“to” or “~ing”(慣れたもの勝ち!たくさん使ってモノにして)

toとingの使い分け

                           
●o。.○o。  "to" or "~ing"   o○.。o●

                           
(慣れたもの勝ち!たくさん使ってモノにして)

 

こんにちは!Kayです!
涼しくなってくると、何事にも集中しやすいですよね!
まさに学びの秋!私は英語の本にチャレンジしようと思ってます☆
さて、今回は知ってて安心の目的語を「to」にするか、「ing」にするかのお話です☆
覚えてしまえば簡単だけど、ルールがないので、会話をする中で、覚えていくしか
ありません!
なので、今回は例文を多めに載せてみますね。
ちょっと長文になりますが、例文を元に身近なシュチエーションに置き換えて使ってみてください。

ではスタートです。

 

「私はお料理が好きです。」という時、

"I like cooking."

"I like to cook."

どちらも言うことが出来ますね。
この、「料理が好き」の2つの例文で使われている動詞の「like」の場合、
ingとtoを両方使えて、意味も同じなので良いのですが、
動詞によってはとどっちを使えば良いかわからなかったり、
思い切って言ってみると違う意味だったり・・・ということがKayもたびたびあります。。。

 

ここでアタマの整理をしてみましょう!
まず、下の例文を読む前に、こんなパターンがある!ということを覚えておいてくださいね。

 

1. 後にくる目的語を~ingにしなければいけないケース

2. 目的語をto~としなければいけないケース

3. 「ing」か「to」どちらでも文法的にはOKでも意味が異なるケース

4. 「ing」か「to」のどちらも文法的にはOKで意味も一緒のケース(冒頭の「like」はこれです。)

では、読み進めてみましょう!!

 

—————————————————————————————–

1. 後にくる目的語を必ず~ingにしなければいけないケース
—————————————————————————————–

 Judith: Would you "mind" OPENING the window?

Kay: No. Please open the window.
I was just going to air out this room.

 

ジュディス: 窓を開けても平気?

ケイ: うん、ぜひ開けて!
この部屋の空気を入れ替えようしてたところだったの。

 

この例で、「opening」を「to open」とすることはできません。

このように後ろにingの形をとる動詞をいくつか紹介します。

enjoy, practiceなどはよく使うので、おなじみですね。

◎I "enjoy" PLAYING sports.

(私はスポーツを楽しみます。)

◎I "practice" SPEAKING English.

(私は英語を話す練習します。)

◎Kay "tries" to avoid BEING fat!

(ケイは太らないようにしている!)

◎Kay can't "imagine" LIVING without music!

(ケイは音楽のない生活なんて考えられない)

 

その他、escape「逃げる」, give up「諦める」, suggest「提案する」,
put off「延期する」, admit「認める」, delay「遅らせる」
などの単語の後はingが来ますよ!

 

—————————————————————————————–

2. 目的語をto~としなければいけないケース

—————————————————————————————–

Kay: Hey Thomas, Are you OK? You don't look well!

Thomas: Hi Kay, I'm alright..I "asked" Linda TO SEE a movie together
but she "refused" TO GO on a date with me!

Kay: Oh, that's sad….

 

ケイ: トーマス!大丈夫?顔色悪いけど!

トーマス: あぁ、ケイ。大丈夫・・・リンダを映画に誘ったんだけど、
彼女僕とデートすることを拒んだんだよ。

ケイ: うわ、かわいそう・・・

 

この例では、askやrefuseのあとをing形にすると間違いです。
このように後にtoしか使えない動詞があります。
hopeやwantは自然に覚えてしまっていておなじみではないでしょうか?

 

◎Kay "hopes" TO SEE her friend in NY soon.

(ケイは近いうちにニューヨークの友達に会えればと思う。)

◎Thomas still "wants" TO GO on a date with Linda.

(トーマスは依然リンダとデートしたい。)

◎She "failed" TO ARRIVE at the airport in time.

(彼女は空港への到着が間に合わなかった。)

◎I didn't "mean" TO SURPRISE you.

(君を驚かせるつもりはなかったんだ。)

その他、expect「期待する」, agree「同意する」, offer「申し出る」,
pretend「ふりをする」, promise「約束する」, plan「企画する」
などの単語の後は、TO DOの形になります!

 

—————————————————————————————–

3. 「ing」か「to」どちらでも文法的にはOKでも意味が異なるケース
—————————————————————————————–

違いをみてみましょう。

【remember】

Do you "remember" to hand in the documents?

その書類を提出「する」のを覚えていますか?

Do you "remember" handing in the documents?

その書類を提出「した」ことを覚えていますか?

 

【forget】

 I "forget" to bring souvenirs from Hawaii.

ハワイからのお土産を「持ってくる」のを忘れている。

I "forget" bringing souvenirs from Hawaii.

ハワイからのお土産を「持ってきた」のを忘れている。

 

【regret】

I "regret" to say goodbye to him.

残念だけれど、「彼に別れを告げなければならない。

I "regret" saying goodbye to him.

彼に別れを告げたことを後悔する。

 

【stop】

I "stopped" to drink coffee.

コーヒーを飲む為に立ち止まった。

I "stopped" drinking coffee.

コーヒーを飲むのを止めた。

 

【try】

I "try" to touch the big dog.

その大きい犬に触ろうとがんばる。

I "try" touching the big dog.

試しにその大きい犬に触ってみる。

 

 

このように自分に置き換えて例文を作ってみると分かりやすいですよ☆

ちなみにremember, forget, regretは
toだと未来について
ingだと過去について
述べています☆
これでかなりクリアになりましたね!
でも、toにするかingにするかは、ルールはありません!!
前にある動詞を見て判断するしかないので、覚えるしかないです!!
是非使いこなしてみてください♪

bのデザイナー兼、元、コンシェルジュだったKumin曰く、
「ingかtoで分からなくなったら・・・・一か八かで言ってます!!」ということでした(笑)。
皆さまはそんなことのないように!!

 

 

 

コース内容及び料金イメージはこちらからダウンロードが可能です
英会話超初心者脱出資料請求

‥・・・☆ bの体験レッスンのお申し込みはコチラ ☆・・・‥
英会話超初心者脱出体験レッスン

↓↓今回のエントリが参考になったなと思ったら是非、コメントか「いいね!」をお願いしますね!↓↓





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


恋と仕事に効く英語:News Letter の一覧