ロマンス映画から学ぶ英会話:英会話初心者に役立つ無料の英語学習コンテンツ

映画で学ぶ英会話

映画ドラマは英会話・英語学習の
ネタ宝庫!?





ラスト・ソング”The Last Song”

皆さま、こんにちは!KONPです★

平成最後のお正月はいかがでしたか?
huluやNETFLIXなどで映画三昧^_^なんて方もいらっしゃったのでは?
今年も素敵な映画に刺激を受けて毎日Happyに過ごしていきましょう♪

さて本日は『きみに読む物語(The Notebook)』や『ウォーク・トゥ・リメンバーA Walk To Remember)』で有名な小説家、
ニコラス・スパークスの書き下ろし小説を映画化した『ラスト・ソング』から、
日常会話で使える!and 心に染みる~!!フレーズをご紹介したいと思います♪

まだあどけないマイリーが可愛らしく、「こんな夏休み過ごしたかった!」と思える作品です^^
季節はずれですが、甘酸っぱくて切ない、でもすごくハートフルなストーリーに心あたたまるはず間違いないです☆

◆Story of”The Last Song”◆

思春期真っ只中のマイリーサイラス演じるロニーは、離婚により別々に暮らす父親と過ごすため夏休みに、海辺の街へやってくる。
離婚のショックで父親に反抗的な態度をとるロニー。
そんな中、海辺の町で出会うリアム・ヘムズワース演じる少年、ウィルと出会う事で徐々に気持ちに変化が現れる。
少しずつ父親とも打ち解けてきた矢先に、ロニーはある衝撃的事実を知ることになる・・・。

◆One point English Part1 from”The Last Song”◆

ウィルと話すロニーの間にはいる弟のジョナ。浜辺に日焼け用の古い椅子を広げて、
本を読むのが好きなロニー、家のポーチから話しかける弟との会話より・・・

Ronnie Miller: What’s the matter with you?
ロニー: 何が問題なの?
Jonah Miller: This doesn’t look good. You’re not okay with this, are you?
ジョナ: 全然良くないよ。こんなんじゃ全然ダメでしょ?違う?

☆この「the matter with you?」や「Okay with you(This)?」という表現は、ネイティブも多用するフレーズです!
例えば…

Ken: What do you want to eat for lunch?
ケン: お昼何食べたい?
Jenny: Um… I want to eat Chinese food! Is it okay with you?
ジェニー: うーん…中華料理が食べたい!それでも大丈夫?
Ken: Sure! Why not!
ケン:もちろんだよ!

「あなたは大丈夫?」など伺う際にカジュアルに使える表現です。
ちなみに、ジョナの最後の一文You’re not okay with this, are you? は
「Tag Question(付加疑問文)」ですね!(bオリジナルテキストPhoto Journal3に登場します♪)

◆One point English Part2 from”The Last Song”◆

父親とロニーの会話より・・・

Steve Miller: Sometimes you have to beapart from the people you love,
but that doesn’t make you love them any less.
Sometimes it makes you love them more.
スティーブ: ときに人は自分が愛している人々と離れなくてはならないときがある、
だけどだからと言って離れてしまったら愛がなくなるということではないんだよ。
むしろもっと強いものにすることだってある。

☆apart from~ 「~から離れて」「~を除いて」「~のほかに」
(例) I live apart from my parents.
= 私は両親と離れて暮らしてる。

☆it makes you~ 「~させる」「~にする」
(例)The X’mas gift makes you feel happy!
=クリスマスプレゼントはあなたを幸せにする

◆One point English Part3 from”The Last Song”◆

父親に対する態度に後悔するロニー、そんな彼女へ母親のキムのセリフより・・・

Kim:We’re not perfect. Any of us.
We make mistakes, we screw up but then we forgive and move forward.
キム:私たちは誰も完璧じゃないの。誰ひとりとして。
私たちは間違えるし、失敗することもあるけど、だからこそ私たちは許して、前に進む事が出来る。

☆screw up 「へまをする」「失敗する」「しくじる」
(例)I am so sorry. I really screwed up your schedule because I was late.
= 本当にごめんなさい。私が遅れたからあなたの予定をめちゃくちゃにしてしまった。

“スクリュー”でねじるや、ひねるという意味もありますが、物事をめちゃくちゃにしてしまうという意味でも使えます。

いかがでしたか?
2019年も元気に英会話たのしんでいきましょう\(^o^)/

それでは!See you soon♪

=KONP=




ラブコメ映画で学ぶ英会話の一覧