Fahrenheit 451 by Paul

Fahrenheit 451

Named after the temperature at which paper burns, ‘Fahrenheit 451′ is a book I’m very fond of.
Written by Science Fiction Author Ray Bradbury and published in 1953 it presents a future society in which books are outlawed.
Enter Guy Montag, a fireman whose job it is to burn them
紙が燃え始める温度を意味する「華氏451度」は、私のお気に入りの小説です。
SF小説作家レイ・ブラッドベリ著書の元、1953年に出版されました。全ての書物が非合法とされた未来の世界を描いています。
主人公のガイ・モンターグは書物を燃やす仕事をするファイアーマンです。

Montag loves his job, it’s a pleasure for him to watch books burn, but after an encounter with a young, free thinking neighbor he starts to question what he is doing.
Feeling conflicted, he tries to speak to his wife about his dilemma, but she cares little for what he has to say.
In this world entertainment rules over conversation and people are indifferent to the feelings of others.
As Montag finds himself ever more alienated by what’s going on around him he turns to books he has stolen for answers.
モンターグは自分の仕事に誇りを持っており、書物を燃やす光景を見ることに喜びを感じていましたが、若く自由な発想をもつ隣人に出会った事をきっかけに、自身の所業に疑問を抱き始めます。
葛藤した感情を持ち、彼は妻にそのジレンマについて相談をしようと試みます。しかし、彼女はモンターグの相談に全く気にもとめません。
会話よりも娯楽が優先され、他人の感情に無関心な人々が暮らす中、モンターグは徐々に疎外されていき、盗んだ本に「答え」を探し出すのです。

Fahrenheit 4512

Montag’s internal struggle starts to attract the attention of his Boss, Captain Beatty, a once avid reader who taunts Montag with his knowledge of literature to show how contradictory books can be and why they should be burned.
He argues that if you don’t want a man unhappy, don’t give him two sides to a question to worry him.
モンターグの葛藤は、上司のビューティー隊長の注意をひき始めます。ビューティー隊長自身、昔は読書が大好きな人でしたが、モンターグの葛藤に対してこう説明するのです。
「本で知識を増やした君は、結果として不幸せになった。幸せになりたければ、問題には2つの立場がある事を教えてはならない」と。

It took Bradbury, then 26 years old, only nine days to write this book on a rental typewriter, ironically at a library.
Troubled by McCarthyism which was going on at the time, Bradbury chose to write a social commentary in a Science Fiction context.
His vision of the future is one where people pay more attention to TV screens than to what’s really going on around them.
The book foresees the invention of Flat screen TVs, earbuds and electronic surveillance.
For science fiction ‘Fahrenheit 451′ can be an uncomfortable read because it’s a book that will always be relevant.
Bradbury shows us a future of what might be if we allow it. While we currently live in a world that doesn’t burn books, that may not be a victory, as Bradbury himself once said “You don’t have to burn books to destroy a culture. Just get people to stop reading them.”
ブラッドベリが26歳の頃、皮肉にも図書館に借りたタイプライターを持ち込んで、この物語を僅か6日間で執筆しました。
ブラッドベリはサイエンス・フィクションの内容に社会的な主張をすることを選びました。彼の将来的なビジョンは、人々が実際身の回りに起きている事案よりもテレビの内容に注意を惹きつけられていて、平面テレビやイヤホン、電子機器を用いた監視などを予見しているです。
SFのジャンルにしては、「華氏451度」は不快な小説となるかもしれません。
なぜなら、私たちの未来もこうなりうるからです。私達が現在生きている世界では書物を燃やすことはありませんが、ブラッドベリは彼自身にこう言うのです。
「文化を破壊するために本を燃やさなくてよい。人々が本を読むことをやめさせるので十分だ」。

Fahrenheit 4514

Paul





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


映画で学ぶ英会話 の一覧