英語で「ちょっと待って!」

待ってるコアラ

明けましておめでとうございます!
まだまだお正月気分、と思いたいところですが、1月もまもなく後半戦に突入ですね!

年末は忘年会、年始は新年会の時期です!
Riccoも先日、新年会に誘われたのですが、お誘いが数件あり、スケジュールが分からないため…友人に「ちょっと待って!」と、かなり言っておりました(笑)

そこで、今回は「待って」とお願いするときのフレーズをご紹介したいと思います!

数人のレッスンパートナーにフレーズや表現方法を聞いたのですが、
今からご紹介するものを覚えておけば、大丈夫!というほど代表的な言い方だそうです!

これで大丈夫!英語で「ちょっと待って!」

◆ Hold up/Wait up!
→「ちょっと待って!」という、家族や友人同士で使うカジュアルな表現です! 

e.g>>
Jocelyn: Hey, We have a new year’s party next Friday night. Can you come?
(ねぇ、来週の金曜日に新年会があるんだけど、これる?)
Ricco. I really want to go! Oh, hold up! Let me check my schedule.
(すっごい行きたい!あ、ちょっと待って!スケジュール確認させて。)

※ちょっと待っては下記にも出てくるhold onの方が使い慣れてる方もいるかもしれません。
逆に、Hold Upはギャングが「手を挙げろ!」というニュアンスで映画などでも出てくる表現ですが、こういう使い方もあるのですね。

“hold up” : to ask someone to stop and wait for the speaker to catch up; to wait up
“hold on’” : to stay on the line; to hold on to something like a handrail to protect oneself

◆ Give me a second/Give me a minute.
→友人や同僚など、幅広く使えます。レッスンパートナーのJoseph曰く「Bossには使わない方がいい」とのことです(笑)
secondは秒、minuteは分という意味なので、「少し」と表現できます。

e.g>>
Meggem:Can I ask you about a lesson right now? 
(今、レッスンについて聞いても大丈夫?)
Joseph:Okay! But give me a second to put things away!
(うん! でも、ちょっとブース片付けるから待ってね!)

※ put away:~を片付ける、しまう
◆ Please wait a moment/Please wait a sec(secondの略)
「少々お待ちください」
→敬語を使いたい、でもかしこまりたくない!そんな場面で使える表現です
Pleaseを付ける事で丁寧な印象を与えることができますね☆

e.g>>
Ricco:This jacket is very nice.
(このジャケット素敵ですね)
Shop staff:This is on sale.
(こちらは今セールなんですよ)
Ricco:Do you have a larger size?
(一つ上のサイズはありますか?)
Shop staff:Sure! Please wait a moment.
(もちろん、少々お待ち下さい)

☆ホテルや祭事など、丁寧さを求められるシチュエーションの場合☆
・Could you please wait a moment?→「少々お待ち頂けますでしょうか。」
could you は、丁寧に物事をお願いしたいときに使える表現です! そこにpleaseも付いているので、かなり丁寧な印象になりますよ。

◆Hang on.
→Hangは「垂れ下がる、掛かる」という意味ですが、onと一緒に使うと「つかまる、しがみつく、放さない」という意味になります。そこから転じて、(放れられないから)「ちょっと待って!」となります! 

☆ Hang on a sec.☆
hang on にも「a sec」を付けることができます!意味は同じですが、より口語的になります。LINEのスタンプでも、hang on a secというスタンプがあったりと、日常的に使われているフレーズですよ! 主に親しい関係で使われる表現です。

e.g>>
Aaron:Do you understand this Grammar?
(この文法は分かった?)
Ricco:Hang on. …Okay. Please explain to me one more time!
(ちょっとまってね。うん。もう一回説明をお願いします!)
Aaron:Of course.
(もちろん、いいよ)

【電話編】
相手に待って欲しい場面といえば、電話も多いですよね。学生のときに、電話のときは少し表現が異なる、と学んだけど、実際は何て言ったらいいの?というお声良くききます。
そんなときは、こちらの3つが役立ちますよ☆

①Hold on, please.「少々お待ち下さい」
→これは耳にした方も多いはず! 代表的に使われる表現です。

②Stay on the line.「このままお待ち下さい」
→お電話切らずに、このままで、という念押しとしても使える一言!

e.g>>
Ricco:Hello. This is Ricco from ABC company. I’d like to speak to Mr. Smith,
(こんにちは。ABC会社のRiccoです。スミスさんとお話したいのですが)
Staff:Hold on, please. (Please stay on the line.) I’ll get him for you.
(少々お待ち下さい。ただいまお繋ぎ致します)
………
Staff:Thank you for waiting. He’s away from his desk right now.
He should be back in one hour.
(お待たせいたしました。スミスはただいま席をはずしております。1時間ほどで戻って参ります)

【ONE MORE】
レッスンパートナーのMichaelがオススメの2つを教えてくれました♪

★pleaseの位置で印象が変わる?★

・Please, wait→ちょっと待って
・Wait, please→待ってよ~!

Pleaseの位置を後ろにすることで、印象が変わります! 少し可愛い言い方になりますよ。ポイントはPleaseを「プリ~ズ!」と少し伸ばすことだそうです!!

★馬を追いかける?★
・ Hold your horses! 
直訳:馬を捕まえろ!から転じて、「ちょっと待って」と意味になったそうです。
(馬を追いかける→馬に待って欲しい→待ってください)
日本でも「どうどうどう!」などど動物などを落ち着かせるときありますよね?

この表現は都会っぽくなく、少し田舎かな?という印象らしいです。馬の居ないNew Yorkではいわないそうですが、Michaelの出身地、Delaware では普通に言うそうです(笑)。

いかがでしたか?
レッスンでも使えるフレーズだと思います! もちろん日常でも仕事で待って欲しいときなど、たくさんありますよね。便利な言葉なので、いざというときに使えるよう練習してみて下さいね!

待ってるコアラ

↓↓今回のエントリが参考になったなと思ったら是非、コメントか「いいね!」をお願いしますね!↓↓

2016年!今年こそ話せない私にさよなら!
b New Year

コース内容及び料金イメージはこちらからダウンロードが可能です
英会話超初心者脱出資料請求





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


恋と仕事に効く英語:News Letter の一覧