天使にラブ・ソングを…“Sister Act”

天使にラブソングを

この映画を観ると、晴れた気分になる!思わず口ずさみたくなる!言わずと知れた名作です。

◆ The story of “Sister Act” – 映画『天使にラブソングを』のストーリー◆

ネヴァダ州リノのカジノで歌うクラブ・シンガー、デロリス=ヴァン・カルティエ(ウーピー・ゴールドバーグ)は、一帯の顔役で、自身の愛人でもあるヴィンス(ハーヴェイ・カイテル)が組織の裏切り者を殺す現場を見てしまう。警察へ駆け込んだデロリスをサザー警部(ビル・ナン)はサンフランシスコの修道院に匿うことにした。新米尼僧シスター・クラレンスとして修道院に迎えられたデロリスは、厳格な修道院長(マギー・スミス)の高圧的な態度にもめげず、シスター・パトリック(キャシー・ナジミー)、シスター・ロバーツ(ウェンディ・マッケナ)ら若い尼僧たちと親しくなり、ラザラス尼(メアリー・ウィックス) から聖歌隊のリーダーを引き継ぎ、歌のレパートリーにソウルやロックのナンバーを加え始めた。彼女たちのはたちまち全世界に拡がり、ローマ法王の耳にも。 やがて法王が訪米されることになり、デロリスたちの修道院を訪問することになった。その頃、ヴィンスの放った殺し屋の影がデロリスに迫りつつあった・・・

◆ One point English from “Sister Act” – 映画『天使にラブソングを』のワンポイント英会話◆

修道院にかくまわれたデロリスがビーズ細工をしている場面です。

Deloris : I’m not gonna get this. This is a little too complicated for me.
Kathy : Don’t you worry. You’ll get the hang of it. I’ll help you.

デロリス : これやれそうもないわ。ちょっと私には複雑すぎる。
キャシー : 心配しないで。そのうちコツがわかるわよ。手伝うわ。

「get the hang of ~」 ~のコツをつかむ。

ただ慣れるという表現の 「get used to~」 よりも、芯の部分に詳しくなったという表現です。
ちょっとくだけた表現ですが、ネイティブが良く使う言い方です。

普段カタカナで書かれるコツですが漢字で書くと「骨」です。
骨は体の中心、体を支える役目を果たしているので人間の本質や素質などを意味する。
そこから、コツは勘所や要領も意味するようになり、物事の本質を見抜き自分のものにすることを「コツをつかむ」と言うようになりました。

It takes a while to get the hang of it.
(コツをつかむのに時間がかかる)

地道な努力が身を結ぶ日を信じて、
英語学習がんばってくださいね!!

↓↓今回のエントリが参考になったなと思ったら是非、コメントか「いいね!」をお願いしますね!↓↓

★関連エントリ ★

パターンA:カフェで外国人に聞かれた!!
case-1_small

あっ、これ自分かも・・・と思った方は上のマンガかリンクをクリック!

パターンB:母に英語で負けた!!
case-2_small
あっ、これ自分かも・・・と思った方は上のマンガかリンクをクリック!

コース内容及び料金イメージはこちらからダウンロードが可能です
英会話超初心者脱出資料請求





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


映画で学ぶ英会話 の一覧