大伴家持:氷川神社の1月の言葉

新しき 年の始めの 初春の
今日降る雪の いや重け吉事
(大伴家持:氷川神社の1月の言葉)
今年は年始はあちこち神社に行って商売繁昌をお願いしましたが
やっぱり、一番近所の氷川神社と金王神社、と思ってお参りにいったときに
もらった言葉が大伴家持のこの句でした。
(ちなみに、どちらの神社も4日の今日はすごい人出でした。やはり、商売繁昌と思って
あちこちの会社の方がいらっしゃっているのでしょう)。
大伴家持はなんとなく覚えている人もいるかもしれませんが、
奈良時代の歌人でま入賞の編集者とも言われています。
この詩は、大伴家持が759年に左遷されて因幡の国の国主に
なったときに、あまり身の不遇をなげくのではなく、ポジティブに希望を
込めた詩を詠もう、ということで書いた詩だそうです。
今年は兎年なので、幡の白兎とかけたのかもしれませんが
新年、まずは、気持よく滑りだしたいものです。





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


コラム&耳寄り情報 の一覧