Guy Fawkes Night by Jordan

In the UK, there is a national holiday on November 5th.
It is not so well-known outside the UK.
It’s also my favourite holiday of the year, so I wanted to tell you about it.
It’s called “Bonfire Night” (a “bonfire” is a big fire).
イギリスでは、11月5日に祝日があります。
この祝日はイギリス以外ではあまり知られていません。
1年の中で私のお気に入りの祝日でもあります。ですから皆さんにこの祝日についてお話ししたいと思います。
それは『Bonfire Night(焚き火の夜)』と呼ばれています。

Bonfire Nigh

This holiday has an unusual history, but the meaning of the holiday is not really remembered and nowadays people don’t celebrate the original meaning.
In that way, it’s also like “Halloween”. The meaning of “Halloween” is a little lost now too.
この祝日には珍しい歴史があります。しかし本当の由来はあまり覚えられていないし、この頃では人々は本来の意味で祝っていません。
そんな訳で、この祝日も『ハロウィーン』のようなものです。『ハロウィーン』の意味も今では少し忘れられていますからね。

The history
In 1605, on November 5th, a group of people led by a man called “Guy Fawkes” planned to blow up the “Houses of Parliament” in London.
The Parliament is the place where the government of the UK meets.
They wanted to kill the King (James the first) and his government.
The King was Protestant Christian, and the Guy Fawkes group were Catholic Christian, so they wanted to replace the King with a Catholic one instead.
But the King’s supporters found out about the secret plan and Guy Fawkes and his group were killed.
From that time, the day has been a holiday to celebrate the failure of the plan.

歴史
1605年11月5日、『ガイ・フォークス』と呼ばれる男が主催するグループの面々がロンドンの国会議事堂を爆破するプランを立てたました。
議会は、英国政府が集う場所です。
彼らは王様(ジェームス1世)と彼の政府を殺したかったのです。
王様はプロテスタントキリスト教徒で、ガイフォークスのグループはカトリックのキリスト教徒だったので、カトリック教徒の王様と代えたいと思っていました。
しかし王様の支持者が秘密の計画を見つけガイ・フォークスと彼のグループは殺されました。
その時から、その日は計画の失敗を祝うための休日となりました。

Guy Fawkes

Now
The original story is not focused on now (and even I had to search online for the small details of the story).
But we still celebrate the day by setting off big and small fireworks, having a big fire and eating certain foods.
The fire is usually built out of old wood and papers which we don’t need anymore.
Usually, each family celebrates in their own garden with a fire, fireworks and food but often there are community events (these have bigger fireworks too).
Not every family celebrates.My family always did.
In my home county of Yorkshire (and a few counties around it too) we eat a cake called “Parkin” on November 5th, it’s made from oatmeal, treacle and ginger.
I used to wait all year to eat Parkin because it was my favourite cake when I was a child.

現在
今では元々の由来はフォーカスされていません(だから私はストーリーの詳細についてネットで検索しなければなりませんでした)。
しかし私達はまだ大小の花火をし、大きな火をおこし、お決まりの食べ物を食べて、その日を祝います。
火は大体古い木や要らくなった紙でおこします。
通常は各家庭の庭で火、花火、食べ物で祝いますがしばしばコミュニティイベントがあります(イベントでは花火もより大きくなります)。
全ての家庭でお祝いをするわけではないのです。私の家族は毎年していました。
私の故郷であるヨークシャー(そしてその周辺のいくつかの郡)では、11月5日に 『パーキン』というケーキを食べます。
パーキンはオートミール、胡麻、生姜から出来ています。
子供時代、パーキンがお気に入りのケーキだったので一年中パーキンを食べることが待ち遠しかったです。

YorkShireParkin

We also eat “bonfire toffee” and sometimes “toffee apples”.
私たちはまた『bonfire toffee〔黒糖のトフィー)』と時々 『toffee apples(りんご飴)』も食べます。

bonfire toffee

toffee apples

Before November 5th some people, usually children or teenagers, also make a life size doll made out of straw or newspaper.
They dress the doll in real clothes.
This is supposed to be “Guy Fawkes”.
彼らは人形を道に持っていき、人々は小さな変化を与えます。
11月5日が近づくとは子どもやティーンエージャーは藁や新聞で作られた等身大の人形を作ります。
彼らは人形に本当の洋服を着せます。
これが『ガイ・フォークス』とされています。
彼らは人形を道に持っていき、人々は小さな変化を与えます。
They then take the doll into the street and people give them small change.

Guy Fawkes2

Then, on November 5th, they burn the “Guy Fawkes” on the bonfire!
In my home city of Sheffield, there are many small hills so all the smoke from the fireworks is stuck inside the valleys of the hills.
This gives the night a special atmosphere, you can hear the noise of fireworks echoing around the hills and by that time of year all the autumn leaves are falling.
Nearby my home, people gather on top of a big hill to watch the view of the fireworks around the city, people even bring chairs and blankets despite the cold…

そして11月5日には、彼らは焚き火で 『ガイフォークス』を燃やします!
私の故郷の。では、小さな丘がたくさんあるので、花火の煙はすべて丘の谷の中にくっついています。
これはこの夜に特別な雰囲気を与え、丘の周りに響き渡る花火の騒音を聞くことができ、1年のその時には秋の葉がすべて落ちています。
私の家の近くでは、人々は、寒いにもかかわらず椅子や毛布を持って街周辺の花火を眺めを見るために大きな丘の上に集まります。

Sheffield

Some places in the UK have very big celebrations, like “Lewes” in the south of England or “Ottery St. Mary” in Devon.
There, big barrels of lit tar are carried through the streets on people’s shoulders and many people visit to watch.
南イングランドの『Lewes』やデボン洲の 『Ottery St. Mary』のようなイギリスのところどころで非常に大きなお祝いがあります。
そこでは、大きなタールの樽が人々の肩の上を通り抜けて運ばれ、たくさんの観光客が訪れてます。

Lewes

The holiday always makes me strongly feel the changes and atmosphere of autumn.
I have not celebrated “Bonfire Night” for a long time because I have moved around a lot since university but I miss the atmosphere of that day.
If you visit the UK on that day, maybe you will find some “Bonfire Night” events happening nearby.
But I don’t know if you will find the cake “Parkin”…
この祝日はいつも私に秋の変化と雰囲気を強く感じさせます。
私は大学の時からずっと移動が多かったので、長い間『Bonfire Night』を祝っていませんでしたが、その日の雰囲気が恋しいです。
もしその日にあなたがイギリスを訪れたなら、近くで起こっている『Bonfire Night』のイベントがあるかもしれません。
あなたはパーキンケーキに出会えるかな・・・

Jordan





 
 


英語が全くダメな人のためのOLあんちょこ英語集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

言えたら安心の「これだけ」海外旅行フレーズ集 bわたしの英会話 無料ダウンロード

特典付き資料請求

その他、マンツーマン英会話「bわたしの英会話」の知りたい情報が満載!今スグ見られる!!

【 特 典 付 き 】『bわたしの英会話:ココが知りたい! 資 料 請 求 ダウンロード』 システムや料金情報、各スクール情報など、人気のコンテンツがすぐにご覧いただけます!


ご相談専門お電話番号


※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
※『すぐに体験してみたい!』派のあなたには、<無料体験レッスン>WEB見た、で特典あり。
button_lesson_anime_s
無料体験レッスン
 
 


スタッフブログ の一覧