アラームが鳴らなかったを英語で言うと?「メトニミー」(=換喩)の例えを使った会話方法!

こんにちは!
b わたしの英会話のChaiです☆
https://www.b-cafe.net/

皆さま、“メトニミー(metonymy)”って知っていますか?
日本語では“換喩(かんゆ)”と言いますが、日本語で言われても何ぞや?っていう感じですよね(笑)。

しかし、この「換喩」、英語ではとてもよく使われるのです!!

「換喩」とは、簡単に言うと、
物事を説明する時に相手がよく知っている物事を使って、それになぞらえて表現すること
です。

例えば・・・

Chai:昨夜は帰りが遅くなっちゃったけど、ごはん食べた?
Sabrina:もちろん!カルボナーラを作って食べたよ。また太っちゃうな・・・。

こんな感じ!「ごはん食べた?」と聞いていますが、お米のご飯ではなく、食事のことを聞いているんだな、と解釈していますよね。
だから「(パスタの)カルボナーラを食べた」という返事でもお互い違和感がないのです。
このようにひとつの言葉から連想した近い言葉に言い換えることをメトニミーというのですが、こちら英語にもあるんです!

メトニミー(metonymy)を使った例文を見てみよう!


 
それでは、このメトニミーを使った例文を見てみます。
日常の会話でもよく出てくるようなシチュエーションですので、そのまま使っちゃうこともできるかと思います!

Chai:Hi!How are you?
ねぇ、元気?

Sabrina:I was almost late to work because my alarm did not go off in the morning.
今朝アラームが鳴らなくて仕事に遅刻しそうになったのよ。

Chai:Oh, close call! Be more careful.
それは危なかったね!気を付けてね。

Sabrina:Yeah, I got it!
うん、そうするわ!

◎my alarm did not go off=アラームが鳴らなかった
“go off”には”発生する”という意味があります。
『目覚まし時計のアラーム=アラーム音』として認識し、『アラーム音が発生しなかった=アラームが鳴らなかった』となるわけです。

“go off”は電話の呼び出し音にも使います。

Phone went off around 3 pm.
3時ごろに電話が鳴った。  

電話機器ではなく、”go off”は電話の呼び出し音に掛かっており、”電話が鳴った”という解釈となります!
日本語でも「電話の音が鳴ったよ~」と言わず、「電話がきたよ」と言ったりしますよね。

Chai
「アラームが鳴る」を英語にする時には”ring”が思い浮かびますが、”go off”を使うのが一般的だそうです。ぜひ覚えておいてくださいね!
 

また”go off”は次のような場面でも使われますよ。

We were talking and she suddenly went off on the bartender.
話していたら彼女がいきなりバーテンダーに怒鳴り散らした

◎go off~=いきなりキレる

様々な比喩表現の種類を英語でご紹介します-Figurative expression

提喩…Synecdoche
直喩…Simile
隠喩…Metaphor
転喩…Metalepsis
諷喩…Allegory
奇想…Conceit
音喩…Sound symbolism

そのほかよく使われるメトニミー(metonymy)を使った比喩表現

Chai
色々な比喩表現をまとめてみました!

◆直喩(Simile) 
《like ~のような》 S(主語)+V(動詞)+like+N(名詞)
She had a huge happy smile, shining like the sun.
彼女はまぶしい太陽のようなとても幸せな笑顔がある。

This headache is like a hammer pounding my head!
この頭痛は頭をハンマーで叩かれたようにガンガンする。

Learning a language is like a marathon, not a sprint.
言語を学習するのはマラソンのようだ。短距離走ではない。

《as~as ~と同じくらい》 S(主語)+V(動詞)+as 原級 as +N(名詞)
How old is this bread? It’s as hard as a rock!
このパンどのくらい経っているの? 石と同じくらい硬いよ!

Her body is as good as the model.
彼女のスタイルはモデルと同じくらい良いね。

◆隠喩(Metaphor) 
You need to clean up, your room is a pigsty!
部屋を掃除する必要があるよ。あなたの部屋は豚小屋のようだよ!
*pigstyは「豚小屋、豚舎」の意味ですが、「汚い場所」の意味でも使われます。
日本でも留置所のことを豚箱と例えてドラマなどで言われることありますよね!

I like to travel, but airport security is a real pain.
旅行は好きだけど空港警備は本当にうんざりする
*painは「(肉体的な)痛みや(精神的な)苦痛」の意味でも使われますが、「うんざりする」の意味でも使われます。

She is so kind, she has a heart of gold.
彼女はとても親切なんだ。彼女はとても優しい心の持ち主なんだ。
*have a heart of goldは直訳では「黄金の心を持っている」ですが、「優しい心を持っている/思いやりのある」の意味でも使われます。

Her voice was like a beautiful melody. It was music to my ears!
彼女の声は美しいメロディーのようでとても素敵だった!
*music to my earsは「音楽を聴くように心地よい」というということから、「素晴らしい知らせ/良い知らせ」の意味でも使われます。

いかかでしたでしょうか?
比喩表現を使いこなして、ワンランク上の会話を楽しんじゃいましょう♪

===Chai===

次の海外旅行を夢みて今出来ることを頑張りたい・・そんな方はまず、自分の会話力チェック!

http://www.b-cafe.net/booking/

コース内容及び料金イメージはこちらからダウンロードが可能です
英会話超初心者脱出資料請求

Go To英会話キャンペーンはじまりました!
Go To英会話キャンペーン

 

英語を話せるようになりたい方へ

当ブログは「b わたしの英会話」が運営しています。

「b わたしの英会話」では、まずは独学をキッカケにスタートしてその後、しっかりと学びたい!ということで、通いはじめるお客様は多くいらっしゃいます。

特に、私たちのスクールでは毎回のレッスンで学んだ単語やフレーズを「レッスンレコード」というオンラインノートに毎回記帳します。クラスの中で、自分にあった単語やフレーズを使った文章を作ってもらって、それを自分の台本代わりにすれば、会話の上達速度も圧倒的に早くなるのでおすすめですよ。

もし、同じように独学に限界を感じ始めている方は体験レッスンで雰囲気を見てみるといいと思いますよ。初回は無料で受けられますので、まずは、雰囲気を見てみたい方にもオススメです。

また、今はまだ体験レッスンは早いかなぁ・・・・。
そんな方は、資料請求だけしておくと後で様々なキャンペーンの特典などありますのでおすすめです。

コース内容及び料金イメージはこちらからダウンロードが可能です
英会話超初心者脱出資料請求

また、当面はオンラインで英語学習をしてみたい。
そんな方のための「わたしのオンライン」コースもおすすめです!
初月わずか550円ではじめられるので、まずはお試し!

b わたしの英会話が運営する恋と仕事に効く英語執筆チームです。スクールで勤務するカウンセラー、外国人講師、そして、その他スタッフがお客様サポートを通じて「あ、このフレーズ使える!」「これって英語でなんていうんだろう?」と疑問に思ったことを記事を通じて解説しています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


恋と仕事に効く英語:News Letter の一覧