恋と仕事に効く英語:初心者向けの英会話

恋と仕事に効く英語

b-から定期的に配信する耳寄りニュースです。ご購読は無料です。





「わくわく」「ふわふわ」「おうちでゴロゴロ」・・・・英語で何ていうの?

わくわくを英語で伝える

こんにちは!
コンシェルジュ・デスクのDoです★☆
http://www.b-cafe.net/

街はすっかりクリスマス!
クリスマスソングにわくわくしたり、寒くてお家で一日ゴロゴロしてしまったり・・・。

ところで皆さま、この「わくわく」「ごろごろ」のような表現をオノマトペと言うそうです。日本語には数多くのオノマトペがありますね。

ふと、このオノマトペ、英語にもあるのかな?
と思いまして、bで働く様々な出身地のレッスンパートナー(外国人講師)にきいてみました!

日本語にはオノマトペが多い!

わんわんを英語で

オノマトペとは日本語では擬声語や擬音表現と言われています。
実は、日本語には非常にオノマトペが数多くあります。

英語では動物の鳴き声や効果音などに使われることがありますね。

日本語:わんわん
英語: bow wow(バウワウ)

日本語:にゃー(猫)
英語:  mew(ミュー)

次に、日本語でよく使われるオノマトペを英語で表現してみるとどうなるでしょう?

感情/性格をあらわす表現

日本の擬声語を英語にする

このあたりはとても代表的な表現です。
特に一番はじめの”have butterflies”は直訳すると??ですが、
ネイティブスピーカーはよく使いますよ。

□どきどき(have butterflies)

お腹の中で蝶々がひらひらと飛び回って、何とも言えない感じが想像できますね☆

He invited me on a date. I have butterflies in my stomach.
「彼にデートに誘われて、どきどきだわ!」

I have to give a presentation. I’m so nervous I have butterflies in my stomach.
「プレゼンテーションをやらなきゃいけないの。すごくどきどきだわ。」

□わくわく(be excited)

何かを楽しみにして興奮したり、気持ちが高ぶっている様子を表します☆

I am going to New York tomorrow! I’m so excited!
「明日からニューヨークにいくの!すっごくわくわくしているわ!」

□いらいら(be irritated)

イライラする対象につく前置詞はそれぞれ “by” と “with”がつきます☆

He’s really irritated with me.
「 彼は、私にとてもイライラしている。」

□しょんぼり(downheartedly/dissapointedly)

Downheartedlyは文学的に使う表現で、会話でつかうことはないそうです!
He walked away downheartedly.
「彼はしょんぼりと立ち去った」

会話ではYou look down.「しょんぼりしているね」のように相手に対して言うそうです☆

□ちゃらちゃら(player/flashy)

服装が派手という意味のチャラチャラは “flashy” を使います☆

I broke up with him because he was such a player.
「彼と別れたのは彼があまりにチャラチャラしていたからだ。」

なよなよを英語で

□なよなよ(wimpy/chicken)

「意気地なし」「弱虫」という形容詞です☆

My dog is a useless guard dog. He is so wimpy!
「私の犬はなよなよしていて番犬にならない」

痛みをあらわす表現

次に痛みを伴うオノマトペです。
お腹が「きりきり」する、や、「ひりひり」するといった表現を英語でまとめてみました。

□きりきり(sharp)

鋭い痛みや、刺し込むような痛みに使います☆

I have a sharp pain in my stomach.
「胃がキリキリします」

□ひりひり(stinging/burning)

叩かれたり、火傷をした痛みに使います☆

My new face cream is stinging. I think I’m allergic to something in it.
「新しい乳液がひりひりする!何かアレルギーがあるみたい」

□ずきずき(throbbing)

Throbbingは“鼓動”という意味があり、心臓がドクドク脈打つ度に痛む感じがイメージできますね☆

I have a throbbing headache.
「頭がずきずきする」

動作をあらわす表現

次に動作を表す表現です。
「がぶがぶ」飲む、や、「ごろごろ」するなどの表現ですね。
こうしてみてみると、日本語って擬声語が多いですね!!

□がぶがぶ(chug down/gulp down)

Drinkも同じ「飲む」ですが、こちらは「大量に一気に飲む」という意味です!
downなどが一緒について、「流し込む」という感じの表現になります☆

I was so thirsty that I gulped down my beer.
「とてものどが渇いていたので、ビールをがぶがぶ飲んだ」

□ごろごろ(laze around)

怠けてぼんやりと過ごす様子です☆

I didn’t do anything on my day off. I just lazed around all day.
「休日は何もしないで、一日中ごろごろしていた」

□ぶらぶら(hang around/walk around)

特に何も特別なことをせずぶらついている様子を表します☆

My husband hung around the book store while I shopped.
「私が買い物をしてる間、夫は本屋さんでぶらぶらしていた」

食感をあらわすオノマトペ

次は食感を表すオノマトペです。
グルメ番組に出てくる鉄板表現を英語にしてみました。

□ふわふわ(fluffy)

動物のふわふわした毛などにもつかえます☆

This pancake is so fluffy!
「このパンケーキはとてもふわふわです」

□もちもち(soft and chewy)

もちもちはとても日本語らしい表現で、英語で表現するのは難しいようです☆

These chocolate chip cookies are soft and chewy.
「このチョコチップクッキーはもちもちしている」

□さくさく(crispy)

「カリッと揚げた」「パリッとした」様子をあらわします☆

This bacon is really crispy.
「このベーコンはさくさくだ」

□ねばねば(sticky)

納豆の糸引きの感じです☆

Okra has a sticky texture.
「オクラはねばねばしている」

いかがでしたか?
オノマトペを使って、様子や状態をより具体的に伝えられますね☆

英語で表現するのは難しいオノマトペもたくさんあり、レッスンパートナーが「日本語は面白い」と話していました!

皆さまがよく使うオノマトペをレッスンパートナーに教えてあげるのも楽しいかもしれませんね(*’ω’*)♪

Do

↓↓今回のエントリが参考になったなと思ったら是非、コメントか「いいね!」をお願いしますね!↓↓

★関連エントリ ★

【今年の抱負・今年のうちに・・・:年末限定のレッスン!】
970x250

https://www.b-cafe.net/fuyuwari
冬割コース:年末シーズン限定のプランです。

コース内容及び料金イメージはこちらからダウンロードが可能です
英会話超初心者脱出資料請求




恋と仕事に効く英語:初心者向けの英会話の一覧