PJ4 – Day 9: 使役動詞 – ALLOW, LET, GET, HAVE, MAKE and FORCE

ALLOW, LET, GET, HAVE, MAKE and FORCE

Day9では、使役動詞を紹介します。PJ3のDay13でも「使役動詞のhave+目的語+過去分詞」といった形で学びましたよね。使役動詞とは「目的語(ヒト)に~させる」という場合に使う動詞のことをいい、本日紹介する「make、let、have」等があります。

■使役動詞(make/let/have)+目的語+動詞の原形
今まで学んだ不定詞(infinitive)は、「to+動詞の原形」ですが、原形不定詞(basic infinitive)はtoの付かない不定詞。つまり、動詞の原形。形は動詞の原形ですが、不定詞の名詞的用法の意味で「~すること」の意味となります。

例えば、通常の不定詞は”to play tennis”といった形になりますが、原形不定詞はtoをとった”play tennis”となります。

使役動詞が、目的語の後ろに動詞の原形をとるのは、「動詞の原形」が「まだ行われていない」イメージを持っているからです。すなわち、「目的語(ヒト)が~する」状況は、頭のなかで描かれているにすぎないといういうわけです。そして、makeやlet、haveがそれぞれ持っているイメージによって、そうした頭の中で描かれた状況をどのようにさせるのかが決まるのです。

■強制のmake・・強制的に「~させる」
例1:He made me do the work. 「彼は、私にその仕事をさせた。」→He forced me to do the work. 「無理やりさせる」ニュアンス。makeはforceに置き換えることができますが、この時の動詞の原形がtoを伴う不定詞に変わっていることに注意しましょう。

■許可のlet・・許可して「~させる」
例2:I’ll let him go home. 「私は彼に家に帰らせます」→I’ll allow him to go home.
「求めに応じてさせる」というニュアンス。Letはallowに置き換えることができますが、このとき動詞の原形がtoを伴う不定詞に変わっていることに注意しましょう。

■当然のhave・・「当然のこととして~してもらう」
例3:I had him use my pen. 「私は、彼に私のペンを使って貰った。」
Haveは何かを頼んだ場合に、頼めばしてもらえるニュアンス。

もっとも、「当然」という日本語のニュアンスには、どちらかといえば若干強制的な響きが感じられますが、そうした強制のニュアンスはhaveにはありません。ただ単に「目的語が~する」状況をhaveしている、といった感じです。

■説得のget
Haveが静的なイメージを持っているのに対して、getは動的なイメージを持っています。その違いが、toを伴いget+目的語+to不定詞となってあらわれます。Getの動きとtoの何かを指し示すイメージがピッタリ一致し、「その行為に向かわせる」という意味合いを持つのです。したがって、haveの持つ「当然」といったニュアンスではなく、「説得している」「お願いしている」といったニュアンスが出てくるのです。

例4:I got him to use my pen. 「私は、彼に(お願いして)私のペンを使って貰った。」

water_glass.jpg

Photo Journal – 英会話初心者向け教材の解説一覧に戻る





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


photo-journal の一覧