PJ3 – Day 13: 使役動詞のhave+過去分詞

The Passive Voice: Have Something Done

Day13は使役動詞(を使った目的語を説明する文)を紹介します。使役動詞とは「目的語(ヒト)に~させる」というように、目的語に何をさせるのかを説明する時に用いる動詞で、「make、let、have」等があります。なお、どの動詞を使うかは、「目的語(ヒト)に~させる」ときの状況、すなわち、その「させ方」によって決まります。

■強制のmake
例1:He made(forced) his brother go to the hospital.
「無理やりさせる」というニュアンス。なお、「~させる」の「~」にあたる箇所には、動詞の原形が用いられることに注意しましょう。makeはforceに置き換えられます。

■許可のlet
例2:The boss let(allowed) his subordinate get a day off.
「求めに応じてさせる」というニュアンス。上文では上司が部下の求めに応じて休暇を与えたという意味。言い換えは、allowで。なお、「~させる」の「~」にあたる箇所には、ここでも動詞の原形が用いられていることに注意しましょう。

■当然のhave(本日のポイント)
今回はその中でもhaveを用いた使役動詞を紹介します。Haveは何かを頼んだ場合にやってもらえる場合、頼めば当然してもらえる場合のニュアンスで使用します。

haveで使役あらわすときには、目的語の後に「原形不定詞(動詞原形、これを原形不定詞とも言います)」or「過去分詞」をおいて文を作る場合があります。それぞれの意味は次のようになります。

iStock_000001323227Medium%20-%20%A5%B3%A5%D4%A1%BC.jpg

★<目的語の後に原形不定詞をおく場合>
<have+目的語+原形不定詞>になり、「~させる」という意味になります。
例3:I had my brother paint the wall. (弟にペンキを塗ってもらった。)

★<目的語の後に過去分詞をおく場合>
文の形は<have+目的語+過去分詞>で受身的に「~してもらう」になります。
例4:I had my hair cut. (私は髪を切ってもらいました。)
※cut は原形、過去形、過去分詞とも同じ形です

例5:I have my photograph taken. (私は写真を撮ってもらう。)

Photo Journal – 英会話初心者向け教材の解説一覧に戻る





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


photo-journal の一覧