Introduction Blog by Jon

Hello, my name is Jonathan Barry Palmer, but I normally just go by Jon.

My mother is French-Canadian, and my father is English, and I am the youngest of 3 siblings.

I was born and raised in Toronto, Canada.

こんにちは!僕の名前はJonathan Barry Palmerです。でも、普段はJonと呼ばれています。

母はフランス系カナディアンで、父はイギリス人、そして弟が3人います。

カナダのトロントで生まれ、育ちました。

 

 

toronto.jpg

 

 

 

Just like the majority of Canadian boys, I lived and breathed hockey until the age of about 15.

Somehow, everything I ever touched seemed to be transformed into something related to hockey.

At the dinner table, my knife would turn into a hockey stick, and my peas turned into hockey pucks.

大多数のカナディアン男子と同じように、15歳になるまでホッケーのことしか頭にありませんでした。

なぜか、僕は全てのことがホッケーに繋がっているように思えました。

ディナーテーブルでは、ナイフがホッケーのスティックに、サヤエンドウはパックに変わったんだ。

 

hockey.jpg

 

 

I had a collection of mini cars, but to me, they were not cars, but hockey players.

And every night before bed, they would challenge each other to matches.

Was I a crazy kid? Maybe.

But what I do know is that I was a boy with a vivid imagination who loved hockey.

As time wore on, however, I eventually lost interest in playing hockey and gained new interests such as soccer, cooking, baking, snowboarding and exercising.

僕はミニカーを集めていたんだけど、それは僕にとっては車ではなく、ホッケーの選手だった。

そして、毎晩寝る前はいつもミニカー達が試合をしていた。

僕は変な子供だったかな? 多分そうだろうね。

でも僕はホッケーが大好きなイキイキとした想像力をもった子供だったということだよね。

それから、僕は段々とホッケーには興味が薄れていって、サッカー、料理、お菓子作り、スノーボードや運動を楽しむようになりました。

 

I have a very big sweet tooth.

I absolutely love cookies, cakes, chocolate and basically anything that has sugar in it.

Although I like sweets from the grocery stores, I always preferred those that my dad made.

僕は大の甘党です。

だから、クッキー、ケーキ、チョコレートとか、基本的に砂糖が入っているものは全部大好き。

もちろん、お店で買ったお菓子は好きだけど、やっぱり父が作った物のほうが好きですね。

 

But I felt he didn't bake often enough.

So I thought to myself, "If I can learn how to bake, then I will be abe to eat cookies and cakes whenever I want", so I had my dad teach me his baking secrets, and before I knew it, I was making coffee cakes, tiramisu and gingerbread men.

Of course, in Canada, since a typical household is much bigger than here in Tokyo, they also have much bigger kitchens and ovens, making it a lot easier to bake.

でも、父がなかなか作ってくれないから、僕は自分で作ることにしたんだ。「もし、僕がお菓子を作ることができたら、僕が食べたいときにクッキーやケーキが食べられる」って。それから、お父さんからお菓子作りの秘密とかを教えてもらいましたが、それより前に、僕はティラミスとかジンジャーブレッドは作っていました。

もちろんカナダでは、ここ東京よりも一般的な家のサイズが大きいので、より大きなキッチンやオーブンも持っている。だから、たくさんのお菓子を簡単に作れます。

 

 

Photo0478.jpg

 

 

 

 

Although my baking portfolio in has decreased significantly since coming to Japan, I still manage to whip something up whenever there is a special occasion.

Another kitchen activity that I thoroughly enjoy is (no, not washing the dishes…) cooking.

When living with my parents, I would watch a cooking show called Take Home Chef and then try to cook the recipes for my parents.

I always like eating a cooking new dishes, so every night it would be something different.

僕がお菓子を作るのは日本に来てから、かなり減りましたが、今でも特別なことがあれば作っています。

他には料理をすることにハマっています(まぁ、お皿はあまり洗わないけど…)。

両親と住んでいた頃は、「Take Home Chef」という料理番組を見て、両親に作ってあげていました。

僕は見たことのない料理を食べるのが好きだから、毎晩のように違う料理が並んでいたんです。

 

Now that I am living on my own, however, I find it difficult to motivate myself to cook something special on a nightly basis.

I have since mastered the art of fried rice.

It has 4 points that appeal to me; It's easy, healthy, cheap and delicious.

でも、今はひとり暮らしなので、チャーハン作りをマスターしてからは、毎晩のように自分のために特別な料理を作るモチベーションがなかなか出てこないです。

チャーハンのいい所は4つあって、簡単、体にいい、安い、そして美味しいですね。

 

While I was studying Kinesiology in university, I started working as a personal trainer.

For the first 4 or 5 years, I worked for a gym.

But once I graduated, I decided to spread my wings and start my own personal training business.

僕は大学で運動学を学ぶと同時に、パーソナルトレーナーとして働き始めました。

初めの4,5年はジムで働いていたんだ。

でも卒業したら、翼を広げて、自分自身でパーソナルトレーニングビジネスをはじめると決めたんだ。

 

I would travel to my clients' homes and teach them about proper exercise and nutritional habits.

I really enjoyed interacting with people of many different backgrounds on a daily basis, but lost my passion for teaching about exercise and nutritional because the majority of clients seeking help just wanted a "quick fix" to losing weight and looking sexy on the beach. Hmmmmffff!

僕はクライアントの家に行き、適切なエクササイズや栄養の習慣を教えていました。

僕は毎日のように様々なバックグラウンドを持った人々と触れあう事をとても楽しんでいました。

でも、大半のクライアントが減量やビーチでセクシーに見えるための、「その場しのぎの解決策」を求めていたことで、エクササイズを教えることへの情熱を失ってしまいました。

 

One of my clients knew that I wanted to pursue a teaching career and that I had an interest in Japanese culture so she suggested that I go to Japan to teach English.

At the time, I knew nothing about the possibilities of traveling abroad to teach English so I thought nothing of her proposal.

But she kept insisting and eventually I looked into it.

I did some research and agreed that it would be a good idea.

僕のクライアントのひとりが、僕が教えることへのキャリアを追い求めていること、そして日本文化に興味があることを知っていて、英語を教えるために日本にいってみたらと提案してくれました。

当時は、英語を教えるために海外に行くなんて、まったく考えてもいなかったから、彼女の提案に対して何も思わなかったんだ。

でも。彼女はずっと提案し続けてくれた。だから、

僕はいくつかリサーチをしてみると、日本に行くことは、とてもいいアイデアだと思ったんだ。

 

Before coming to Japan, I found a job through the internet and had decided that I would work in Japan for 1 year to gain teaching experience, then come back to Canada and pursue my teaching career.

However, after about 5 months of teaching in Japan, I began to fall in love with the country and decided I wanted to stay longer… Much longer.

I have made some terrific friends in Japan, and I now feel at home here.

日本に来る前、僕はインターネットで仕事を見つけて、教師として1年間日本で働いてから、カナダに戻って教師のキャリアを追い求めようと決めていました。

でも、5ヶ月ほど日本で教えた頃には、僕はこの国が大好きになって、長く、もっと長く日本に残りたいと思いました。

僕は日本ですばらしい友人もできて、今はとても居心地がいいです。

 

Life is not always easy here.

When I first arrived in Japan, I knew hardly any Japanese, which made doing simple, every day tasks, like grocery shopping, challenging.

These days, I am taking my Japanese studying very seriously, but am still very weak.

人生は必ずしも簡単にはいかないものです。

僕が初めて日本に来た時、ほとんど知らなかったので、簡単な間に合わせの日本語で、日々の仕事、食品の買い物などに挑戦しました。

最近は、とても真剣に日本語の勉強をしていますが、まだまだ苦手です。

 

I recently confronted another very big challenge that foreigners face in Japan: moving.

I learned that there are many apartments that simply do not want foreigners, and just communicating with my real estate agent was extremely difficult at times.

In the end, I was able to find an apartment that is exactly what I was looking for, in the location that I wanted, so I am very happy and relieved.

最近もうひとつのとても大きなチャレンジ、外国人が日本で直面する「引っ越し」に立ち向かいました。

多くのアパートは外国人に来てほしいとは思っていなくて、不動産会社とのコミュニケーションが時々とても難しいことを学びました。

でも、最後には探していた通りの場所にアパートを見つけることが出来たので、とても嬉しいし、ホッとしています。

 

My motto is: living is learning. What I mean by this is that if somebody stops learning, they are no longer living their life to its fullest.

I understand that I still have a lot to learn about Japan including, but not limited to, the culture and the language.

I take every day as a learning experience.

Whether I am talking to my clients our reading an advertisement in the train, I want to continue learning and improving upon myself as a professional, as a friend and as a person.

I am looking forward to meeting many new people and hearing about their interesting stories.

僕のモットーは「living is learning(生きることは学ぶこと)」。

学ぶことを止めてしまうこと、それは人生を精一杯生きていないということです。

僕はまだ、文化や言葉、さらに日本について学ぶことがたくさんあると分かっています。

学ぶことに限界はないんです。

僕は毎日の経験が学習だと思っています。

プロとして、友達として、人として、学び続けて自分を成長させたいです。

新たな出会いと皆さんの楽しい話を聞くのを楽しみにしています。

 

Jon





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


スタッフブログ の一覧