アジャストメント“The Adjustment Bureau”by Keith

adjustment.jpg

 

 

The trailer for the Adjustment Bureau looks like a Thriller cut from the
same cloth as Minority Report or the Matrix. The cleverly cut advertisement sequences seem to set the stage for lots of running, hiding ,explosions and firepower all of it set to a backdrop of one man's defiance of control, and perhaps a side exploration of the age old question of free-will.

アジャストメントの予告編を見ると、スリラー映画のようで、マイノリティリポートやマトリックスにとても似ているんだ。走ったり、隠れたりしているシーン、爆発や銃撃シーンなど、巧みに繋げてられいるシーンは、操作から身を守ろうとしている一人の男の状況、そして昔からある自由な意思の探求も表していることがわかる。

 

This Trailer is a little misleading. There is a lot of running, and some hiding, and maybe one explosion, and like the Matrix this movie does feature one man against a Mysterious Powerful Organization(staffed by Frank Sinatra look alikes, who wear Fedora's and carry funny Notebooks), but a few minutes into the movie and I already knew who the Bad Guys were and more importantly I wasn't worried about them at all, actually they seemed kinda nice.
So if this movie looks like an action thriller but isn't, then what is it?
Hmm, hard question to answer. Maybe I should just tell you about it and you can decide.

でもこの予告編は僕たちを少し誤解させるんだ。走ったり隠れたりするシーンは確かにあるし、1回くらい爆発もあるし、マトリックスのように一人の男が、謎の大きな力をもった組織(Fedoraのハットをかぶり、へんてこなノートを持っているフランクシナトラによく似た人が仕切ってるんだけど)に立ち向かうという話が中心にはなっているんだけど、見始めて数分後には、その悪そうな男達が何者なのか想像できてしまい、そしてもっと問題なのは、全くそのことを心配させないこと。だって彼らはそんなに悪い奴らには見えなかったから。じゃあ、一見アクションスリラーに見えてそうじゃないこの映画は、いったいなんなんだ?うむ、難しい問題だ。だから、僕はこの映画について書くけど、その答えはみんなが決めてくれればいいかなって思う。

 

The Movie's main character is an up and coming young politician who's career hits a roadblock when embarrassing photos of him become public. At precisely that moment he meets and falls in love with Emily Blunt. Little does he realize the super secret 1950esque Bad Guys do not want this relationship to happen(For reasons which are eventually explained).

この映画の主人公は新進気鋭の政治家。みっともない写真が世に出て出世の上で障害もあった人物。彼はエミリーブラントと出会い、恋に落ちる。1950年代風の超秘密組織の悪い奴らはその関係をうまく行かせまいとしているが、彼が知る由もない(その理由は後に明かされる)。

 

He soon meets these unusual bad guys who turn out to be more like Government Bureaucrats then the edgy tough guys you expected. These Bad Guys work for a secret organization called the Adjustment Bureau which is headed by an even more mysterious King Pin known as the Chairman. This Chairman is the author
of a plan, which turns out to be a plan of each human's life course. Everybody must stick to the plan, and if they don't the nice agents try to push them back into line or readjust them.

そして彼は、誰もがはじめに想像するであろういかつい強い男というよりも、政府の官僚のような、そして少し変わった雰囲気の男達と出会う。この男達は<運命調整局>という秘密組織の一員であり、その組織もさらに怪しげな会長キング・ピンが取りまとめている。この会長こそがそれぞれの人間の人生設計と後に明らかになるこの計画の設計者だった。誰もがこの計画の沿わなければならず、もし従わなければこの人のよさそうな組織がまたその計画通りに無理矢理戻そうとする、再調整しようとする。

 

The movie gets pretty predictable after this, of course the plan does not
include Mr.Damon's new romance and so he is instructed to drop it. He
refuses and this sets off a cycle of running and hiding which ends somewhat dramatically high atop a building in NYC.
そして、徐々に予想通りの展開そのものになっていく。もちろんその計画にはデイモン氏の新たなロマンスもなく、失敗するように誘導されてしまう。彼は拒んで、走って逃げたり隠れたりが続いて、最後にはニューヨークシティのビルの屋上で劇的な結末を迎える。

 

I can't tell you anymore without spoiling the movie. But probably you want
to know, Should I see it or not?
Well here's my opinion. The movie has many weakpoints. The bad guys are not scary,the sci-fi part of the story isn't fully explained, and the questions which the movie raises, such as do we really control our lives?,are never answered.

映画を楽しむことを台無しにしたくないからこれ以上は言わないでおくよ。でもたぶん観るべきかどうかを知りたいよね?
僕個人の意見だけど、この映画には欠点がいくつもあるんだ。悪者たちは全然怖くないし、サイエンスフィクションの部分は説明不足だし、映画が投げかける問題、私たちは本当に人生をコントロールできるのか、ということについては結局わからないままなんだ。

 

On the other, the movie is very classy. The cast is made up of great actors
and actresses who do not disappoint. Matt Damon and E.Blunt are just fun to watch as they act their way through scenes that might be otherwise dull or boring.

一方で、とてもしゃれた映画でもあるんだ。出演者はみな素晴らしい俳優たちだし、彼らの演技は決してがっかりはさせない。マットデイモンとエミリーブラントは、さもなければ間延びして退屈してしまうかもしれないシーンも彼らなりにうまく演じていて、観ていて結構楽しめるんだよ。

 

adjustment2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Like an old classic this movie features a lot of dialogue, which is well
written and delivered. Also like an old classic this movie features a lot of riveting scenery. The Adjustment Bureau agents have the ability to open
doors and go to almost anywhere they choose which makes for a fun and
interesting tour around NYC.
And like an old classic in the end you feel happy, maybe a little confused
too, but mostly happy.
So if those sound like things you like then this movie is for you.

この映画はクラシック映画のように、よく書かれていて、うまく表現された会話がたくさんあるのも特徴なんだ。そして、わくわくさせるようなシーンもたくさんある。<調整局>の人物たちは、ドアを開けると思い通りの場所へ移動できる力を持っていて、ニューヨークの町をめぐるツアーを楽しめるのもそのひとつだよ。そして、最後にはハッピーな気持ちになれる、もしかしたら少し疑問に思うこともあるとは思うけど、おおむねハッピーになれるのも、クラシック映画みたいなんだ。
もし僕の書いたこの映画の特徴のなかに、皆さんの好きなものがあったのなら、ぜひ観てほしいな!

Keith





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


映画で学ぶ英会話 の一覧