Some Idioms by Susanna

I promised to come up with a new blog about idioms and I am very late, truly sorry about that.

Since I am not a native speaker there are idioms that are confusing to me too so I also need to study them sometimes ; )

Some idioms have the same meaning in Swedish and English but the choice of words are not quite the same.

Here I will try to explain some common ones I have come across during teaching and in life in general.

イディオムについて新しくブログを更新すると約束していたのにとても遅くなってしまって本当にごめんなさい。

私はネイティブ・スピーカーではないので、私にとっても分かりにくいイディオムがあって、時々勉強する必要があるのよ。

イディオムのいくつかはスウェーデン語と英語で同じ意味を持つものもあるけれど、言葉の選択は少し違うの。

これから、私が英語を教えている中で、また生活の中で見つけた共通のイディオムについていくつか説明するわね。

 

◆red tape(お役所仕事、形式的な手続き)

It means essentially bureaucracy or procedures which have to be followed despite the waste of time included in doing so.

これは本来、時間の無駄だということにも関わらず従わなければならないお役所仕事や手順を意味します。

 

It’s too much red tape they could proceed so much faster if they wanted.

もっと早く進めたければそうできるのに、レッドテープ(形式的な手続き)が多すぎる。

 

Susanna.jpeg

 

 

◆Clutch at straws(わらにもすがろうとする)

This means that even though you are in a bad and hopeless situation you desperately try to find new solutions or reasons to feel hope.

これはどんなに絶望的な状況でも、希望を得るために新しい解決策や理由を必死に探そうとすることを意味します。

 

He thinks she might still be interested but I think he's clutching at straws.

彼は彼女がまだ関心を持っていると思っているけれど、私は彼がすがっているように思えるわ。

 

 

Susanna2.jpeg

 

 

 

 

◆Don't cry over spilt milk(こぼしたミルクを嘆くなかれ=覆水盆に返らず)

This means that should not be upset about making a mistake because you cannot change the situation.

So this idiom can be used to comfort someone who is complaining about a mistake they have already made.

これは状況を変えることができずミスしてしまったことにくよくよするべきではないという意味です。

ですので、このイディオムは過ちを犯してしまい愚痴をこぼしている相手を慰める場合にも使われます。

 

I really regret that I cut my hair short.

髪をショートにして本当に後悔しているわ。

 

Oh stop it! It will grow back and anyway it's no use crying over spilled milk.

もう、やめなよ!また髪は伸びるんだし、今更後悔してもしょうがないでしょ。

 

◆The grass is always greener (on the other side of the fence)(隣の芝は青く見える)

Often people think or believe that they would be happier in another place or setting of circumstances.

This idiom, is used to contradict this assumption and express that other circumstances might not be better at all. Usually it is used in is short form.

よく人は違う環境だったら今よりももっと幸せだと考えることがあります。

このイディオムはこの思い込みに反対するときに使われ、他の環境が必ずしも良いとは限らないということを表現します。通常は短縮形で使われます。

 

I hate my job, it is so boring!

Remember the grass is always greener.

私、今の仕事嫌いだわ。とてもつまらないの!

隣の芝は常に青く見えるものよ。

 

◆Take something with a grain of salt(一粒の塩と一緒に受け入れる=話半分に聞く)

To take something with a grain of salt means that you consider something not to be entirely true.

「一粒の塩を一緒に受け入れる」は、何かについて全てが本当ではないと考えることを意味します。

 

Take everything you read in that newspaper with a grain of salt.

新聞で読むことは全て話半分にとりなさい。

 

 

Susanna3.jpg

 

 

 

Susanna





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


スタッフブログ の一覧