Cruising the Blue, But We Ain’t Got a Clue by Jon

Hey, what’s up?
Things are all good on this end. We have been navigating the waves for a few months now, hoping we don’t find ourselves in our own graves. Everybody seems to be improving their skills at a crazy rate, which is good because you never know when you’ll meet a foe who, at first glance, may appear to be a mate. As usually, I have been eating plenty of meat prepared by our fantastic cook, who has been making stupendous dishes without even a glance at a book. My favorite is his stuffed chicken breast. The mix of spices really piques my interest.

やぁ、元気?
こちらはすべて順調だよ。ここ数ヶ月、僕たちは危機を乗り越えながらもなんとか海を航海しているんだ。船員の腕に磨きが掛かってきていて、それはとても嬉しい事だ。いつ敵に出くわすか分からないし、一見いいヤツに見える者が実は悪いヤツだったって時もある。僕はいつも通り、素晴らしいコックが作る美味しい肉料理をたくさん食べているんだ。彼は、料理本を見ずにごちそうを作っているんだよ。僕の一番好きな料理は詰め物チキン;スパイスのブレンドが僕の舌を魅了するんだ。

delicious

Our navigator has been serious, as always. She could probably find her way with her eyes closed even on rainy days. She did, however, get us lost once. We ended up on an island full of giants and looked like a bunch of runts. The giants were quite the nice bunch, every afternoon we all gathered and had roasted dino-stew for lunch. Since we left the island, we have been keeping in touch with those chumps, as they were nice enough to send us off with some huge Tyrannosaurus rumps.

僕たちの航海士は常に真面目なんだ。彼女は、目をつぶったままでも、雨の日でも、問題なく航海ができるくらい素晴らしい。しかし、一度だけ僕たちを誤った所に連れて行った事があるんだ。そこは、巨人たちが住む島で、巨人たちは実は良心的な奴らだったから、毎日ランチに「恐竜シチュー」を共に食べたりしたんだ。島を旅立った後も、「ティラノサウルスのもも肉」を土産にくれたので、今も彼らとやり取りをしたりしているよ。

Tyrannosaurus

Day after day, without even a break, our musician has been busting a groove while I have been feasting on a steak. He can flawlessly play all of your favorites, whether it’s The Beatles, Justin Bieber or J-Pop’s latest hits. He’s still as skinny as ever, like a single straw of hay, but I’ve stopped worrying about him because I found out he’s undead; but that’s a story for another day.

日々、僕たちのミュージシャンは、僕がステーキを食べている間、休憩なしで音楽を演奏しているんだ。大好きなビートルズやジャスティン・ビーバー、そして最新のJ-Popの曲を完璧に演奏できるんだよ。彼は相変わらず痩せた体型で、まるで一枚の麦わらのようなんだ。でも、僕は彼の心配をしない事にした。なぜなら、彼は不死の人間だと分かったんだ。でも、そいつの話はまた今度するとしよう。

biebs

On to our swordsman, now this guy is tough; Since he boarded the ship, he has been lifting anything he can find, which explains why he’s so buff. I warn outsiders not to get in his way, or they’ll soon be yelling “May Day!” He has been trying to create his own super-charged protein drink to further enhance his musculature; Even though anybody who stands beside him already looks miniature. I wonder when his obsession with muscles will come to an end; Perhaps when he no longer has a crew to defend.

僕らの剣士;こいつがまたタフなヤツなんだ。 彼が乗船してから、目に入るものすべてを筋トレ道具として使っているんだ。彼がなぜあれ程筋肉質なのかが分かるよ。部外者に対しては、彼の邪魔に入らないよう僕は忠告するんだ。じゃないと「助けて!」と叫ばれてしまうから。彼は、筋肉アップをはかるため、自分オリジナルのエネルギードリンクを調合しようとしているんだ;既に、隣に立つ人が小人に見えるにも関わらず。彼の筋肉への執着がいつ終わるのかが気になるよ;もしかしたら、守る乗員が皆死んでからかもしれない。

swordsman

Look at that sill dancing imbecile; Every day he has been adding new moves to his dance arsenal. Although the man is a certified fool, he’s quite the genius if you give him a tool. Because he has been giving our ship a daily check, we have no fear of ending up in a wreck. At the next island we visit, he’s planning on giving our beloved boat an upgrade, but I hear it’s littered with ninjas, I hope we’re not in for a raid…

間抜けな踊っているヤツを見てみな;彼は自分の踊りの技を増やし続けているんだ。彼は公認の愚か者だけど、道具を与えると神の才能を発揮するんだ。
船の点検を毎日やってくれていて、そのおかげで沈没する心配はなくなった。次に寄る島では、船をアップグレードしてくれるそうだが、島は忍者で溢れているとも聞いたんだ。襲われないと良いけど・・・

ninja

**Remember**
Has/Have been + verb-ing
Has/Have been + adjective

Jon





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


スタッフブログ の一覧