はじめは教科書的になってみる(素直になってみる)- 自分オリジナルは素直になった後からできあがる

私が大学生の時、ちょうど今から20年前になるのですが、
経済学を専攻していました。

その時 – 細かなことは省くとして – 国が景気の良い時には
どういうことをするか、あるいは、悪い時にはどういうことをするか。
そして、経済史(経済学の歴史)では、過去に世界でそうした政策をとった結果として
どんな実例があるか。

こんなことを勉強してました。

その一方で不思議だったのは、私が大学生の頃から日本は
不況に突入したのですが、その時に、実際に国が行った経済政策は教科書で学んだ、
歴史学的にも、日本や海外で行われたケーススタディの結果とは逆のものでした。

例えば、景気が悪い時は中央銀行がお金を刷って国債を買い戻す。
で、税金を減らして、逆に刷ったお金を雇用に役立つ公的な事業に使ってでもまず仕事を増やす。
逆に景気が良すぎるときは税金を上げたり、刷り過ぎたお金を回収しつつ、景気を加熱させすぎないようにする。
経済に興味のない人でもなんとなくイメージできると思います。

ただ、実際にはどうだったかというと日本は全く逆のことをこの20年やってました
そして、これまた不思議なことですが日本経済新聞なんかでもそれが正しいと言ってました。
霞ヶ関の人たちはみんな東大法学部を出た秀才だから若かった頃の私は
「やっぱり、教科書は所詮、お勉強用のものだから間違ってるんだ」と思っていました。

ところが実際はどうだったかというと、20年に渡る経済の成長しないというとんでもない時代になってしまったわけです。

一方で、もちろんそれがおかしくて教科書通りやるべきと言ってた人の意見は日本では
弱くて、新聞やテレビにそうした人たちが出てくることってつい最近までほとんどありませんでした。

逆にアメリカはこの20年を見ている限りは少なくとも教科書で
学んだ通りのことをやってます。(細かな流派の違いは別として)

そして、細かな問題はありますがこの20年で2倍近い経済規模になっています。
日本も普通にやってたらそうなっていたでしょう。
つまり、ちゃんと経済が大きくなっていれば、日本中の会社の売上も私達の給料も税収も平均で倍だということです。

ここで、私達の仕事に話を戻してみましょう。

何がポイントって、やっぱり、教科書だったりマニュアルというのは
様々な歴史的な検証や、失敗体験をもとに作られたものが多いです。つまり、失敗と成功の集大成であることが多いわけです。(もちろん例外もあるでしょう)。

経験というのはとても貴重ですが、一方でそれは
一人の人間が自分だけで見てきたもの、聞いてきたものをベースに作られたものです。
ということは、その経験ってとてもサンプル数が少ないので偏っています。

でも、人間ってなかなか厄介な生き物でついつい自分の経験のほうがこうした数多くの
実例をベースにつくられたものよりが正しいと思ってしまったり、「いやいや、このことは当てはまらないよ」と
小さな違いを理由に取り入れなかったりするものです。

もちろん、どちらが、多くの失敗・成功の実例をもとに作られてるかを想像すれば、
どちらの方が、うまくいく確率は高いか、というのは自然と予想ができますよね。

ここでのポイントって「まずは素直にやってみる」ということ。

やってみることで、それがうまくいくかいかないかも含めて結果が出て、その結果に対して
正しい判断ができますよね。で、やっていくうちに、徐々に自分の経験から培われた知識や経験を混ぜあわせることで自分独自のすごいパターンが出来ます。でも、なんでそれが出来るかというとやっぱり、まずは素直にやってみるという一歩があるからです。

逆にうまくいかない時ってどうでしょう。
私もよくありますので、自分を振り返るとこんな感じのパターンが多い気がします。

・ マニュアルだったり教科書を読みながら、「うーん、それは違うよ」と思ってちゃんと読まない。
・ 本当はまず試さなきゃいけないんだけど、試さないで実は昔からの自分のやりかたのままになっている。
(同じパターンを繰り返している)
・ その結果としてうまくいかないと「やっぱりあの本に書かれていることはダメだった」と決めてしまう。

マーケティングなんかで私はこの失敗によく陥ります。
が、そのたびにこの事を思い出して、とりあえず、やってみるか、と思いなおすようにします。
本当にうまくいくかいかないかは、まず、素直にやらないとわからないですからね。

つくづく思いますが、人間ってなかなか頑固で厄介な生き物だなぁと思います。
でも、思い出してまずやってみる、という精神があるとそこからいろいろ学んで自分ピッタリのレシピができるでしょう。





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


コラム&耳寄り情報 の一覧