コラライン(”Coraline”)

 映画で学ぶ英会話・映画表現

 

details_Coraline_MTI.jpg

 

Hi b members!

bのみんな、こんにちは!

 

 

Mike here. This year I went to see a really cool animated movie back in the
UK called ‘Coraline’.

マイクだよ。僕は今年イギリスで、『コラライン』というすっごく面白いアニメ映画を見たんだ。

 

 

‘Coraline’ is a stop-motion animated film based on the novel ‘Coraline’ by
Neil Gaiman, and it is similar to the style used in ‘The Nightmare Before
Christmas’ – I’m sure that you have all heard of this movie as I know that
it’s huge in Japan! ‘Coraline’ has been a huge hit in the UK and America
and has received rave review, one source gave it an 88% rating! The films
features the voices of Dakota Fanning (I am Sam, War of the Worlds) as
Coraline , Teri Hatcher (Desperate Housewives) as the Other Mother/
Coraline’s mother, Dawn French (Harry Potter and the Prisoner of
Azkaban/The Chronicles of Narnia: The Lion the Witch and the Wardrobe) and
Jennifer Saunders (Shrek 2) as Ms. Spink and Ms. Forcible and Ian McShane
(The Golden Compass) as Mr. Bobinsky.

『コラライン』は、『コララインとボタンの魔女』というニール・ゲイマンの小説を元にしたストップ・モーション・アニメーション(コマ撮りした映像をつなぎ合わせたアニメーション)映画で、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』と似たスタイルの映画なんだ。 この『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』は日本でも大人気だった映画だからきっと皆も知ってるよね。『コラライン』はイギリスやアメリカで大ヒットして、映画関係者からも大絶賛されたんだ
。この映画には、コラライン役で『I am Sam』や『War of the Worlds』に出ていたダコタ・ファニング、コララインの母親や他の母親役として『デスパレートな妻たち』のテリー・ハッチャー、『ハリーポッターとアズカバンの囚人』や『ナルニア国物語~ライオンと魔女~』のドーン・フレンチと『シュレック2』のジェニファー・サウンダースがスピンク役やフォーシブル役で、そしてボビンスキー役では『ライラの冒険 黄金の羅針盤』のイアン・マクシェーンが声優として出演しているんだよ。

 

 

Coraline – The Story
Coraline Jones, a young and inquisitive girl with short, blue hair, moves
to a small, rural apartment called ‘The Pink Palace’ with her mother and
father. Although she is excited and curious about her new home she feels
largely rejected and isolated by her parents who are too busy with their
work to spend real time with their daughter. In an effort to curtail
her boredom, Coraline sets off to explore her surroundings and on the way
befriends an unusual boy named ‘Wybie’ with whom she quickly forms a
‘love-hate’ relationship. Also, she meets her neighbours two retired
actresses, Ms. Spink and Ms. Forcible, who live together with their doted
upon dogs, Mr. Bobinsky – an eccentric Russian ex-acrobat who claims to be
training mice to play music and dance in his amazing circus, and a nameless
black cat.

コラライン・ジョーンズは青くて短い髪をした好奇心旺盛な少女。両親と一緒に"The Pink Palace"と呼ばれる小さな田舎のアパートに引っ越してきた。彼女は新しい家に興味深々でワクワクしていたが、仕事で忙しく、娘との時間を過ごすことができない両親に対して、孤独を感じていた。

 

 

During her adventures Coraline discovers a magical door hidden away in one of the walls of her apartment. The door opens to a passageway which leads to the ‘other world’. In this ‘other world’ things are mirrored to Coraline’s own world (her apartment is exactly the same) except that it is
much more cheerful and warmer than her own. In this world she meets her ‘Other Mother’ and ‘Other Father’ who look exactly the same as her real parents except that they have buttons sewn into their eyes. These other parents dote on Coraline and are much kinder to her – singing songs,
enjoying delicious food and playing games with their ‘daughter’. Although, when Coraline goes to bed in the ‘other world’ she awakens back in her own world.

コララインが家中を探検していると、一箇所の壁に魔法のドアが隠されているのを発見した。そのドアは“別の世界”へと導く廊下に通じていた。この”別の世界”は、アパートも彼女のアパートと全く同じで、より陽気で暖かいことを除けば、コララインの本当の世界とそっくりだった。この”別の世界“で、彼女は” 別の母親”と“別の父親”に会う。彼らがボタンでできた目を持つことを除けば本当の世界のコララインの両親とそっくりだったのだ。“別の世界”の両親は、コララインを溺愛し、歌を歌ったり、美味しい食事を楽しんだり、ゲームをしたりと、本当の両親よりもとっても優しかった。でも、コララインが“別の世界” で眠りにつき、次に目覚めたときは本当の世界に戻ってしまっていた。

 

 

After many attempts to convince her real parents about the existence of the ‘other world’ Coraline returns to her room dejected. However, at night time the door opens again and Coraline returns each night to the other world to enjoy adventures with her other parents, watch a theatre performance by the ‘other Ms. Spink and Ms. Forcible’ and to see the ‘other Mr. Bobinsky’s’ amazing mouse circus.

コララインは、“別の世界”での出来事を本当の両親に信じてもらえるよう何度も話したがうまくいかなかった。彼女はがっかりして自分の部屋に戻っていった。しかしその夜、魔法のドアが再び開き、コララインは毎晩“別の世界”で“別の両親”と、“別のスピンクさんとフォーシブルさん”の演劇を観たり、“別のボビンスキーさん”の素晴らしいネズミのサーカスを見たりして冒険を楽しんだ。

 

 

Coraline enjoys spending time in the ‘other world’ so much that she asks her ‘other mother’ if she can stay. Delighted, her ‘other mother’ agrees but only on the condition that Coraline sews buttons into her eyes. Scared, Coraline tries to escape but is stopped by her ‘other mother’! It is then that Coraline realises that the ‘other world’ is not as nice as it seems and her real adventure to escape her terrifying prison begins…

コララインは“別の母親”にずっとここにいたいとお願いするほど“別の世界”での時間を楽しんでいた。うれしいことに、“別の母親”はずっといてもいいと言ってくれたが、ただ一つ条件があった。それは、コララインが目にボタンを縫い付けることだった!怖くなったコララインは逃げようとするが“別の母親”に止められてしまう。コララインはようやくこの“別の世界”が思っていたよりもいい世界ではないことに気づき、この恐ろしい世界から逃げ出す本当の冒険が始まるのであった。。。

 

 

 

‘Coraline’ Review:
My first impression of ‘Coraline’ is that it is an amazingly put together film. The colours are vivid and really bring the characters to life and (in the case of the 3D version) literally off the screen! I went to see this movie with my sister in 3D and we were astounded by the quality of the effects – we literally felt like we were in the movie! I read that years of effort went into the making of this film and you can certainly see that when you watch it. Small things like the way Coraline purses her lips when she is thinking to the subtle insect-like movements of the ‘other mother’s’ limbs. If you are not blown away like I was at the animation you will certainly be sucked in by the clever story. Neil Gaiman put a lot of thought and imagination into this movie, and in some ways I see it paralleling some of the great stories like ‘Alice in Wonderland’ and ‘Hansel and Gretel’.

僕の『コラライン』を観た第一印象は、驚くほどよくできた映画というものだったよ。鮮やかな彩色、登場人物たちは活き活きとし、3D版ではまさにスクリーンから飛び出してきそうだった。
僕は妹とこの3D版を観にに行ったけど、僕らがまるで映画の中にいるように感じるほど質の高さにびっくりしたんだ。

 

 

 

However, ‘Coraline’ is not just a pretty movie. Some scenes in the film are a little scary and, although I was not bothered by them, some very small children may find them a little creepy. That is not to say that this is a horror movie (it’s definitely not!) but it is much darker and deals with stronger themes than it’s cousin, ‘The Nightmare Before Christmas’.

しかも、『コラライン』はただの可愛い映画じゃないんだ。映画の中には少し怖いシーンもあるし、僕は大丈夫だったけど、小さい子供には気持ち悪いって思っちゃうかもしれないな。この映画がホラー映画だって言うつもりはないんだけど(絶対にホラーではないよ!)、全体的に暗いし、同様の『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』よりももっと濃い内容なんだ。

 

 

All in all I’d give this movie 4 out of 5 for a brilliant piece of art but being a little heavy going for the smaller kids. If you enjoy beautiful animation, a heart pounding story line or if you just want to feel like a child again go and see ‘Coraline’ when it is released in Japan soon – you won’t be disappointed!

全体的にみても、小さい子供と観にいくことは少し難しいこと以外は、素晴らしい芸術作品だから僕は5点のうち4点の評価をするよ。もし皆が美しいアニメーションや心を打つストーリー、それか子供の頃に戻ったように気分に浸りたかったら、日本で公開された時は是非『コラライン』を観に行ってね。
絶対にがっかりしないから!

 

 

 

Inside scoop

Apparently ‘Coraline’ involved the efforts of over 450 people in order to
bring the movie to life, one person was even hired to knit the character’s
individual pieces of clothing needles as thin as a strand of human hair!

なんと『コラライン』を映像化するために450人以上の努力があったんだ。
ある人は、人毛と同じくらい細い針で登場人物の服を編むだけのために
雇われたんだ!

 

One Point English Lesson

To have a thing for something

”~が好きだ、~が好きでたまらない”

 

In this scene the black cat is giving Coraline some advice about escaping
from the ‘other mother’:

このシーンで黒猫がコララインに、「別のお母さん」から逃げるためのアドバイスをするんだ。

 

Cat: You realise you're going right into her trap.

(君は彼女の罠にはまっているって気がついているはずだ。)

Coraline: They're my parents!

(あの人たちはわたしの両親よ!)

Cat: Challenge her, then! She has a ‘thing’ for games. She won't be able to
resist.

(彼女に挑むんだ!彼女はゲームが大好きで我慢できないんだ。)

 

have a thing for ~ I am obsessed by/ I really enjoy doing something.

"have a thing for"は「~に取り付かれている」、「~をすることが大好き」という意味だよ。

 

When you enjoy an activity, or if you have a particular hobby that you do a
lot we can use the expression I have a thing for. In the above quote, the
black cat that ‘She (‘the other mother’) has a thing for games’ – this
means that she can’t resist playing games and likes them very much.

何かをすることを楽しむときや特別な趣味を持っているときは、"I have a thing for"の表現を使うことが出来るよ。
上記の引用文”She(別のお母さん)has a thing for games"は「彼女はゲームをすることが大好きで我慢できない」という意味になるんだ。

 

I really enjoy photography and eating sashimi with lots of wasabi, so I
might say something like:

僕は写真と、沢山のワサビと一緒に刺身を食べることが大好きだから、
こんな風に言えるよ。

‘I have a thing for photography. I spend a lot of time taking photos around
Japan’.

(僕は写真が大好きだ。僕は日本のあちこちで沢山の時を写真を撮って過ごします。)

‘I don’t know why but I just have a thing for putting lots of wasabi on my
sashimi.’

(なぜか分からないけど、刺身に沢山のワサビをつけて食べるのが大好きなんだ。)

 

What do you have a thing for?Thanks for reading my movie blog and I hope you enjoy watching ‘Coraline’
soon!

皆には大好きなことがあるかい?
僕の映画ブログを読んでくれてどうもありがとう!是非『コラライン』を楽しんでね!

 

 

Mike





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


映画で学ぶ英会話 の一覧