初心者はこれで十分!自己紹介を英語でしてみよう!(英語フレーズ例文付き)

初心者はこれで十分!自己紹介を英語でしてみよう!(英語フレーズ付き)

・自己紹介のときの挨拶って英語でどのように伝えればよいの?
・自己紹介で自分の名前・出身地・仕事などなんて言ったらいい?
・とにかく英語で自己紹介ってなに話せばいいんだろう?

こんな悩みはございませんか?

英語で自己紹介はできますか?
自分のことを話すのって意外と難しいですよね。

自己紹介を英語で言えるようになっておくと、外国人とコミュニケーションを取る際のきっかけにもなってとても便利です!

そしてお仕事で取引先の外国人に挨拶するとき、英語でのインタビューや、お仕事以外でも、外国人のお友達と初めて会うときなど、使える場面はたくさんあります!

自己紹介英語は覚えといて損はないですよ!

今回の記事では、これさえ知っておけば英語でバッチリ!な自己紹介をまとめました。
一般的に使われるものから、少しビジネスのような場で使われるものまで、英語での自己紹介の例文を織り交ぜて解説します。

Suzy
こんにちはSuzyです!
現在「b わたしの英会話」で語学カウンセラーとして勤務しています。
自分自身のカナダ留学の経験を活かし、英会話を始めたいと思っているたくさんのお客さまへアドバイスをして来ました!

英語で自己紹介のおすすめフレーズ

おすすめの英語での自己紹介フレーズ

それではまず、英語で自己紹介するときのおすすめフレーズをご紹介していきます。

英語で自己紹介1:挨拶するとき

初対面の場合はまず、挨拶から入りましょう。

Hi, nice to meet you.
こんにちは。はじめまして。

上の英文はカジュアルな表現になるので、もう少し改まった言い方だとこのようになります。

Hello, it‘s nice to meet you.
こんにちは。はじめまして。

「こんにちは」といえば「Hello」を思い浮かべる方が多いと思いますが、少し固い表現なのでカジュアルな場面では「Hi」で十分です。

また「Nice to meet you.」に「It‘s」をつけて「It’s nice to meet you.」というと少し丁寧な言い方になります。

さらに丁寧な言い方をしたいときは、このように言ってみてください。

It’s pleasure to meet you.
お会いできて嬉しいです。

挨拶が終わったらいよいよ自己紹介ですね!

いきなり始めてもいいですが、前置きをしてから自己紹介に移っても◎です。

Let‘s me introduce myself (,please).
自己紹介をさせてください。

英語で自己紹介2:名前(ニックネーム)を伝えるとき

まずは自己紹介の基本で、自分の名前を相手に伝えてみましょう!

I’m ○○. Nice to meet you!
私の名前は○○よ。初めまして!

ネイティブが自分の名前を相手に伝える表現として最も使われる言い回しです。

もしフォーマルに言いたいときは

My name is (名前)(苗字). Nice to meet you!
私の名前は○○です。初めまして!

ここでニックネームや呼んで欲しいも呼び名も伝えられると尚良いです!

英語圏では初対面でもファーストネームや愛称で呼び合うことが多いため、呼んでほしい名前を伝えると距離が縮まります。

特に日本の名前は海外の方にとって発音しにくい場合もあるので、ニックネームを伝えておくといいです。

You can call me ○○. または Please call me ○○.
○○と呼んでください。

My name is ○○. Please call me □□.
私の名前は○○です。□□と呼んでください。

I‘m ○○. Just call me □□.
○○です。ただ□□と呼んでください。

英語で自己紹介3:出身地を伝えるとき

次に自己紹介で出身地を伝えるときです。

初めて会ったときは日本人も相手の出身地を聞くと思いますが、欧米でも同じです!

I’m from ○○.
私は○○出身です。

こちらのような言い方もできます。

I was born in ○○.
○○で生まれました。

I live in ○○.
○○に住んでいます。

ちなみに日本の都道府県を伝えたいときは、「都道府県+Japanと」いうのが一般的です。

さらに日本の地名をあまり知らない相手には、日本のどのあたりなのか説明すると親切です。

I‘m from Aichi, Japan.
私は日本の愛知県出身です。

I’m from Miyagi in the northeast of Japan.
私は日本の東北の宮城出身です。

また出身地を伝えるときは「I‘m from ~.」を使うのが一般的ですが、生まれた場所や育った場所を言っても良いです。

I was born in Tokyo,
私は東京で生まれました。

I was raised in Hokkaido.
私は北海道で育ちました。

I grew up in Osaka.
私は大阪で育ちました。

逆に相手の出身地を聞きたいときは、こちらのようなフレーズを使ってみてください。

A:Where are you from?
A:どこ出身ですか?

B:I’m from Tokyo. How about you?
B:東京です。あなたは?

英語で自己紹介4:職業を伝えるとき

続いて自己紹介で職業を伝える場面を考えてみましょう。

職業を説明する表現はたくさんあります。
働いている場所や職種を言ったり「financial industry(金融業界)」、「education industry(教育業界)」のように業界で言ってもOKです。

I’m a/an ○○(職業).
私は○○です。

I’m working as a/an ○○(職業/ポジション).
私は○○として働いています。

I work at ○○(職場).
○○で働いています。

相手の職業を尋ねたいときは、こちらのフレーズを使ってみましょう。

A:What do you do?
A:仕事は何していますか?

B:I’m an English teacher.
B:私は英語の先生です。

英語で自己紹介5:趣味を伝えるとき

次に趣味も言ってみましょう!
相手と共通の趣味なら、より仲良くなれるチャンスです!

「趣味=hobby」と思ってしまいがちですが、「hobby」はいわゆる日本語の趣味とはニュアンスが違い、専門的なスキルや知識が必要な趣味を意味します。

そのため「My hobby is ~.」よりもシンプルに「I like ~」を使うようにしましょう!

I like ○○ (動詞ing形).
I like to ○○(動詞の原型).
○○をするのが好きです。

また「I‘m interested in ~.(~に興味がある)」を使って趣味を伝えても良いです。

I‘m interested in ○○.
○○が趣味です。

相手の趣味を聞きたいときは、こちらのフレーズで質問してみてください。

A:What do you usually like to do?
A:普段は、何をするのが好きですか?

B:I like to watch movies. What about you?
B:映画を見るのが好きです。あなたは?

そのほかに「I often」を使うこともよくあります。
「often」は「よく、頻繁に」という意味なので「好きなこと」というニュアンスで、ネイティブがよく使います。

I often ○○.
私はよく○○をします。

例えば、このような会話になりますね!

A:What do you like to do in your free time?
暇な時は何をするのが好きですか?

B:I often listen to music. I love Rock music.
音楽を聴きます。私はロックミュージックが大好きです。

英語で自己紹介6:家族構成を伝えるとき

次に家族についてです。
家族の話をすると相手に親しみを持てたりするので、とても好印象です!

There are four people in my family.
うちには、4人の家族が居ます。

相手に家族構成を質問したいときは、こちらのフレーズが使えますね!

A:How many people do you have in your family?
A:何人家族ですか?

B:There are four people in my family. My husband, two daughters, and me.
B:4人の家族です。夫と、2人の娘と、私です。

注意!英語で「年齢」を聞くのはタブーなケースあり!

注意!

英語で「年齢」を聞くのはタブーなケースあり!
さて、日本人が自己紹介で言いがちな《年齢》ですが、実は要注意が必要です!

時と場合にもよりますが、日本人はあまり深く考えずに相手の年齢を聞いていますよね?

ですが、欧米だと一般的に他人に年齢を聞くことはあまり歓迎されません。

私がカナダに留学していたとき、自己紹介の際に自分の年齢を伝えたら「年齢は言う必要ないよ!」とアメリカ人の男性の先生に言われたことがありました。

「なんで?」と聞くと「年齢を知る必要がないだろ?」と、そして「年齢を聞くことは時に失礼になるから気をつけてね!」と教えてもらいました。

特に男性が女性に年齢を聞くと言う行為に対して、欧米は日本以上に非常に厳しい目で見られる可能性もあるらしいです。

なので男性の方は特に注意して質問をするように心がけましょう!

自分から年齢を伝える事はそこまで問題はないと思いますが、言わなきゃいけない場面じゃなければ、自己紹介で年齢を伝える必要もありません!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これさえ知っておけばバッチリ!な自己紹介英語をご紹介して頂きましたが、色々なフレーズを使って自分の事を伝えることが出来ますよね!

もちろんここにのっているフレーズ以外にも、自己紹介で使う英語フレーズはたくさんあります。

自己紹介って少し緊張してドキドキしてしまいますが、恥ずかしがらず、相手や場面に応じてぜひ実践してみてくださいね。

自己紹介が出来るようなれば、あなたも英語に対してより自信がついてくるはずですよ!

Suzy

英語を話せるようになりたい方へ

当ブログは「b わたしの英会話」が運営しています。

「b わたしの英会話」では、まずは独学をキッカケにスタートしてその後、しっかりと学びたい!ということで、通いはじめるお客様は多くいらっしゃいます。

特に、私たちのスクールでは毎回のレッスンで学んだ単語やフレーズを「レッスンレコード」というオンラインノートに毎回記帳します。クラスの中で、自分にあった単語やフレーズを使った文章を作ってもらって、それを自分の台本代わりにすれば、会話の上達速度も圧倒的に早くなるのでおすすめですよ。

もし、同じように独学に限界を感じ始めている方は体験レッスンで雰囲気を見てみるといいと思いますよ。初回は無料で受けられますので、まずは、雰囲気を見てみたい方にもオススメです。

また、今はまだ体験レッスンは早いかなぁ・・・・。
そんな方は、資料請求だけしておくと後で様々なキャンペーンの特典などありますのでおすすめです。

コース内容及び料金イメージはこちらからダウンロードが可能です
英会話超初心者脱出資料請求

また、当面はオンラインで英語学習をしてみたい。
そんな方のための「わたしのオンライン」コースもおすすめです!
初月わずか550円ではじめられるので、まずはお試し!

b わたしの英会話が運営する恋と仕事に効く英語執筆チームです。スクールで勤務するカウンセラー、外国人講師、そして、その他スタッフがお客様サポートを通じて「あ、このフレーズ使える!」「これって英語でなんていうんだろう?」と疑問に思ったことを記事を通じて解説しています。





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


初心者向けの英会話 の一覧