Let’s Talk About Hair by Katelyn

Some of you may have noticed that I tend to change my hair often.
Actually, if I could, I would change my hair every week!
Back in America, after I finished high school, I went to beauty school and received my license in cosmetology.
During that time, my friends and I were always experimenting with our hair. At one point, my hair was black, pink, and purple all at the same time!
These days my hair isn’t that crazy, but I still spend a lot of time at the salon. To tell you the truth, I don’t have very good luck with Japanese salons. My hair has never come out looking the way I want. I think this is a common problem for many people.
But in case you ever find yourself with a hair emergency while traveling abroad, and you don’t want to end up with a hairstyle you didn’t ask for, here are some easy English phrases to use at the salon.
お気づきの方もいるかも知れませんが、私はよく髪型を変えます。
できることなら、毎週髪型を変えたいくらい!
アメリカにいた頃は、高校を卒業後、美容学校に行き美容免許もとりました。その時は、私も友達もいつも自分たちの髪を使って経験を積んでいたので、
あるときは、私の髪は同時に黒、ピンク、紫色になったこともあります!
最近は、私の髪はそんなにクレイジーではないけど今でもよく美容院にはいきます。
正直いうと、私は日本の美容院であまりいい思いをしたことがなくて。思い通りに仕上がったことはありません。きっと多くの人達も同じような経験をしていると思います。
皆さんが海外旅行中に、髪のトラブルがあり美容院に行くことがあったとき、自分が頼んでいないヘアスタイルにならないように、美容院で使えるいくつか簡単なフレーズを紹介しますね。

外国人髪質

Haircuts カット
It always helps to bring a picture with you to show your stylist what kind of look you’re going for. But even with a picture, your stylist will probably still want to ask you some questions.
どんなヘアスタイルにしたいか写真を美容師さんに見せるのとてもいいですね。でも、写真があったとしても、美容師さんは恐らくいくつか質問をすると思います。

If you just want a little bit cut, you can say
ちょっとだけ切りたいときは、こう言います

“I’d just like a trim, please.” 「ほんの少し短くなる程度にしてください。」
or
“Just a little off the ends.”「毛先を少し切って下さい」
or
“I’d like to freshen up the ends.”「毛先を整えて下さい」

といいます。

Sometimes your stylist will ask you how much, because they want to make sure they don’t cut off too much. You can either tell them exactly how much, or use your fingers to show where you’d like them to cut.
ときどき、美容師さんは髪を切り過ぎないよう確認するため、どれくらい切るのか
聞くこともあるかと思います。そんなときは、正確にどれくらい切るのか、もしくは指を使ってどこまで切るのか伝えることができます。

This also works for extreme changes, like going from long hair to a short bob.
これは、例えばロングヘアからショートヘア変えたい時など、大きく変えたいときに使えるフレーズです。

“I want to go short!” 「ショートヘアにしたいの」
or if you have a picture you can say,
“I’d like my hair to look like this”
もしくは、写真をみせて「こんな感じにして」とも言えます。

If you show your stylist how much hair you’d like to cut off, there’s less chance for mistakes or misunderstandings.
美容師さんに写真を見せて、どのくらい切りたいのか伝えれば、美容師さんのミスや勘違いを防げますね。

If you want more volume and movement in your hair, you can say
髪にボリュームや動きが欲しいときはこう言います。
“I’d like some layers, please” 「レイヤーを入れて下さい」

or if your hair is too heavy and you want to lose a bit of that bulk, you can say
もしくは、髪の量が多くて減らしたいときは
“Could you thin it out a bit?”「少し、すいてくれますか?」
と言えます。

ヘアカット

Color カラー
Color is a little easier because most salons will have a color chart with swatches that you can point to. But before that, you’ll want to give them an idea of what you want.
カラーは美容院にカラーチャートが合って、それを指させばいいだけだからちょっと簡単ですね。でもその前に、どんな感じにしたいのか伝えましょう。
For example:
“I want a natural brown” 「自然な茶色にしたいの」
or
“I’d like to go light blonde” 「明るい金髪にしたいの」
or
“Could you touch up the roots?” 「伸びてきたところの部分染めをお願いします」

Once you name a color, your stylist will usually bring you some swatches with different shades and tones of that color. From there, it’s up to you!
(Of course, it’s always helpful to have a picture with you so your stylist can see exactly what color you’re hoping for.)
色を伝えれば、美容師はその色の違った影やトーンのスワッチを見せてくれます。
ここからは、あなた次第!
(もちろん写真を美容師に見せれば、どんな色にしたいのか確実に美容師は見ることができるのでいいですよね。)

ヘアカラー

Perms  パーマ
Perms are pretty straight forward. Your stylist will usually just want to know what type of curl you’re looking for. Here’s what you can say.
パーマは簡単ですね。美容師は普通、どんなタイプにカールにしたいのか知りたいだけなので、こんな感じで言えます。
“I’d like a strong/soft curl”「強めの/ゆるいカールにして下さい。」
or
“I’d like it to be wavy”「ウェーブをかけて下さい。」
or even
“I’d like a partial perm, please.”「毛先のほうだけパーマをかけて下さい。」

Styling  スタイリング
There are so many different styles out there, but I’ll just cover some of the most common ones.
たくさんのスタイリングがあるけど、ここでは有名なものをいくつか紹介しますね。

For straight hair: 
“Could you straighten it, please?” 「ストレートにしてください。」

For curly hair:
“Could you curl it?” 「巻いて下さい」
“I’d like lots of curls!” 「クルクルに巻いて下さい」

For updos:
“I’d like to put it up” 「アップスタイルにしてください。」
“I’d like it half up, half down” 「ハーフアップにしてください」

For special occasions:
“I’m going to a wedding, so I’d like something classy and elegant.”
「結婚式に行くので、クラッシーでエレガントなスタイルにしてください。」
“I have a date tonight, so I’d like something cute and stylish.”
「今夜デートなので、可愛くてスタイリッシュに仕上げて下さい。」

パーマ

Pretty easy, right? These are just a few examples of the kind of things you can ask for at a hair salon. Maybe next time I’ll write about what to say at a nail salon!
簡単でしょ?美容院で使えるいくつかの例を上げてみました。次は、ネイルサロンで
使えるフレーズを紹介しますね!

海外の美容室

Katelyn





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン