WHAT’S THE POINT Part2 by Ron

I also started taking my time to eat (and even cook sometimes). Really eat and savor the food that I’m eating.
Since I wasn’t in a rush to go to work, I would sit by my veranda and eat my breakfast and drink my coffee there.
Not looking at the clock and just soaking myself to the view outside my balcony doors.
That was the time when I started noticing the little things and learned to appreciate the beauty in everything.
I would sometimes even make up stories about the pigeons that would come by almost everyday.
食事の時間や料理することに時間を掛け、しっかり食べて、味わうようになったわ。
慌てて仕事に行く必要がないので、ベランダに座って朝食を食べ、そこでコーヒーを楽しんだの。
時間を気にせず、バルコニーの外の景色を見ながら頭を空っぽにしたわ。
ちょっとしたことに気が付くようになり、すべての美しいことに感謝するようになりました。
時には、毎日のように来る鳩の物語を作ったりもしたの。

I also learned to embrace being alone. Japan can be a very lonely country.
Even without the COVID19 and State of Emergency, people are used to keeping their distance, may it be physical, mental, and especially emotional. And as a foreigner living here, you get used to it. Sometimes, you don’t even notice that you have become like that as well.
I always say that here, you invite 10 people (at least 1 month in advance) , sometimes only 1 would come or none at all.
As compared to the Philippines where I was from, you invite 1 person and ten would show up, 9 of them you don’t actually know.
It’s not an exaggeration. Really.
ひとり時間の大切さを学びました。日本は孤独に強い国です。
コロナや緊急事態宣言がなかったとしても、日本人は身体と思考、そして感情的にも人との距離を取ることに慣れています。
日本に住む外国人もそれに慣れていきます。自分では気が付かないかも知れないけれど。
いつも言っているんだけど、日本では1ヶ月前に10人を招待すると参加するのはひとりか誰も来ないかだわ。
私の母国フィリピンでは、ひとり招待すると10人は顔を出し、そのうちの9人はあなたが知らない人です。
大げさに言っているのではなく本当にそうなの!

Having lived here for a long time now, I have learned to get used to it but at the same time try my best to not condone myself to this culture.
I try my best to connect to people even if sometimes it feels like an unending battle.
I always remind myself that I am not doing it for them, but I am doing it for me.
日本での滞在が長くなったので、母国と違う文化を受け入れるように努力し、慣れてきました。
なかなか理解し難いと感じることもあるけれど、人とのつながりを大切にしようと心掛けているの。
誰かの為ではなく自分自身の為だといつも思うようにしているわ。

But during the SOE (State of Emergency), when I was alone (literally) almost the whole time, I learned to embrace this alone time, to embrace my introvertness.
I learned to be my best companion and I learned to accept the fact that “alone-ness” is a friend and not an enemy.
This doesn’t mean that I have given up on people, but I have learned to be joyful and at peace even when it’s just me, myself and I.
でも、緊急事態宣言の間、ほとんどずっとひとりだった時に、ひとり時間や自分の内側と見つめ合う時間の大切さを知りました。
自分自身が一番大切な友であり、受け入れた孤独は友人であって敵ではないと知ったの。
みんなに囲まれることを諦めたのではないけれど、私ひとりきりでいるのも楽しいし平和なんだと分かったわ。

One of the things that gave me so much joy was my plant “Dalany”.
I never had a green thumb. But this plant was given by a friend so I tried my best to not let it die.
He said it was supposed to be a Dalandan Tree but it never grew (maybe because the pot was so small).
Then suddenly, during the SOE (State of Emergency), a different kind of plant started growing from the same pot and I soon found out that it’s a Dandelion.
植物の「ディレイニー」は私を楽しませてくれた物のひとつだわ。
今まで上手に花や植物を育てられたことがなかったの。でもこの植物は友人からのプレゼントだから枯らさないように気をつけたの。
彼はそれがダランダンの木になるはすだと言っていたけれど、鉢が小さかったからか成長しなかった。
だけど、緊急事態宣言の間に突然、その鉢から違う種類の植物が育ち始め、すぐにタンポポだ気づいたわ。
※Dalany(ディレイニー):Ronがつけた植物の名前
※Dalandan(タガログ語):フィリピン生息の柑橘類。ミカンより甘味が少なく、美味しくないそうです

I have never tried to look closely at a Dandelion plant before so I didn’t know what it looked like.
I would only pick the flower seeds and blow on them so they would fly off.
So I only found out what it was when the flowers bloomed out came the white cloud-like flower.
I even had to research it to make sure that it was indeed a Dandelion.
One thing I found out during my research was that the yellow flowers of Dandelion only open in the morning and would close by the afternoon.
But being a night owl, I would rarely see the flowers open.
As my only “living” companion during the SOE, imagine my joy when I would see a flower still open when I wake up.
I would sometimes talk to it while having my coffee by the balcony.
I am happy to let you know that Dalany is still alive and well.
今までタンポポを間近で見たことがなかったので、どのようなものか分からなかった。
綿毛を摘んで吹き飛ばしているだけだったのね。
だから、白い雲のような花が咲いた時にやっとタンポポだって分かったの。
タンポポだと確認する為に調べ物もしました。
調べているうちに知ったのですが、タンポポの黄色い花は朝にだけ咲き、正午迄には閉じるのです。
私は夜型人間なので、開花の場面を見ることはなかなか出来ないの。
緊急事態宣言の間、唯一の共に生活する住む仲間だったから、目覚めた時にまだ花が開いているとどんなに嬉しい気持ちになるか分かるかしら?
バルコニーでコーヒーを飲みながら、時々タンポポに話しかけるの。
皆さん、Dalanyは今でも元気に咲いているんですよ!

Now that the SOE has been lifted and I have gone back to the “new normal” and back to commuting to go to work,
I try my best to remember what I have learned during my long time staying at home.
And I hope I never lose them even when life gets busy.
緊急事態宣言は解除された今、出勤して”new normal(新しい日常)”を過ごしています。
自宅で過ごした長い時間のなかで学んだことを忘れないようにしたいと思っています。
忙しくなっても大切にしたいです。

So “What’s the point?”? The point is YOU. You do it for YOU.
You get up in the morning (early or not) and spend your time well to have joy and peace in YOU.
You put on makeup and nice clothes to feel good about YOU.
You study, you learn when you have the time so that when the opportunity comes, you will be ready.
You can’t prepare anymore when the opportunity is already at your door.
It won’t wait for you. So you have to prepare YOU.
「何の意味があるの?」その答えこそあなたなのです。自分自身の為なのです。
朝起きたら(早くてもそうじゃなくても)、あなたの時間は自分の為に楽しく平和に過ごすこと。
自分が心地よく過ごす為に、化粧をしたり、好きな洋服を選ぶこと。
チャンスに恵まれた時に学んだり知識を広げたりする為の準備は出来ているでしょう。
チャンスが近づいてから準備をするのでは遅いのです。
チャンスは待っていてはくれないものです。自分で準備をしておかなくちゃ。

And lastly, I just want to say, even if you feel you did nothing worthwhile today and you only stayed alive, YOU STILL DID WELL TODAY.
Or as we say in Japanese “おつかれさま でした.”
最後になりましたけど、もし今日を無意味に過ごしたと感じたとしても、それはそれで一日頑張ったのです。
日本語で言えば「お疲れさまでした」と言いたいわ!

===Ron===





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


英会話スクールで働くスタッフのブログ の一覧