Intonation and Sentence Stress

こんにちは、Lilyです!
最近通勤中に袴を着た女子大生や、卒業式帰りの親子を町でよく見かけますが、そのたびに学生時代を懐かしく感じてしまいます。

そんな古い記憶を思い返していると、学生の頃、英語の授業やテストで発音の練習や発音記号の暗記をした記憶はわずかにあるもののイントネーションと文章の強調の練習はなかったなあ、とふと思いました。

イントネーションとはなんでしょうか?またと文章の強調とは??
今回は英語を話すときのイントネーションと文の強弱についてご紹介したいと思います!

◆英語に必要な3つのイントネーション◆

イントネーションとは、声の高低や強弱の変化のことを言います。平叙文と疑問文を区別するといったことや、話し手の感情や態度を表すといった機能もあるのです。英語のイントネーションには、基本的な型が3つあります。

上昇調・・・何かを質問する場合や依頼を求める場合などに使用
下降調・・・平叙文、特別疑問文(whatなどを用いる疑問文)などに使用
平坦調・・・断定をさけるような、あいまいなニュアンスを伝えるような場合に使用

◆英会話にはアクセントとリズムとイントネーションが大事◆
文章の読み書きでしたらリズム、イントネーション、アクセントを気にする必要はありません。ですが、話すとなると、これらはとても重要となってくるのが英語です。
これがはっきりしないと、たとえ文章が完璧でも相手に伝わらない可能性もあるかもしれません。

◆単語は発音が大切だが、英語フレーズはイントネーションが大事◆
いくら単語の発音がきれいにできたとしても、イントネーションがわかっていないと、意味が通じないばかりか、意味を履き違えて取られてしまうこともあるほどなのです。
発音と同じくらい、イントネーションというのは大事なのです。
日本語は強弱のない平坦な言語ですが、英語の場合は、この単語の強弱と長短がものを言うのです。
英語では、意味の中心となる単語を強く長く言い、前置詞などの単語は、弱く速く言います。そして、どの単語を上げて言うのか、または下げていうのかがとても重要になります。

◆英語は他の国の言語よりも声の高低や強弱があります◆
goodmorning.gif

◆下記文章は日常でよく使われる表現です!強弱に気を付けて、Let’s practice!!◆
coffeebar.gif
イントネーションと文章強調については何度も何度も繰り返し練習をすることでだんだん身についていくものです。

今後、英語を話す機会にはぜひこの強弱とイントネーションも少し意識してお話してみてはいかがでしょうか!





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


恋と仕事に効く英語:News Letter の一覧