Mike’s Top 10 Movies of 2014 by Michael

There were so many great and wonderful movies released this year in Japan that I unfortunately did not have a chance to watch them all (most notably, 12 Years a Slave, Maleficent and Captain America: Winter Soldier).
Be that as it may, I did get to see a lot of really amazing movies and thought I would share with you the Top 10 movies I have seen this year.
Please note that not all of the movies listed were released this year.
This list is specifically for movies I have seen for the first time this year regardless of release date (so movies like One Who Flew Over the Cuckoo’s Nest and East of Eden which I did watch again this year are excluded).
Without further ado:
2014年はとても素晴らしい映画が日本でたくさん公開されましたが、残念なことにその全部は観ることができませんでした(特に「それでも夜は明ける」、「マレフィセント」や「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」)。
それはともかく、僕は本当に素晴らしい映画をたくさん観たので、その中のベスト10を皆さんに紹介したいと思います。
今回紹介する映画の中には今年リリースされたものではないものもあるのでご注意ください。
このリストは、公開された日時に関係なく、僕が今年初めて観た映画です(今年改めて見た「カッコーの巣の上で」や「エデンの東」は除きます)。
前置きはこれくらいにしましょう。

10. Live. Die. Repeat: Edge of Tomorrow [All You Need Is Kill] (2014) / Drive (2011)
オール・ユー・ニード・イズ・キル / ドライヴ

All You Need Is Kill

It is very difficult trying to decide which is the better movie so I decided to call the battle for 10th place on the list a draw between both of these cinema treats. Live. Die. Repeat is an amazing Sci-Fi action adventure movie based off the Japanese light novel All You Need Is Kill by Hiroshi Sakurazaka. It tells the story of a man who has acquired the power to repeat the same day he died over and over again while fighting alien invaders. Smart, funny and exciting, the only potential issue with the film is that the climactic battle at the end feels more like a video game than a movie.
どちらの映画の方が良かったか決めることは、僕にとって本当に難しいです
桜坂洋作のライトノベル「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を基にしたとても素晴らしいSFアクション、アドベンチャー映画です。この映画は、侵略者のエイリアンと戦いそして戦死する日々を繰り返し、力を取得していく男の話です。
移り変わりが速く、面白くそしてエキサイティングな映画ではあるが、唯一の問題点は最後まで戦闘が激しく映画というよりかはビデオゲームのように感じてしまうところかもしれません。

Drive is a film cut from a different kind of cloth. Although both movies share high paced action scenes, Drive is a crime thriller and homage to earlier car chase and crime thrillers films, most notably Bullitt. The hero of the movie is a stunt car driver who moonlights as a getaway driver. He is stoic, cool, and passionate about driving. He ends up getting involved in the lives of the family living next door to him which in turn embroils him in a failed heist. He spends the rest of the film trying to protect this family from the Jewish mobsters who set up the heist. Although the unnamed hero says very little in the film, Ryan Gosling does a great job conveying the emotional bond his hero has with the family he is trying to protect.
「ドライブ」は、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」とはまったく違う映画です。
どちらの映画もハイペースのアクションシーンは共通していますが、「ドライヴ」はクライムスリラーで、初期のカーチェイスとクライムスリラー映画、とりわけ「ブリット」への敬意を表しています。映画のヒーローは、夜は逃走用のドライバーをしているカースタントマンです。彼は運転をする事に対しストイックでクール、そして情熱を持っています。
彼の生活は、強盗未遂に巻き込まれた隣人に関わっていきます。映画の後半で、彼は強盗を犯したユダヤ人暴力団体からその家族を守ります。
無名のヒーローは映画の中でほとんど喋りませんが、ライアン・ゴスリングは家族を守るために感情的な絆を伝える素晴らしい働きをします。


9. The Sting (1973) / スティング

The Sting

The Sting is a classic American crime caper starring the legendary Paul Newman and Robert Redford as two grifters who set out to con a mob boss out of a lot of money through gambling. Full of all sorts of plot twists and surprises, the movie is well crafted and a lot of fun to watch. The two main actors have a great rapport and make quite the duo.
伝説のポール・ニューマンとロバート・レッドフォードの2人がいかさま師を演じ、ギャングのボスからギャンブルを通じて大金をだまし取ろうとする、アメリカの古典的な犯罪
映画です。どんでん返しや驚きがいっぱいで、巧みに作られた映画は見ていてとても楽しいです。2人のメイン俳優は素晴らしい関係でよいコンビを生み出しています。

8. Frozen (2014) / アナと雪の女王

Frozen

Considering the popularity of this movie in Japan, I suspect many of you have already seen this instant classic. A brilliant re-interpretation of the Hans Christian Andersen story “The Snow Queen” that follows the lives of two sisters, Anna and Elsa, the snow queen. The animation and music is top notch and the story is interesting. Touching upon themes of sisterhood and true love, the movie turns the traditional prince as knight in shining armor romantic trope on its head and focuses on the themes of sisterhood and true love. A great movie that reflects the ever changing gender dynamic and ideas about romance, self-worth, and happiness.
この映画の日本での人気を考える、このインスタント・クラシックの映画を多くの方が既に観たことがあるのではと思います。ハンス・C・アンデルセンによる物語「雪の女王」の、アナとエルサ、雪の女王の生き方についての素晴らしい、新たな捉え方。
アニメーションと音楽は一流で、物語もおもしろいです。
姉妹関係と真実の愛を扱い、輝く鎧を着てロマンチックな言葉を操る騎士である王子様という伝統を覆し、姉妹関係と真実の愛に焦点を当てています。絶え間なく変わる躍動的な
性と恋愛、自尊心、そして幸せをじっくり考える素晴らしい映画です。

7. X-Men: Days of Future Past (2014) / X-MEN: フューチャー&パスト
The first of the three comic book based movies to make it on the list, X-Men: Days of Future Past is a fun-filled, action-packed science fiction movie that depicts the convergence of two different X-Men series. What could have been a convoluted mess considering the large cast from both series ended up being a concise and exciting story about a mission to prevent an apocalyptic future through a unique form of time travel. All the actors give superb performances (my personal favorite is Michael Fassbender whose Magneto performance made the character one of my all time favorite comic characters). I’m very much looking forward to the next film in the series.
リストに載ることが出来たのは、3冊の漫画のうち最初の本が元になっており、2つの違うX-Menシリーズの収束を表現した、楽しさいっぱいのアクションいっぱいのSF映画「X-MEN: フューチャー&パスト」です。両方のシリーズには多くの出演者がいるので、ストーリーがめちゃくちゃになる可能性もありましたが、他に類を見ないタイムトラベルを通して、世界が滅亡する未来を阻止して終わる完結で刺激的な映画となりました。 
全ての出演者が素晴らしい演技をしています(僕の個人的なお気に入りは、お気に入りの漫画キャラクターの一人であるマグニートーを演じたマイケル・ファスベンダーです)。
この映画の次のシリーズをとても楽しみにしています。

6. Guardians of the Galaxy (2014) / ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

Guardians of the Galaxy

The second Marvel movie to make it on the list and this year’s biggest and most pleasant surprise. Guardians of the Galaxy is a wonderful intergalactic space adventure movie based on a little known comic book property. When I first heard about the production of this movie I thought Marvel and it’s parent company Disney were overreaching in their quest for gold but it turned out they hit the jackpot. The story is good, the visuals spectacular and the character interactions charming and entertaining. I’m very much looking forward to the sequel rumored to be released in 2017.
マーヴェルの二作目は、リストに載った今年最も大きく嬉しい驚きだった映画です。
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」は素晴らしい銀河系のアドベンチャームービーで、あまり知られていない漫画が元になっています。
初めてこの映画が製作されることを聞いた時、マーヴェルと親会社のディズニーはお金の探求を優先しているのかと思いましたが、結果的に大成功を収めました。物語は面白く壮観な視覚で、登場人物のやりとりも魅力的で愉快です。2017年に発表されると噂の続編をとっても楽しみにしています。

5. Don Jon (2013) /ドン・ジョン

Don Jon

Don Jon is a romantic-comedy drama of a different sort. Written and directed by one of my favorite actors, Joseph Gordon-Levitt, the film follows its suave hero Jon, a porn addict and ladies’ man, as he struggles to learn how to have a meaningful relationship with a woman. Both lighthearted and thought provoking, the movie examines the affects of technology and media on people’s understanding of sexuality and romance and the complications of modern romance. Definitely one of my favorite romantic-comedies.
ドン・ジョンは毛色の変わったロマンティック・コメディです。脚本と演出は、僕の大好きな俳優の一人であるジョゼフ・ゴードン=レヴィット。ポルノ中毒で女好きですが、どうやって女性と有意義な関係を持てばよいかを奮闘しながら学ぶ、魅力的なヒーロー:ジョンを追う映画です。
この映画は、科学技術とメディアが、性や恋愛、複雑な現代の恋愛について人々の理解に与える影響を分析していて、楽しくもあり、考えさせられます。
間違いなく、僕のお気に入りのロマンティック・コメディの一つです。

4. The Seventh Seal (1957) / 第七の封印

The Seventh Seal

I am very fortunate I was finally able to see this film classic. The Seventh Seal is a Swedish film directed by Ingmar Bergman that tackles the existential question on the meaning of life in terms of Christian concepts, particularly the issue of “The Silence of God”. The movie is famous for its chess scene, where the hero Antonius Block challenges Death to a game in order to forestall his death. The acting is great, the casting superb, and the pacing is just right; while there is an overall somber tone throughout the movie it is not devoid of scenes of lighthearted comedy, particularly with the group of actors portrayed in the film. A very thought provoking and sincere meditation on the question of living a meaningful life in a world where god is absent.
ついにこの往年の名画を見ることができて、僕は幸せです。「第七の封印」は、キリスト教の概念、とりわけ「神の沈黙」の論点に関して、人生の意味について実存的な問題に取り組むイングマール・ベルイマンによるスウェーデン映画です。
この映画は、英雄アントニウス・ブロックが死を未然に防ぐ為にチェスゲームをするシーンが有名です。演技は素晴らしく、キャスティングも見事、ペース配分もちょうど良いです。映画を通して全体的に重苦しいトーンですが、面白いシーンがないわけではなく、とりわけ、俳優たちのグループがユーモラスに描かれています。神がいない世界で生きる意味を問う、挑発的で誠実な瞑想をとても考えさせられました。

3. Interstellar (2014) / インター・ステラー

interstellar

Interstellar is a sci-fi drama directed by Christopher Nolan that depicts a future where the food supply of earth is drastically dwindling and humanity is facing the threat of extinction. A crew of astronauts sets out into outer space traveling through a wormhole in order to find a new home for humanity. Unfortunately, this short synopsis does not do the film justice. The basic core of the movie is actually centered around the astronaut Cooper, a single father who has left his two children in the care of his father-in-law, and his relationship with his young precocious daughter Murphy. Much of the emotional thrust of the film is tied to Cooper’s decision to leave his family in order to save humanity, not sure if he would ever see his family again. The film’s sublime music, composed by the renowned Hans Zimmer, compliments the spectacular visuals of the film and makes for one the most beautiful movies I have ever seen.
インター・ステラーは、地球の食物供給が大幅に減少し、人類が滅亡の危機に瀕している未来を描いた、クリストファー・ノーランによるSFドラマです。
宇宙飛行士は、人類の新しい住処を探しに、ワームホールを通って宇宙旅行に出発します。
あいにく、この短いあらすじはこの映画に妥当ではありません。
基本的には、中心人物である、二人の子どもたちを義理の父親に残して出発した独身の宇宙飛行士クーパーと、彼のませた娘マーフィーとの関係が中心です。映画の感情的な趣旨の多くは、再び家族に会えるかどうか定かではないにも関わらず、人類を救う為に家族の元を離れるというクーパーの決断にあります。高名なハンス・ジマーによる壮大な音楽、
素晴らしい映像に敬意を評して、僕個人的には、これまで見た中で最も美しい映画の一つです。

2. Amazing Spider-Man 2 (2014) /アメイジング・スパイダーマン2

Amazing Spider-Man 2

While generally panned by film critics and either loved or hated by most Spider-Man fans, Amazing Spider-Man 2 is without a doubt my favorite Spider-Man movie. Granted the film is not without its flaws: the overall storyline is subpar, the villains are comic at best (pun intended), Andrew Garfield’s Peter Parker is a departure from the traditional depiction of the down-on-his-luck nerd and his relationship with Harry Osborn seemed shoehorned into the film. Be that as it may, Andrew Garfield’s Spider-Man is the best live action Spider-Man in my book. Funny, brash, agile, and strong, this is the Spider-Man I had waited my while life to see on the silver screen (sorry Tobey). I was immediately mesmerized from the opening scene where we find Spider-Man swinging through the city of New York to save the day and just finish with enough time to graduate. The action scenes are exciting and fun, and while Electro may not make the most compelling of villains, he certainly gives Spider-Man quite the fight. And then there is Gwen Stacy (played by Emma Stone), the love of Peter’s life (in this film series). The chemistry between Andrew Garfield and Emma is so strong that it made it easy for me to see past the shortcomings of the movie and get lost in this film. Also worth mentioning is Sally Field’s wonderful portayal of Peter’s Aunt May, kind and strong and always catching Peter at awkward times. And finally, Hans Zimmer (the composer of Interstellar) joined forces with the music conglomerate The Magnificent Six to produce another awesome soundtrack. Despite the various rumors surrounding this film franchise, I’m very much looking forward to the next film.
一般的に映画評論家やスパーダーマンファンには好き嫌いが別れますが、アメイジング・スパイダーマン2は間違いなく、僕の一番好きなスパイダーマン映画になりました。
この映画は、欠点はないとは言えないとしても(全体のあらすじは平均以下、悪役はせいぜいコミカルな程度(しゃれが入ってます)。アンドリュー・ガーフィールドが演じるピーター・パーカーは運が悪く弱い間抜けの典型的な描写から離脱します。ハリー・オズボーンとの関係は映画に押し込まれたようです。
それはともかく個人的には、アンドリューのスパイダーマンは、今まで映画で演じられたスパーダーマンの中で一番のライブアクションです。面白くて生意気ですばしっこくて強い、それが僕が映画館のスクリーンで見るのをずっと待っていたスパイダーマンなのです。(トビーごめん)僕はオープニングからすぐに魅了されました。
スパイダーマンが日常を守るため飛び回り、卒業に十分な時間で切り上げました。アクションシーンは気持ちも高まり楽しく、エレクトロは強制的に悪役を作ることは出来ないとはいえ、彼は確かにスパイダーマンと一戦を交えます。そしてグウェン・ステイシー(エマ・ストーン演じる)がいて、ピーターの愛の人生があります(この映画の中に)。
アンドリューとエマの相性はとても強く、欠点を見えなくさせていて、この映画の素晴らしさにうっとりとさせられました。
また、言及するべきなのはサリー・フィールドの素晴らしい演技。ピーターのおばのメイ
は優しくて強く、いつもピーターのタイミングがまずい時に話しかけます。
そして最後に、ハンス・ジマー(インター・ステラーの作者)が他の素晴らしいサウンドトラックを作るために音楽界の素晴らしい6人と協力しました。この映画放映権の周りにはさまざまな噂があるが、僕は次回の映画がとても楽しみです。

1. Her (2013) / 世界でひとつの彼女

Her
“What is love?” This is the question that Spike Jonze’s Her explores. And I invite you to take the time to watch it if you want to find out <3
“愛とはなんだろう?” これがスパイク・ジョーンズの「世界でひとつの彼女」の探し求める問題です。そしてあなたが答えを見つけたいなら、この映画観ることをおすすめします。

Well that wraps up my Top 10 Movies of 2014. Please feel free to mention any of your favorite movies you saw in the past year or any movies you are looking forward to seeing in 2015 (Avengers 2 anyone?).
2014年に見た映画ベスト10を締めくくりましょう。過去にあなたが見た大好きな映画や、2015年に楽しみにしている映画があればぜひ気軽に話してくださいね。

List of Mike’s Top 10 Movies of 2014

1. Her
2. Amazing Spider-Man 2
3. Interstellar
4. The Seventh Seal
5. Don Jon
6. Guardians of the Galaxy
7. X-Men: Days of Future Past
8. Frozen
9. The Sting
10. Edge of Tomorrow (All You Need is Kill) / Drive





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


映画で学ぶ英会話 の一覧