:The Story of English (Part 2) by Mark

picunionjack_1_.gif

MIDDLE ENGLISH

In 1066, the Norman French conquered England.  English was outlawed,and many people learned French to communicate and do business with their French rulers. This meant English now had 2 words everything. 

The native English words were considered crude and uneducated, the new French words were considered elegant and noble. 

The poor peasants raised chicken, cows, pigs and sheep (from English).  

The rich nobility ate poultry, pork, beef and mutton (from French).
 
中英語

1066年、ノルマン人がイングランドを征服したよね。
(訳注:ノルマン征服が気になる方はこちら!
http://ja.wikipedia.org/wiki/ノルマン・コンクエスト

英語版でチャレンジしたい方はこちら!
http://en.wikipedia.org/wiki/Norman_conquest_of_England)

英語は違法となり、たくさんの人々がコミュニケーションのためやそしてフランス人の支配者たちと商売をするためにフランス語を覚えたんだ。これで現在の英語に2つずつ単語があることに説明がつくよね。
もともと現地の人が話していた英語は荒っぽくて、教養が無い言語と見なされ、新しいフランス語は洗練された、気品のある言語と見なされたんだ。
例えば、貧しい農民たちは英語が由来のchicken, cows, pigs, sheep 「鳥、牛、豚、羊」を育てて、
お金持ちの貴族階級はフランス語が由来のpoultry, pork, beef,  mutton 「鶏肉、ポーク、ビーフ、マトン」を食べる、というわけだよ。


【古英語(パート1より)】
Hwæt wilt þū?
Ic wille hycgan Englisc.

【中英語】
What wilst þu?
I wille lernen English.

【現代英語】
What do you want to do?
I want to learn English.

【日本語】
あなたは何をしたいですか?
私は英語を学びたいです。

Middle English was a mix of native English words and Old French words.  Other loan words came from Italian, Latin, Greek and even from Old Norse, 
the language of the Vikings. Because of so many foreign words coming into the Old English dialects, 
the rigid grammar of Old English broke down and became simpler in this period.  High school children in America and England can probably understand 55%-65% of Middle Englishwithout any kind of notes or special lessons.  

中英語はイングランド現地人の言葉と、古いフランス語が混ざったものだね。
他の外来語はイタリア語、ラテン語、ギリシャ語、それにバイキングの言葉でもある古ノルド語(訳注:8~14世紀にスカンジナビアン半島などで使われた古代ゲルマン語)からも来ているんだ。
古英語の方言にたくさんの外国の言葉が加わったためにしっかり型にはまっていた古英語の文法が崩れて、中英語の時代(訳注:1100年~1500年頃)に、より単純なものになったんだ。アメリカやイギリスの高校生はたぶん、注や特別な授業が無くても中英語を55%~65%くらいなら理解できるんじゃないかな。
To be continued!
Mark