までのレベルチェックレッスンやカウンセリングを通じて構築してきました。

以下のコツは、上達するお客様に共通している学習法を抽出し、私たちのメソッドを組み合わせることで、効率よく学習を行っていただけるようにまとめたものとなります。
いわば、コツの集大成です!

photo_jarnal_mt01_r2_c4

photo_jarnal_mt01_r4_c4

それでは、まずは、教科書の予習から入りましょう!

photo_jarnal_mt01_r6_c4

photo_jarnal_mt01_r8_c4

ず、右側の「The Scoop」を読んでみましょう。
Photo Journalではレッスンで学ぶ文法のテーマは「The Scoop」のコーナーに全てまとめられています。

スクープというのは雑誌の独占記事の意味でカタカナ英語にもなっていますね。
私達の教材では、スクープ=その日の文法のテーマ、という意味で用いられています。

文法はPhoto Journalシリーズでは、基本的に中学~高校英語のものしか用いておりません。 解説は「The Scoop」に記載されていますが、「英語だと難しい!」ということもあるかと思います。

その場合は、別冊の「Photo Journal_文法解説日本語」を見ながら理解してみましょう。英語だと??と思ったものも、「あっ、なんだ、これ学生時代やったな」って気づかれることでしょう!!

また、日本語解説はbのホームページから閲覧することも出来ますので、ご職場で休憩中にレッスンの準備をされたりする場合には、下記のホームページからチェックしてみて下さい。 こちら→ 

photo_jarnal_mt01_r10_c6

Photo Journal1では、There is / There areの構文やsomeとanyの使い分け。また、時間の伝え方や単純未来、単純過去などPhoto Journal Starterから一歩進んだレベルの英会話のコミュニケーションを学びます。
Photo Journal 1の文法についてはこちら →

photo_jarnal_mt01_r12_c7PhotoJournal2では、比較級・最上級など「学生時代勉強したなー」と思えるものが頻出します。それと同時に、理解したものの使いこなせてなかった現在完了形や助動詞の使いこなし方など、ここまで終われば簡単な旅行のシーンはOKです。
Photo Journal 2の文法についてはこちら →

photo_jarnal_mt01_r14_c8PhotoJournal3では、高校1年~2年レベルの難解な文法を学びます。仮定法(現在・過去)から間接話法、接続詞などを活用しPJ1や2の時には出来なかったより長文の文章を1つの会話の中で作れるように学びます。
Photo Journal 3の文法についてはこちら →

photo_jarnal_mt01_r16_c8PhotoJournal4まで終われば、ほぼ、英語での会話のキャッチボールが可能となるレベルです。使役動詞の使い方、仮定法過去完了など学生時代もかなり悩んだものも多々出てきます。ここまで出来ればほぼ日常英会話は問題ないでしょう。
Photo Journal 4の文法についてはこちら →

photo_jarnal_mt01_r18_c2

次に、上記で囲われている「ストーリー」(オレンジ)を読んでみましょう。

Photo Journalに出てくる単語は、Starterのお客様で中学1年生、1と2の方で中学1年~3年レベル、そして、3と4の方で高校1年~3年レベルです。

とはいえ、いろいろと非難はあるものの、日本の義務教育で学ぶ英文法・単語のレベルはかなり高いです。
時間が経過して忘れてしまったものもありかもしれません。 ストーリーが終わりましたら、次に、主人公のBelleの会話を読んでみてください。

水色で囲った部分になります。 はじめは恥ずかしいかもしれませんが、しっかりと声を出して音読してみましょう。

ご職場にいて声を出せない時は、頭の中で音読するだけでも構いません! 音読をすることで自分の口から出た音声が自分の脳に刷り込まれます。

こうすることで、レッスンに来たときにレッスン・パートナーと練習をするときに全く見ず知らずの文章を読むのとは違い、脳のどこかに残っている文章を読むことになり、レッスンの理解度が大きく変わります。

photo_jarnal_mt01_r20_c3

さて、ここまでは予習のお話をしました。
もちろん、先に進むことお大事ですがその前に学んだことのレビュー(復習)は、予習と同じくらい大事なことです!

レッスン・レコードには、教科書には出ていない文法・単語だけど、レッスン・パートナーが「これは知っておいたほうがいい!」と思ってタイプした履歴の集合体。

いわば、Photo Journalに続く、第二の教科書です。 人によっては、教科書以上にすぐに使える表現が沢山タイプしてあることでしょう。
Lesson Recordは、下記の項目から成り立っています。次のページに実際の例となるLesson Recordが出ています。

photo_jarnal_mt01_r22_c10b

photo_jarnal_mt01_r24_c9

教科書に出てくる単語以外にも、お客様とLPとの会話の中で出てきた中で「これは使える!」という単語や、発音をまとめてくれます。

photo_jarnal_mt01_r26_c9

教科書に出ている表現だけでなく、「ちょっと早いけど、これは知っておいたほうがいい!」というものはLPがタイプしてくれます。
例ではPJ1のThere is(単数形)、There are(複数形)ですが、no longer(もはや・・・ない)のちょっと、レベルの高い表現を紹介してくれています。

photo_jarnal_mt01_r28_c9

基本は、Scoopに出ている文法を元にそれ以外に役立つものをタイプしています。
この下位は、There isとThere areを紹介していますが、少し上級レベルの文法である“that”の関係代名詞(これを学ぶのはPJ3なのですが)を紹介しています。

photo_jarnal_mt01_r30_c9

Noteには、今日学ばれたことを、また、Homeworkは宿題です。
この例では、There is / There areに関係代名詞のthat/which/whoを使った文章を5つ考えてみましょう、という宿題が出ています!

photo_jarnal_mt01_r34_c3

photo_jarnal_mt01_r36_c14

Cレコーダーとあわせた学習でお勧めなのがシャドーイング。 ボクシングでシャドーボクシングというのがありますよね。

あれと同じように、ネイティブの人が読んだ英語を聞きながら、それと同じ文章をそっくりそのまま音読することをシャドーイングといいます。

bでは、PJ-SQRIPTというPhoto Journalで学習するお客様向けのシャドーイングのオンライン教材があります。

※レッスンで使用するテキストと見本音声はダウンロードして持ち歩き可能です。

photo_jarnal_mt01_r32_c3

音声を録音したい方は是非、録音してくださいね。

最近ですと、iPhoneやAndroid等のスマートフォンの録音機能を使いレッスンを録音することも可能ですし、また、録音した音声をMP3ファイルとしてパソコンに保管したり、iPodやWalkmanで聴くことも可能です。

はじめは自分の声を聴くのは恥ずかしいものですが、非常に勉強になります。是非、お試しください!

voice_l001_r14_c3

voice_l001_r16_c3

voice_l001_r18_c3

voice_l001_r20_c3

ご利用料金は、Photo Journal1冊につき、8,400円(税込)となります。 ご興味ある方はコンシェルジュ・デスクまでお問合せください!

voice_001_03

Photo Journal SQRIPTについてはこちら→

「いつもありがとう」の英語表現を解説!丁寧・カジュアルな言い方をご紹介

「いつもありがとう」の英語表現を解説!丁寧・カジュアルな言い方をご紹介

こんにちは!「b わたしの英会話」でコンシェルジュをしているAnneです(^^♪

今回も皆さんの英語学習のお手伝いができるよう、タメになる情報を発信していきますよ!

早速皆さんに質問です!
皆さんは英語で「いつもありがとう」と伝えるとき

・「ありがとう」といえば「Thank you.」でいいよね?
・日頃の感謝の気持ちを伝えるのも「Thank you」で伝わっているかな?
・場面や相手も違う場面でも全部「Thank you」で大丈夫かな?

などと不安に思ったりしませんか?

もちろん、英語にも日本語のように感謝の伝え方はたくさんあります!
今回は相手や場面に合わせた様々な「いつもありがとう」をご紹介します。

彼氏彼女・友達・ビジネスで使える「いつもありがとう」の定番フレーズ

彼氏彼女・友達・ビジネスで使える「いつもありがとう」の定番フレーズ

一言で伝えてみよう!

・Thank you as always.

1番シンプルな「いつもありがとう」の表現になります。
always=いつも をいれることで、日頃の感謝を伝えることができます。

また、少し言い方を変えて

・As always thank you.

と伝えることもできますよ!

カジュアルな「ありがとう」の英語フレーズ

カジュアルな「ありがとう」の英語フレーズ

感謝している内容を具体的に伝えてみよう!

・Thank you for always~.
 =いつも~してくれてありがとう

身近にいる人には、具体的にきちんと言葉で感謝を伝えたいですよね!
~の部分に感謝している内容をいれて相手に伝えてみましょう。

・Thank you for always being by my side.
 いつもそばにいてくれてありがとう。

・Thank you for always being there for me.
 いつも力になってくれてありがとう。

・Thank you for always being nice to me.
 いつも優しくしてくれてありがとう。

・Thank you for always supporting me.
 いつも支えてくれてありがとう。

また、少し言い方を変えた「Thanks as always for~.」と伝えることもできますよ。

・Thanks as always for listening.
 いつも私の話を聞いてくれてありがとう。

・Thanks as always for your help.
 いつも手伝ってくれてありがとう。

ビジネスで使える「ありがとう」の丁寧な英語表現

ビジネスで使える「ありがとう」の丁寧な英語表現

丁寧に感謝の気持ちを伝えてみよう!

I always appreciate~.
 =いつも感謝しています。

appreciate=感謝する を使うと丁寧な印象を与えることができます。

・I always appreciate your support.
 いつもサポートしてくれてありがとうございます。

・I always appreciate your consideration.
 いつもご配慮いただき感謝しております。

「Thank you」以外で「ありがとう」を伝える表現

「Thank you」以外で「ありがとう」を伝える表現

「Thank you」以外にも感謝を伝える表現がありますよ!

・I am always grateful for~.
 =いつも感謝しています

grateful=感謝する、有難く思う という意味です。
Thank youよりも強い感情が強い時に使うとより感謝の気持ちが伝わりますよ!

・I am always grateful for your help.
 助けてくれていつも感謝しています。

・I am always grateful for your kindness.
 優しくしてくれていつも感謝しています。

・I am always grateful for everything that you do.
 色々としてくれて感謝しています。

・I can’t thank you enough.
 感謝しきれません。

感謝の気持ちが強い場合に使うことができます。
「I can’t thank you enough.」の前に、具体的に感謝している事柄を伝えましょう。

・You are always so helpful. I can’t thank you enough.
 いつも助けてくれますね。感謝しきれません。

・You always care about me. I can’t thank you enough.
 いつも私のこと気にかけてくれて、感謝しきれません。

まとめ

「いつもありがとう」の英語表現を解説!丁寧・カジュアルな言い方をご紹介

いかがでしたか?
「いつもありがとう」の伝え方にも色々ありましたね!

この記事を読んでくださったあなたは、早速家族やお世話になっている人に、日頃の感謝を伝えてみてください♪

Thank you for always reading our blog!