“Ninja Island”by Jon

 ”That’s the legendary Ninja Island, ya?*” I asked our ever reliable navigator as the speck of land visible just over the horizon gradually took shape. “Sure is!” She shot back. “You guys have been there before, no?*”. “Nope, not me. But I’ve read all about it in books. Did you know that in Japan, there are many different ninjas, and each one houses a different god?” Our shipwright proclaimed with an air of superiority. “That’s ‘Jinja’, not ‘ninja’, you fool!” Madam navigator riposted.

**
「あれって伝説の忍者の島、だよな?」地平線上に見えるわずかな土地が徐々に形になってきたので、俺は頼りになる我らが航海士に聞いた。「もちろんそうよ!」
彼女はすぐさま答えた。「あなたたち行ったことないの?」「俺はない。でもその島のことは全部本で読んだ。なあ知ってたか?日本には、忍者と言ってもいろんな種族がいて、それぞれに信じる神様が違うって。」 船大工が自慢気に言った。「それは忍者じゃなくて神社よ。バカね!」航海士が素早く切り返した。

Ninja

“Land ho!” I blurted out. “We’re gonna eat now, ya?* I want a thick T-bone with a side of pork tenderloin!”
「陸だぞー!」俺は思わず口走った。「これから食事の時間だよな?豚のテンダーロインのTボーンステーキが食べてえなぁ~!」

“Hold your horses! Our first priority is getting directions to the next island. Don’t cause a ruckus, at least not until we get our hands on — ” Before she knew it, our navigator was standing in solitude on the anchored ship.
「ちょっと待って!最優先にすべきは次の島への方向を得ること。騒がないで、少なくともあれを手にいれるま…。」気づくとあっという間に、航海士は停泊している船の上で孤独に座っていた。

Looking at a group of suspiciously dressed young men huddled on the side of the road, I inquired “What’s up with those guys’ strange outfits?” “No idea man, just ignore them and let’s find some grub.” Mr. Music said, with a worried look affixed on his face.
停泊地のわきにごちゃごちゃと集まっている怪しげな格好をした若い男達をみると、俺は訪ねた。「あそこの男たちの変な格好はどうしたんだ?」「さっぱりわかんないぜ、あいつらのことはいいから食べ物探そうぜ。」音楽オタクは不安そうな顔を浮かべて言った。

Just then, “Hey you! Ya! You three! You’re pirates, aren’t you!?*” One of the oddly dressed men cried with a sense of disdain.
ちょうどその時、「なあお前ら、そうだよお前ら3人のことだ!お前ら海賊だな、そうだろ?」奇妙な格好の男たちの一人が軽蔑した様子で叫んだ。

ninja2

“We sure are! But we’re no ordinary pirates. I’m the future pirate king! Want an autograph?”I countered. “Based on your forehead protector, I assume you’re from the Gouka clan in the fire village, am I right?*” Our swordsman added.
“Spot on. What’s your business here on our island, wise guy? Looking for trouble, huh?*” The 5 men, each with his own unique stature, began approaching us. We were outnumbered…
「もちろんそうさ!しかし俺達はそんじょそこらの海賊ではない。未来の海賊王だ!サイン欲しけりゃ書いてやるぞ。」俺は続けた。「お前の額当からして、お前は火の村の豪火族だな。そうだろう?」剣士が加えて言った。「大正解。俺達の島には何の用だ、お利口さん。争い事を探してでもいるのか、ん?」その5人は俺達に近づき始めた。数では負けている…。

“That’s none of your concern. We don’t have time to waste on you pipsqueaks” The swordsman shot back just as I noticed we had been reduced to just the two of us. Apparently our musician had already fled the scene. We were outnumbered, 5 on 2. If these guys were indeed experienced ninjas, this could be a really grave situation. But no worries, I’m always full of good ideas…
「お前には関係ない。お前のような雑魚に時間を使っている暇はねえ。」俺が剣士と二人だけに減っていることに気づいた瞬間に剣士はすぐさま言い返した。見たところあの音楽オタクはこの場面から逃げたようだ。多勢に無勢だ。もしこいつらが忍者の経験があったらこれは本当に重大な状況だ。でも心配ない、俺達はいつもいいアイディアをいっぱい持っている…。

* = Tag question
– Used to confirm information or to express your desires

Jon





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


スタッフブログ の一覧