Maleficent by patrick

Hi all :)
みなさんこんにちは:)
Have you ever seen or read the story of Sleeping Beauty? Our friend YOOMS wrote a blog about it recently (you should check it out!). The new Disney movie Maleficent is based on the character of the evil fairy from Sleeping Beauty – but it’s not what you’d expect..
「眠れる森の美女」のお話を観たり読んだりしたことは有りますか? YOOMSが最近それについてブログを書いていくれていまいたね(是非チェックしてみてください!)
新しいディズニー映画の「マレフィセント」は、「眠れる森の美女」に出てくる、悪い妖精のお話です。- でもきっと、みなさんが想像するものとは違いますよ。

Maleficent

In the spin-off (‘spin-off’ means a story based on another story), we get to see the story of Sleeping Beauty through the eyes of Maleficent. Although in Sleeping Beauty she is shown as a cold-blooded villainess, in Maleficent we get to see her innocent side – from her heartbreak, to her decision to try and reverse the spell upon Aurora. I thought it was great how Disney changed the story to show that not all evil people are evil for no reason, but often they have been hurt by others and this causes their personality to change. I hope this has never happened to you!
スピンオフでは(スピンオフとは、あるお話から生まれた別のお話のこと)、眠れる森の美女のお話をマレフィセント目線で観ることが出来ます。
「眠れる森の美女」では、彼女(マレフィセント)は冷血な悪役として出てきますが、「マレフィセント」では彼女の純粋で潔白な面を観ることが出来ます。- 彼女は胸が張り裂けるような気持ちになり、自らオーロラ姫にかけた呪いを解こうとします。
全ての悪役は意味もなく悪者になってしまったわけではなく、ほとんどは他人に傷つけられたりすることがきっかけで人格が変わってしまう、というのを見せるために、ディズニーがどのようにストーリーを変えているかが見所です。

Maleficent2

Angelina Jolie plays the character of Maleficent and not only does she look amazing, but her voice is also very clear, easy to understand and great for practicing your listening skills! Here are a few of my favourite lines from the movie. Try to use them in your own conversations – it’s fun!
アンジェリーナ・ジョリーがマレフィセントを演じており、彼女は素晴らしいだけでなく声がとてもクリアで理解しやすく、リスニングの勉強には最適です! 下記はこの映画の中に出てきた、僕のお気に入りのセリフです。 是非、みなさんも会話の中で使ってみてください。楽しいですよ!

-“Well, well..”
= we often say this in English when we have caught someone doing something that they shouldn’t be doing
(この英語は、やってはいけないことをしている誰かを、捕まえた時に使います。)

- “Go no further!”
= we can say this when we want someone to stop moving towards us
(これは、こっちに向かって来ている人に対して、止まって欲しい時に使えます。)

-“I feel sorry for (it/you/him/her..)”
= we say this when we feel bad about something or someone
(誰かや何かに対して、悪く思う、かわいそうに思う時に使います。)

Do you remember any other lines from the movie? Let’s have some fun in your next lesson practicing them!
映画に出てきた他のセリフで、みなさんが覚えているものはありますか?
次回のレッスンで、これらを使って楽しみましょう!
Thanks!

Patrick





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


映画で学ぶ英会話 の一覧