Christmas Superstitions!

As it is the festive season, I would like to share some common superstitions and beliefs
from my country which are about Christmas and New Years.
今はお祝いシーズンなので、私の国からクリスマスとお正月に関する、昔から言い伝えられる迷信について話たいと思います。
A superstition is the belief in something that can bring you either good luck or bad luck,
but be warned! Some of the following may seem a little strange….
迷信は幸運、そして悪運を運んでくる物なので、気を付けてくださいね!
これからお話する事はちょっと変だと思いますが・・・
1: Witch Balls.
Did you know that the modern Christmas bauble (or ball) which we decorate the Christmas
tree with come from 18th Century England? They were hollow, glass spheres that were
hung in the windows of houses to act as protection against evil spirits, witches spells, or
just general bad fortune. They were later put on Christmas trees to prevent a visitor from
feeling envious of all the gifts sitting under the tree!
イギリスでは18世紀から、クリスマスツリーに モダンなクリスマスボールを飾っている事をご存知ですか?それは、悪霊・魔女の呪文・一般的な不運から身を守る為に、家の窓に空洞のガラス球をぶら下げると言う事から来ています。
やがて、木の下に置かれるプレゼントを羨ましく感じない様に、クリスマスツリーに飾るようになりました。
2: Fires.
As is it much colder in England than in Japan, many families keep cheerful fires roaring in
the fireplace at Christmas. Traditionally presents for each of the family members would be
hung in stockings or socks over the blazing fire. However an old superstition is that if you
have difficulty lighting the fire on Christmas Day, this means you will have bad luck in the
New Year!
イギリスは日本よりかなり寒い為、クリスマスの時は、沢山の家族が暖炉に勢い良く
火を焚きます。
伝統としては、燃える火の上に、プレゼントを入れる為の靴下、もしくはクリスマス用の大きな靴下を、家族一員がそれぞれプレゼントを入れる為に飾ります。
ところが、クリスマスの日、焚き火がなかなかつかない場合、それは新年に悪運がやって来るという迷信があります。
3: Christmas Cake.
My favourite kind of cake! It is rich, sweet and fruity with a thick layer of icing and a sweet
substance called ‘marzipan’ on top and is only sold at Christmas. Traditionally it was
thought unlucky to eat any before Christmas Day itself, nowadays it is not bad luck as long
as you keep one piece back for Christmas Day. So if you eat any Christmas cake this year,
don’t eat it all at once!
私の好きなケーキ!それはクリスマス限定の、お砂糖だけで作った厚い層がある、マジパンって言う甘~い材料で作られる高級な、甘~い、フルーティなケーキ!
伝統として、それをクリスマス前に食べると不幸と言われています。
最近では、クリスマスまでワンカットのケーキを取っておけば不幸にはならないと言われています。もし、今年クリスマスケーキを食べるなら、全部食べちゃ駄目ですよ!
4: Christmas Pudding.
Like the cake, is is rich and full of fruit, but it is heavier, is eaten hot, and often contains
spices and brandy (better for adults than for kids!), and is eaten on December 25th after
the Christmas Dinner.
ケーキと同様、高級でフルーツがたくさん!でもちょっと重たく、温かいものをいただきます。時々、スパイスや、ブランデー(大人には嬉しいかな)が入ってます。
12月25日クリスマスディナーを食べた後に、食べるんです。
A common superstition is this; when preparing the pudding mix, each member of the family
has to take turns mixing the ingredients together. Each time a person stirs the mixture,
they must make a wish which will come true in the New Year. But be careful not to tell anyone
your wish, or it won’t come true! (my mother believes in this one).
これについての迷信はプディングを作るとき、家族のみんなが材料を混ぜないといけないの。その材料を混ぜる毎に、お願い事をすると新年に叶うんです。
でもお願い事を誰にも言わないように気をつけてね!そうじゃないと叶わなくなっちゃうから。(母はこの迷信は信じてるの)
5: Spirits
At midnight on Christmas Eve (December 24th) the doors of the house must be opened to
release all the evil spirits from the house. Then on midnight on New Years Eve. (December
31st) the doors must be opened again to welcome in the New Year and the good spirits
are invited to live in the house for the next year (My father believes in this one).
These are just a few of many English Christmas superstitions! Which ones do YOU believe
in….?
真夜中のクリスマスイブには,悪霊を家から追い出すためにドアを開けとかないといけないの。そして、大晦日の夜には新年を迎えるためにドアを開け、来年の為に上機嫌な霊を迎え入れるのよ。(父はこの迷信を信じてるのよ)
先日、銀座スクールで働いていたらとってもデコレーションがキレイだったの。
是非、レッスンに来てね!
And Merry Christmas!
Leonie





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


スタッフブログ の一覧