目的地「~行き」のForとToの違いは?!

goldenweek.jpg
皆さまこんにちは!
4月も終盤にさしかかり、だいぶ暖かくなってきましたが、
いかがお過ごしでしょうか?
歩くの大好き♪なPockyにとっては、外も薄着で出歩ける気持ちの良いこの季節に、心
もうきうきしてしちゃってます!
もうすぐGWということで、なかには連休を利用して旅行を計画している方も
いらっしゃるのではないでしょうか?
さて、旅行といえばたいてい飛行機や電車、バスなどの交通機関を利用しますよね。
交通機関を利用するときに必ず目にする、またアナウンスで耳にする「~行き」の英
語表現があります。
たとえば・・・
◆flight 205 from Narita to London
「成田発 203 便のロンドン行き」
◆This train bound for Tokyo.
「この電車は東京行きです」
お気づきでしょうか?
同じ「~行き」という表現なのに、「to」と「for」2種類の前置詞が使われていま
す。
この二つに違いがあるのか、はたまたどちらを使っても同じなのか…
皆様おわかりになりますか?
実はこの「to」と「for」、ちゃんと理由があって使い分けられているのです。
その理由は前置詞「for」と「to」の基本イメージを理解すると見えてきます。
まず…
「for」は「方向」を示し、「到達する」という意味を含みません。
例)Belle is leaving for London.「ベルはロンドンに向かいます。」
この場合だと、ベルの最終目的地はロンドンではありますが
直接行くかはわからないというニュアンスとなります。
一方…
「to」は「方向」だけでなく、「到達する」意味も含みます。
例)Belle is going to London.「ベルはロンドンに行きます。」
この場合では、ベルは直接ロンドンに行くということを表します。
つまり、この「到達」を含むか含まないかが「to」と「for」の大きな違いといえま
す。
ちなみに普段利用するバスや電車の「~行き」の英語表記は「to」ではなく「for」で
表記されていますね。
これは乗客の目的地が必ずしも終点の駅とは限らないから。
単に目的地の方に向かうバスや電車に乗っているだけなので、終点までかもしれない
し、途中で下車するかもしれないこの場合の「~行き」は「for」で表現されます。
もしも、「To」なら、目的地まで直接向かうことになるので直行便のバスや電車を想
像します。ということは、目的地まで直行する飛行機の「~行き」が「to」で表記さ
れるのも納得ですよね!
普段何気なく見ている「for」 や 「to」 もちゃんと意味があるのだということはわか
っていただけましたか?
今度バスや電車に乗る時は是非見てみてくださいね☆
Pocky
☆☆今回のエントリーをはじめ、恋と仕事に効く英語のバックナンバーは下記ページから閲覧が出来ます!
goldenweek.jpg
なるほど!勉強になったと思った方は↓のFacebookの「いいね」をクリックしてくださいね!





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


恋と仕事に効く英語:News Letter の一覧