PJ2 – Day 17: 助動詞wouldとwouldn’tについて

WOULD and WOULDN’T

Day17では、助動詞wouldとwouldn’tを紹介します。
wouldには、強い意志の意味として「どうしても~しようとした」というニュアンスがあります。

Willについての解説は以前PJ1のDay17にありましたね。
willには名詞として「意志」という意味がありますからね。

例1:I would do the work. (私はどうしてもその仕事をしようとした。)

starbucks_newspaper_boxes_snow.jpg

このニュアンス、分かりますか?なお、助動詞の後ろには、必ず動詞の原形が来ますので、主語が三人称単数でも動詞の最後にsは付けません。

wouldの意味としては、「過去のある時点」で「その時点からみた未来」に対しての強い意志を表しています。否定文は、wouldの後ろにnotを付け、意味は「どうしても~しようとしなかった」となります。

また、スペースが余っているのでこれを機会に、仮定法について簡単にご紹介します。仮定法には、仮定法過去、仮定法過去完了があります(最近では、仮定法現在は解釈としてなくなってきている)。

仮定法過去(Second Conditional):if + 過去時制, 主語 + would (PJ3-Day17)
If you lent me the money, I would pay you back next week.
(お金を貸してくれたとしたら、来週には返せるのに。)

仮定法過去完了(Third Conditional):if + had + 過去分詞, 主語 + would + have + 過去分詞 (PJ4-Day19)
If you had studied more, you would have got better marks.
(もっと勉強していれば、もっといい点が取れたのに。)

Photo Journal – 英会話初心者向け教材の解説一覧に戻る





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


photo-journal の一覧