ジュリー&ジュリア“Julie & Julia”

ジュリー&ジュリア 英語

60年代に出版したフランス料理本「Mastering the Art of French Cooking」で人気となった伝説の料理研究家ジュリア・チャイルド(Julia Child)と、彼女の料理本に登場する524レシピを1年にわたって毎日作り続け、ブログに綴ると決めた現代のOLジュリー・パウエル(Julie Pawel)。

2つの時代を超えた実話が同時進行していきます。悩める2人の女性の人生が料理を介し時を越えて重なり合う様子をハートフルに描いた作品です。

◆The story of “Julie & Julia”◆ – 映画ジュリー&ジュリアのストーリー

1949年。外交官の夫ポールと共にパリにやって来たアメリカ人主婦、ジュリア。

もともと好奇心旺盛で食べることが大好きなジュリアだったが、パリでは料理が芸術であることにいたく感銘を受け、名門料理学校ル・コルドン・ブルーの、それもプロ養成クラスに通うことを決意。

学校では料理をとことん探求するジュリア。
やがてフランス料理のレシピ本執筆に情熱を注いでいく―

時は流れ現代のニューヨーク。作家になる夢を持ちながらも現状に満たされないものを感じ、「人生を変えたい」と思っているOL、ジュリー・パウエル。

そんな彼女が思いついたのは、ジュリアの524レシピを 365日ですべて作り上げ、毎日ブログにアップすること。
理解ある夫エリックの協力もあり、試行錯誤を繰り返しながらも悪戦苦闘するジュリーのブログはいつしか大評判に・・・

◆One Point Phrase from “Julie & Julia”◆ – 映画ジュリー&ジュリアのワンポイント英会話

“cats and dogs” 「土砂降りの雨」
細かいシチュエーションは内緒にしておきますが、ある電話でのジュリーのひとことです。

◎ It’s raining (like) cats and dogs
「猫と犬が激しく喧嘩しているようにうるさい=雨音が激しい」という意味からきているそうです。

ちょっと古い慣用表現なので、今はシンプルに

◎ It’s raining heavily. や it’s raining very hard.

または

◎ It’s pouring (down).

のほうが多いですね。

イディオムっぽく表現したいときには、

◎ It’s raining buckets. などと言うこともできますよ。

マメ知識として知っておくと、会話のきっかけになるかもしれませんね。

生きることに一生懸命な二人とそれぞれを支える夫の優しさ。

中でも

You are the butter to my bread the breath to my life.

という愛のいっぱい詰まった台詞に、心が暖かくなる映画でした。

丁寧に時間をかけて料理をすること・・・

幸せな人生の過ごし方ですね。

今年こそ話せない私にさよなら!
b New Year

コース内容及び料金イメージはこちらからダウンロードが可能です
英会話超初心者脱出資料請求





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


映画で学ぶ英会話 の一覧