PJ2 – Day 19: 助動詞used to(過去の習慣・状態)

USED TO and DIDN’T USE TO

Day19では、過去の習慣・状態をあらわすused to (didn’t use to)を紹介します。
Day18で学んだmightと同様に助動詞の後ろは動詞の原形なので、be動詞はisではなく原形のbeを用います。

助動詞used toには、以下2つの意味があります。

・過去の習慣:「(以前)よく~したものだ」
・過去の状態:「(以前)~だった」

She used to be kind.「彼女は、以前親切でした。」
この文は、以前親切だった(けど今は親切ではないかもしれない)という過去の状態を表します。

もし、単純過去でしたらどうでしょう?
例1:She was kind.(彼女は親切でした)。

こちらでは、単純に過去の事実として彼女が親切だったということで、今も親切かもしれません。すなわち、used to~は、単純な過去の文と比較して、現在との対比が強く意識された表現となっています。

次に、過去の習慣のused toを用いた以下の文をみてみましょう。
例2:He used to go fishing.(彼は、(以前)よく釣りに行ったものだ。」

否定文は、used toのusedの部分が一般動詞の過去形なので、一般動詞の否定文と同じようにdidn’tをusedの前に置き、usedを原形のuseに直し、「(以前)あまり~しなかった(習慣)」「(以前は)~でなかった(状態)」となります。同様に疑問文の場合は、usedを一般動詞の過去形と考え、Didを主語の前に置き ます。ただし、否定文、疑問文ともに、used toについては現在形useに戻さず、didn’t used toやDid he used toのようにusedのまま使うこともあります。

最後に、似ていますがbe used to ~ingで「…~に慣れている」という意味があります。この場合、注意スべき点は、toの後ろが動詞の原形ではなく、動詞のing形をとっているということです。もっとも、口語表現では動詞の原形を使うこともあります。

例3:He is used to play golf. (彼はゴルフに慣れている。)
例4:He used to play golf.(彼は以前ゴルフをしたものだ。(口語表現))

oxford_blue_sign_red_phonebooth_bin.jpg

さて、これでPhoto Journal2も終了となります!
ちょうど、ここまでで中学英語はほぼ制覇した感じです。ここまでに学んだ文法や単語を実際に会話に落としこむことができるまで練習すれば、十分に海外旅行で通じるレベルにはなっています。もう、英会話初級者だなんて言われないレベルです。

さぁ、次はPhoto Journal3に入ります。
でもご安心ください。まだまだ、学生時代の知識で十分に対応できる内容です。

Photo Journal – 英会話初心者向け教材の解説一覧に戻る





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


photo-journal の一覧