PJ4 – Day 2: wishを用いた仮定法過去・仮定法過去完了

Present Wish and Past Wish

Day 2では、wishを用いた仮定法過去・仮定法過去完了を紹介します。
PJ3のDay17でもI wishを使った仮定法過去を少し学びましたね。

・ PJ3 – Day 17: 仮定法過去

■ 仮定法過去(Second Conditional) – 現在の事実に反する、可能性が低い場面。I wish / If only~につなげて、仮定法過去を用いると「~ならいいのに」と願望をあらわすことができます。

(1)I wish/If only+主語+動詞の過去形~

例1:I wish I were a bird. (もし私が鳥だったらなぁ。)
もちろん、鳥になることはありませんよね。ですので仮定法過去を使います。

(2)I wish/If only+主語+助動詞の過去形+動詞の原形~.

例2:I wish I could fly to you. (あなたの元まで飛んでいくことができたらなぁ。)
飛ぶことはありませんので仮定法過去を使います。

■ 仮定法過去完了(Third Conditional) – 過去の事実に反する、可能性が低かった場面。仮定法過去が、現在の事実に反する場面で使われるのに対し、過去の事実に反する場面では仮定法過去完了を用います。

仮定法過去が、現在の事実との距離感を示すのに過去形を用いたのに合わせて、仮定法過去完了では、過去の事実との距離感を示すために更に「遠い感じ」の感覚を持つ過去完了形(had+過去分詞)が用いられていることに注意しましょう。

過去の事実に反することをあえて言うわけですから、残念な気持ち、後悔する気持ちが込められています。詳しくはDay19で学びます。

(1)I wish/If only+主語+had+過去分詞~.

例3:I wish I had known about it. (もしそれについて知っていたらなぁ。)
実際には知らなかったという過去の事実に反しているので、仮定法過去完了。

(2)I wish/If only+主語+助動詞の過去形+have+過去分詞~

例4:I wish I could have flown. (空を飛べていたらなぁ。)
なお、(2)のように主語の後ろに過去完了形ではなく、助動詞のニュアンスを合わせて伝えたいときは、「助動詞の過去形+have+過去分詞」の形をとります。この形については、Day12で再び取り上げます。

cityh-hall_nathan-philips_skaters_xmas_2k6_03.jpg

Photo Journal – 英会話初心者向け教材の解説一覧に戻る





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


photo-journal の一覧