英語でうま~く会話を中断する方法(Smart Interrupting)!

会話を中断する・英語で

こんにちは、Alleyです。
すっかり秋も深まってきた今日この頃ですが、みなさんはどんな「秋」を
満喫しておりますでしょうか♪

わたしはやっぱり休日を使って紅葉を見に行くのが好きです☆
ちょっと遠出して、ハイキングをしながら楽しむ紅葉ってとってもリフレッシュになりますよ!

さて、今回の恋と仕事に効く!では、日常のシーンでよくある
シチュエーションのひとつ、

「話を中断したいとき」
「話に割りこみたいとき」

スポットを当ててみたいと思います。

Smart Interruptingとは?

英会話に自信がない日本人にとって、会話に割って入るのはなかなか難しいもの。
そんな時、上手に割って入るテクニックを「Smart Interrupting」と呼びます!

代表的な、「Smart Interrupting」と言えば下記のようなものがありますよ!

◆ I’m sorry, but can I interrupt here?
すみません、ちょっとよろしいですか?

◆ I’m sorry to interrupt, but ・・・
ちょっと中断してしまいますが・・・

◆ Excuse me, but・・
あの、すみませんが・・・

などが、日本人にもおなじみの表現になりますよね。

もっと簡単なSmart Interrupting

また、これはちょっとしたテクニックですが、

「Well・・・」
「You know・・・」
「Um・・・」

などを、会話の間に挟むことでちょこっと中断したい、
もしくは、自分の気持ちや意見を述べたい、という気持ちが相手に伝わるんですよね!

ついつい、日本語で文章を考えてから英語に切り替えていると、
出てこないけれども、少しずつ、英語脳に切り替わると普通に、
「you know what?」=聞いてよ!

みたいに、自然に自分に注目を持ってこれるようになって、
一気にネイティブっぽい表現が出来るようになりますね ヽ(^。^)ノ
意識して使ってみたいものです。

また、友達同士などもっと、カジュアルなシーンでは
下記のように言うこともできます。

◆ (I’m) sorry to cut you off, but・・・
◆ (I’m) sorry to butt in, but・・・

例:

Liezl: Listen!! I think Neyo’s new album is fantastic!!
聞いてよ!!Neyoの新しいアルバムがすごいのよ!!
Alley: Sorry to cut you off, but I really have to go!
ゴメンなさい・・。でも、もう行かなきゃいけないの!
中断しづらい時でも、そんな気持ちのまま話半分に聞くよりも、しっかりと説明し、
次の行動に移れるようにしたいですね!

コース内容及び料金イメージはこちらからダウンロードが可能です
英会話超初心者脱出資料請求

‥・・・☆ bの体験レッスンのお申し込みはコチラ ☆・・・‥
英会話超初心者脱出体験レッスン

【コンシェルジュ(スクールカウンセラー)募集中!】
https://www.by-zoo.com/recruitment/concierge-recruit/

b のスクールのカウンセラーを募集中です!
お客様のお手伝いに興味のある方からのご応募お待ちしています!!

↓↓今回のエントリが参考になったなと思ったら是非、コメントか「いいね!」をお願いしますね!↓↓





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


恋と仕事に効く英語:News Letter の一覧